マザーズバッグは本当に必要?中身は何?

妊娠中期を過ぎると、赤ちゃん用品や出産準備品を揃え始める方が多いのではないでしょうか?

私が初めてベビー服を買いに行ったとき、あまりの服のサイズの小ささに驚いたと同時に、お腹にいるわが子をとても愛おしく感じたことを覚えています。

まだ赤ちゃんの性別もわからないけど、生まれてくるわが子のことをアレコレ想像しながら赤ちゃんグッズを選ぶのは楽しいものですよね?

きっと、赤ちゃんとの生活に、夢を膨らませていることでしょう。

赤ちゃんとのお出かけを便利にしてくれるグッズの一つに「マザーズバッグ」があります。

マザーズバッグとは、赤ちゃんの荷物を入れるカバンのことを言います。

しかし、赤ちゃんの荷物を入れるだけなら、ふつうのカバンでも良さそうな気もしますよね?

マザーズバッグには、いったい何を入れるのでしょうか?

今回は「マザーズバッグの必要性とマザーズバッグの中身」や「マザーズバッグの上手な選び方」についてご紹介して行きます。

スポンサーリンク

マザーズバッグは本当に必要?

マザーズバッグとは、お出かけの際にママと赤ちゃんの荷物を入れるカバンのことを言います。

しかし、これまで使っていたカバンや小さめのボストンバッグでは代用できないのでしょうか?

もちろん、どんなカバンでもOKです!

私も、大きめのトートバッグをマザーズバッグとして使っていた時期があります。

しかし、使いにくくてマザーズバッグを買い直しました。

マザーズバッグは、ふつうのバッグとは大きく違ってとても使いやすいのです!

なぜなら「赤ちゃんの荷物を入れるために作られている」からです。

ママが使いやすい工夫が、あちこちに施されているのです。

例えば、見た目はコンパクトでも収納力抜群であったり、軽量だったり、防水だったり、片手で荷物の出し入れが出来たり…

さらに、哺乳瓶やペットボトル用のボトル立てがあったり、ポケットがたくさんついているなど、機能性にも優れています。

一度マザーズバッグを使ってしまうと、その使いやすさに、ふつうのバッグには戻れなくなるほどです。

マザーズバッグは必ずしも必要ではないですが、あれば役に立つものだと思います。

マザーズバッグはいつまでに必要?

マザーズバッグは、赤ちゃんとお出かけの際に使うものです。

産後、赤ちゃんとの初めての外出は、おそらく「1ヶ月検診」の時でしょう。

そして、赤ちゃんとの外出が増えるのは、赤ちゃんの首が座る生後3カ月以降のようです。

産後すぐにマザーズバッグを使いたい場合は、産後1ヶ月までに、マザーズバッグを用意しておく必要がありますので、妊娠中の比較的動きやすい時期に買っておきましょう。

早めに購入された方の中には、マザーズバッグを、里帰り用や、出産入院用に使う方もいらっしゃるようです。

もちろん、マザーズバッグは、産後に買っても十分間に合いますし、無理に買うことはありません。

赤ちゃんとの外出が増え、マザーズバッグの必要性を感じてから、用意すればいいのです。

マザーズバッグの中身は?月齢別で必要なもの!

マザーズバッグには、何を入れるのか、中身が気になりますよね?

赤ちゃんとのお出かけに必要なものは、赤ちゃんの月齢によって異なります。

赤ちゃんの月齢別に、お出かけに必要なものをご紹介します。

<新生児、1ヶ月、2カ月>

◎ミルク用品(粉ミルク、お湯、哺乳瓶)

⇒粉ミルクは1回分ずつ個包装になっているものやキューブタイプがお勧めです。外出する時間によって、用意するミルクの量は異なります。

◎おむつ&おしりふき、使用済おむつを入れるビニール袋

⇒ビニール袋は中身が見えにくい色のもの、消臭機能があるものなどがお勧めです。

◎赤ちゃんの着替え(上下1セット以上)

