妊娠中のむくみの原因とむくみ解消法は?

妊娠してから、「むくみ」に悩まされていませんか?

手や足、顔がむくんでいると、気分も晴れませんよね?

ただでさえ、女性はむくみやすいのですが、妊娠中は一層むくみやすい体となっているので注意が必要です。

私も妊娠中は、むくみのせいで足が太くなったり、誰にも会いたくないほど顔がむくんだことがあります。

今回は、妊娠中のむくみの原因と対処法について、調べてみました。

スポンサーリンク

妊娠中はむくみやすい?

妊娠してから、「むくみが気になるようになった」ということはありませんか?

例えば

・夜にあると足がむくんで、膝が曲げられない

・足がむくんで、立っているのが疲れる

・足のむくみで足が痛い

・足首が消えてしまう

・朝から足がむくんでボコボコしている

・足がむくんで靴が履けない

・手がむくんで指を曲げられない、指輪がきつい

・顔がむくんでいる

このように、妊娠してからというものの、自分でも驚くほどのむくみを感じることがあるかもしれません。

むくみとは、「体内に過剰な水分が溜まってしまうこと」を言いますが、妊婦さんのうちの30%の方が、むくみに悩まされていると言われています。

妊娠中のむくみの原因は?

妊娠するとむくみやすくなるのは、なぜでしょうか?

その原因はいくつか考えられます。

<血液量の増加>

妊娠すると、体内の血液量が増加します。

妊娠34週目には、妊娠前と比べて、血液が50%も増加します。

血液の90%は水分なので、「血液が増える=体内の水分量」が増える、と言うことになります。

血液中の水分が増えることによって、血液がサラサラになり、お腹の赤ちゃんまで栄養が届きやすくなるというメリットがあります。

<身体機能の低下>

妊娠中は、身体機能が低下しています。

そのため、体内の水分を排出する機能も低下しています。

<大きくなるお腹>

妊娠後期に入り、お腹が大きくなてくるに従って、足へ負担がかかってきます。

すると、足の血管やリンパが圧迫され、足から心臓へ向かう血流が悪くなり、足のむくみを引き起こしてしまいます。

<運動不足>

妊娠中は、体調が優れなかったり、体が重たくなることから、運動不足になりがちです。

運動不足によって、血液の循環が悪くなり、むくみの原因となります。

また、長時間同じ姿勢でいることも、よくありません。

立ちっぱなし、座りっぱなしでいると、血液が下の方(足元)へさがってしまい、足元の血液が心臓へ戻りにくくなり、むくみとなります。

<冷え>

運動せずに、エアコンの効いた部屋にいると、体が冷えてしまいます。

体の冷えは、血液の循環を悪くしますので、冷えの原因となります。

<自律神経の乱れ>

妊娠中は、自律神経が乱れやすく、血管が収縮しやすい状態です。

血管が収縮すると、体が冷えやすくなり、むくみに繋がります。

<衣類による体の締め付け>

妊娠中は体重が増えやすく、自分でも気づかないうちに体形が変化していきますが、今までと同じ下着や衣類を着ていると、体が締め付けられている可能性があります。

また、腹帯やお腹をサポートするガードルなど、きついインナーを付けていませんか?

体を締め付けていると、血行が悪くなり、体を冷やしたり、むくみの原因となります。

<ストレス>

ストレスがたまると、血行が悪くなって、むくみの原因となります。

ストレスや疲れ、寝不足は、顔のむくみとして現れやすいそうです。

<塩分の取りすぎ>

塩分の多い食事をすると、体内に水分が溜まってしまうため、むくみやすくなります。

さらに、味の濃い食事をすると、喉が渇いて水分を取りすぎてしまい、悪循環です。

過剰な水分摂取もむくみの原因となってしまいます。

スポンサーリンク

妊娠中のむくみ解消法は?

妊娠中はむくみやすいとは言え、むくみを放置しておくと、痛みやだるさを伴うようになる可能性があります。

むくみがひどくなる前に、むくみを解消しておきましょう。

妊婦さんが心掛けたいむくみ解消法はこちらです。

<足元を温める>

体の冷えを解消するために、足元を温めるようにしましょう。

靴下やレッグウォーマーを着用したり、足湯をするものお勧めです。

<足を高くして寝る>

寝るときや横になる時に、足元にクッションやまくらを置き、足を高くしてみましょう。

足から心臓へ血液が流れやすくなります。

<マッサージ>

足のむくみを和らげるには、ふくらはぎや足の付け根のリンパ節をマッサージしましょう。

お風呂上りにリラックスしながら行うと効果的です。

マッサージするのが面倒なときは、仰向けになって、足を天井へ向かって上げ、パタパタと揺らすだけでもマッサージ効果が得られるでしょう。

<適度な運動>

妊娠中でもできる簡単な運動を行いましょう。

一番手軽なのは、歩くことです。

散歩や買い物など、体の負担にならない程度に歩いてみて下さい。

ストレッチやマタニティヨガもお勧めです。

<塩分を控える>

塩分を取り過ぎると、むくみやすくなるので、妊娠中はできるだけ薄味にしましょう。

<利尿作用のある食品を摂取する>

利尿作用のあるキュウリやスイカ、水分の排出を助けるバナナなどを、積極的に食べるようにしましょう。

利尿作用のある飲み物も効果的です。

ミネラル麦茶や体を温めるたんぽぽ茶、むくみと同時に便秘解消にもつながるルイボスティなど、お勧めです。

<体を締め付けない衣類>

まだ体の変化がない時期であっても、衣類による体の締め付けはよくありません。

ゆったりした衣類や、マタニティ専用の衣類を着用しましょう。

<むくみ解消の専用くつした>

むくみを解消する専用の靴下がお勧めです。

履くだけですので、お手軽です。

むくみ解消と同時に、冷え対策も出来ます。

妊娠中のむくみは危険なケースもある?

妊娠中は、誰でもむくみやすいとは言え、危険なむくみもあるのです。

例えば

・朝から足がむくんでいる

・おしっこの回数が減っている

・体重が、1週間に450g以上増えている

このような場合に加え、高血圧、蛋白尿が見られた場合は「妊娠高血圧症候群」の可能性があります。

そのほか、むくみの原因が、腎機能や肝機能の低下によることもあるのです。

気になるむくみは、病院で検査する必要がありますので、妊婦健診を待たずに、病院へ行くようにしましょう。

まとめ

妊娠中のむくみは、私も経験しました。

特に、お腹が大きくなる妊娠後期は、足への負担がかかるせいで、足がむくみましたよ。

そのため、毎晩お風呂の後に、ストレッチと足マッサージを習慣にしました。

ストレッチやマッサージが面倒なときは、足のむくみ取り専用の靴下を履いて寝ました。

足のむくみが取れると、本当に足が軽くなって、気持ちも軽くなります!

足のむくみを解消するために、「歩く」ことはお勧めですが、むくみがひどい場合や、むくみの原因が「疲れ」である場合は、逆効果になるそうです。

私の友人でも、足のむくみがひどくて病院へ行ったら「歩かないで!なるべく安静に!」と指導された方がいました。

そんな場合は、なるべく体を横にしているといいようです。

むくみ解消法は人によって異なりますので、あなたに合ったむくみ解消法を試してみて下さいね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加