⇒赤ちゃんのうんちはゆるいので、おむつから漏れてしまうことが多々あります。肌着も忘れずに。

◎スタイ

⇒よだれが多い子は必須です。

◎ガーゼ、タオル

⇒吐き戻しや汗を拭きます。

◎おくるみ、バスタオル

⇒赤ちゃんが寝てしまったときや寒いときにかけてあげましょう。

◎抱っこ紐

⇒コンパクトなスリングもお勧めです。

◎母子手帳

⇒近所の買い物でしたら必要ありませんが、遠出や旅行の際には持参しましょう。

<生後3ヶ月、4ヶ月、5ヶ月>

◎ミルク用品

◎おむつ&おしりふき

◎赤ちゃんの着替え

◎スタイ

◎ガーゼ、タオル

◎バスタオル

◎抱っこ紐

◎おもちゃ

⇒生後3ヶ月を過ぎるとおもちゃに反応するようになります。ガラガラなど赤ちゃんのお気に入りのおもちゃがあるとぐずり対策になります。

<生後6ヶ月以降>

◎ミルク用品

◎おむつ&おしりふき

◎赤ちゃんの着替え

◎スタイ

◎ガーゼ、タオル

◎バスタオル ⇒ 赤ちゃん用の上着に移行してもいいでしょう

◎抱っこ紐

◎おもちゃ

◎離乳食

⇒離乳食の進み具合によって、持参する量は異なります。レトルトの離乳食だけでなく、小さいおにぎりや果物なども持参すると便利です。

◎おやつ

⇒離乳食が食べさせられないときは、簡単なおやつがあると便利です。お菓子ではなく、栄養補給できるようなものがお薦めです。おにぎり、パン、バナナなど。ファスナー付のビニールならお菓子の食べ残しを取っておくこともできます。

◎水筒

⇒ミルクや母乳以外から水分を取るようになりますので、赤ちゃん用の水筒やマグマグなどを用意しましょう。

<生後1歳以降>

◎おむつ&おしりふき

◎赤ちゃんの着替え、上着

◎スタイ

◎ガーゼ、タオル

◎抱っこ紐

◎おもちゃ

◎離乳食 ⇒ 離乳が完了していれば必要ありません。

◎おやつ

◎飲み物

<その他、あると便利なもの>

◎おむつ替えシート ⇒ バスタオルでも代用可能です。

◎除菌用アルコール ⇒ 手が洗えない時に役に立ちます。

◎扇子 ⇒ 赤ちゃんを抱っこすると暑くなるので特に夏は必需品です。

◎エコバッグ ⇒ 外出先で荷物が増えた時に、予備のバッグがあると安心です。折りたためるエコバッグがお薦めです。

◎カメラ ⇒ スマホでも十分ですが、デジカメ派の方は携帯しておきましょう。

スポンサーリンク

マザーズバッグの中身は?完母の場合は?

マザーズバッグの中身は、母乳育児かミルク育児かによっても異なります。

母乳育児を行っている場合は、ミルクの準備が要らない分、荷物が軽くなります。

その代わり、外で授乳することを考えて、授乳の目隠しになるものが必要です。

大きめのスカーフ、バスタオル、授乳ケープなど。

また、母乳がたくさん出る方の場合は、交換用の母乳パットや、母乳で衣類が汚れたときのために、ママの着替えも用意しておいた方がいいでしょう。

マザーズバッグの上手な選び方!必要な機能は?

赤ちゃんとのお出かけには、とても多くの荷物が必要になることは、ご紹介した通りです。

そのため、マザーズバッグに必要な機能は、まずは大きさです。

冬のかさばる衣類やおもちゃなども、しっかり入る収納力のあるものがお勧めです。

マチの幅によっても収納力は異なりますので、マチが広いものを選びましょう。

次は、ポケットや仕切りがたくさんあるかどうかです。

マザーズバッグにはたくさんの荷物を入れるのですから、どうしてもカバンの中がごちゃごちゃになってしまいます。

そして赤ちゃんを抱っこしながら、片手で物を探すのは、思いほか大変です。

そのため、いろいろな大きさのポケットや仕切りが付いているマザーズバッグなら、整理整頓できて使いやすいと思います。

鍵が迷子にならないようキーホルダーが付いていたり、哺乳瓶やペットボトルを立てられるボトルケースが備わっているカバンがいいでしょう。

次に大切なのは、軽いかどうかです。

マザーズバッグには、たくさんの荷物を入れるのですから、当然重たくなります。

さらに、赤ちゃんを抱っこしながら持つわけですから、カバン自体が重たいものでは困ります。

できるだけ軽いナイロンやポリエステルの素材で作られているものがいいと思います。

そして軽いだけでなく、すぐに破れたりしないよう強度があることも大切です。

重たい荷物にも耐えられるくらい、生地や縫製がしっかりしたものや、雨や水に濡れてもOKな防水加工してあるものを選んで下さい。

また、肩紐が細いと、肩に食い込んで痛くなる可能性があります。

肩紐は、ある程度幅があるか、柔らかい素材かどうかも確認してください。

マザーズバッグの開閉は、ファスナーが使いやすいと思います。

片手でもファスナーの開閉ができるように、ある程度張りのある生地の方がいいと思いますし、ファスナーの滑り具合やファスナーの縫製も要チェックです。

マザーズバッグに必要な機能がわかったら、次はデザインです。

マザーズバッグは、トートバッグ、リュックサック、ショルダーなど様々なデザインのものがあります。

どんなデザインを選ぶかは、個人の好みや使いやすさが第一だと思いますが、赤ちゃんの年齢や移動手段も考慮してみましょう。

例えば、ねんねの赤ちゃんの時期で、抱っこ紐やスリングを使うのであれば、肩にかけられるマザーズバッグが使いやすいと思いますし、1歳を過ぎてお子さんが動き出すようになると、両手が空くリュックやショルダータイプの方が動きやすくて使いやすいでしょう。

ショルダーやウエストポーチ型なら、赤ちゃんを抱っこしたときにカバンを支えとして使うこともできますし、赤ちゃんのイス代わりになるウエストポーチもあります。

ベビーカーを使うなら、ベビーカーに引っ掛けられるように持ち手が長すぎるものは避けたほうがいいと思います。

車での移動が多いか、バスや電車での移動が多いかによって、使いやすいデザインは異なります。

私が出産した当時は、そこまでおしゃれなマザーズバッグはなかったように思いますが、現在ではおしゃれなデザインのものがたくさん販売されていますし、機能もどんどん改良されています。

使いやすいもの、好みのものが見つかれば、赤ちゃんとのお出かけも一層楽しくなりますよ!

マザーズバッグにはポーチが必要?

マザーズバッグには、たくさんの荷物が整理できるように、大きなものから小さなものまでポケットがたくさん付いているものが多くなっています。

それでも、ポケットの数が足りなかったり、どうしてもぐちゃぐちゃになってしまう方は、ポーチを使うのがお薦めです。

大小様々なポーチを用意しておき、用途によって使い分けて下さい。

その際、ポーチの素材を分けておくと、手触りで目的のポーチを探すことが出来ますよ。

つるつる素材、ビニール素材、もこもこ素材、布、刺繍、など・・・。

財布や携帯などの貴重品は、バッグインバッグや小さめのショルダーバッグに入れておくと、大荷物が必要ないときに役立ちます。

まとめ

私も出産前にマザーズバッグを用意しましたが、ぜんぜん大きさが足りず、買い直しました…。

特に、冬は赤ちゃんの衣類がかさばりますので、大きい方が便利です。

二番目が生まれた後は、二人分の荷物を持たねばならず、大きくて丈夫なカバンは必須でした。

さらに、汚れたときのために、洗えるものだと便利ですよ。

私は現在4歳の子がおりますが、今でもマザーズバッグを使っています。

もちろん、おむつは外れましたが、外出先や車の中で「トイレー」となったときのために、おむつは必ず持ち歩いています。

そして、汗や食事ですぐに汚すので、着替えも必ず持っています。

さらに、忘れてはならないのがおやつと水筒・・・。

このように、あれもこれもとカバンに詰め込んでいるので、なかなか身軽な格好はできません。

マザーズバッグは、私のように4年以上使う可能性もありますので、用意して無駄になることはないと思います!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加