妊娠中は爪が薄くなって割れやすい?爪がボロボロになるのを防ぐには?

妊娠してから、爪がボロボロになったと感じませんか?

すぐに爪が割れてしまったり、爪の表面がデコボコしたりと、爪の形も悪くなっていませんか?

現代では、マニキュアやネイルアートをする女性が多いので、爪に対する「美意識」が高くなっています。

そのため、「爪がボロボロ」というのは、気分が下がる原因なるのではないでしょうか。

私も、妊娠中は二枚爪が悪化したように感じました。

つわりなどで「爪どころではない!」状態だったので、「爪の手入れを怠っているからだろう」と思っていましたが、妊婦さんの爪が割れやすくなるのは、そのほかに原因があるのです!

今回は「妊婦さんの爪がボロボロになる理由」と「爪を丈夫に保つための方法」についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

妊娠中の爪がボロボロになるのはなぜ?

妊娠してから、爪の表面が凸凹してきたり、割れたり、二枚爪になったりと、爪がボロボロになったと感じませんか?

実は、妊娠中は爪の状態が悪くなりすいのです!

つわりで体調がすぐれなかったり、大きくなるお腹のせいで爪の手入れがしにくくなることもその要因の一つではありますが、爪がボロボロになるのはあなたのお手入れ不足だけではありません!

妊娠中、爪の状態が悪くなる原因は、いくつかありますのでご紹介します。

<栄養不足・貧血>

妊娠すると、食事で摂取した栄養は、胎児へ優先的に送られます。

そのため、妊婦さんはどうしても栄養不足になりやすいのです。

母体へまわされる少ない栄養は、まず先に、生命を維持するために必要な部分(臓器や脳など)へ送られることになります。

そのため、生命維持に直接関係のない「爪」への栄養補給は、後回しにされてしまうのです。

また、貧血の妊婦さんの場合、指先まで血液が行き届かなくなり、爪が栄養不足になります。

このように、爪への栄養が不足することが、爪がボロボロになる原因の一つです。

貧血の妊婦さんだけでなく、つわりで十分な食事がとれない妊婦さんも同様に、注意が必要です。

<乾燥>

爪は皮膚の一部です。

そのため、乾燥して肌が荒れるのと同様に、乾燥すると爪もボロボロになってしまいます。

乾燥肌の方はもちろんのこと、食器洗いや家事によって手が乾燥しているときは爪も乾燥しているということになります。

私は出産後、おむつ替えや子供のお世話で手を洗う回数が増えたため、手荒れが悪化したと同時に本当に爪が弱くなってしまいました。

なるべく、手肌に負担のかからない石鹸や自然派の食器用洗剤を使用していましたが、それでもガサガサ&ボロボロでした・・・。

特に冬の季節は、爪がもろくなりやすいので注意が必要です。

このように、爪が乾燥するによって爪は弱くなりやすいうえ、妊娠中は栄養不足や貧血が加わりますので、妊婦さんは「爪が弱くなった」と感じるのです。

(「妊娠中の貧血はいつから?貧血の原因は?」「妊娠中の貧血にお勧めの食べ物は?」に関連記事を書いています。)

妊娠中は爪が薄くなる?爪がよく割れるのはなぜ?

妊婦さんは爪が弱くなりやすいうえ、さらに「爪が薄くなった(泣)」と感じることはありませんか?

もともと爪が固くて丈夫だった方であっても、妊娠すると爪が薄くなってしまうことがあります。

爪が薄くなると、それだけ爪が割れたり欠けたりしやすくなりますよね?

私もよく爪が割れてしまい、割れた爪が衣類に引っかかって不便な思いをしました。

なぜ、妊娠中は爪が薄くなってしまうのでしょうか?

妊娠中に爪が薄くなるのは、ホルモンの影響にあります。

妊娠すると増える女性ホルモンは、身体へ様々な変化を与えます。

例えば、妊娠中に肌質が変わったり、汗をかきやすくなったり、腰痛や頭痛を引き起こしたり、イライラや鬱症状を引き起こしたり・・・妊娠中のマイナートラブルのほとんどは、女性ホルモンのアンバランスによるものです。

そして、女性ホルモンの影響の一つに「爪の変化」があるのです。

なんと妊娠中は、爪の伸びるスピードが速くなるのです!

爪が早く伸びてしまうため、爪に厚みが出にくくなり、強度が弱くなって、割れやすくなります。

特に、爪を長く伸ばしていると、爪が割れやすくなりますので注意が必要です。

スポンサーリンク

妊娠中の爪が割れるのを防ぐには?

妊娠中の「薄くて弱い爪」が割れるのを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?

爪がボロボロになる原因は「栄養不足と乾燥」でしたので、爪を丈夫に保つには「栄養補給」と「乾燥対策」をメインにしたケアを行って行きましょう。

<栄養補給>

爪は肌の一部であり、爪はタンパク質で作られています。

そのため、爪を丈夫にするには、タンパク質を中心に、美肌作りと同じような食品を摂取するようにしましょう。

タンパク質は、肉、魚、卵、豆類、乳製品などに多く含まれています。

そして美肌に欠かせないものがコラーゲンです。

コラーゲンは、肌の水分量を保ち、肌をプルンプルンにすると言われていますが、肌と同様に爪にも水分を与える役割があります。

コラーゲンが多く含まれている食品は、牛スジ、鶏手羽、鶏軟骨、鶏モモ肉、鶏レバー、鮭、などがあります。

そして、美肌の栄養素と言えばビタミン類ですよね?

特に、ビタミンCはコラーゲンと一緒に取ると相乗効果が得られますので、ビタミンCが豊富な野菜(ブロッコリー、じゃがいもなど)や果物(いちご、キウイ、みかんなど)を食べるようにしましょう。

また、肌の新陳代謝を促す栄養素の一つに「亜鉛」があります。

亜鉛が不足していると、乾燥肌の原因になります。

亜鉛が含まれる食品は、カキ、卵黄、チーズ、牛肉、大豆製品、アーモンド、ゴマ、そばなどがあります。

これらの食品を積極的に摂取してみましょう。

<保湿>

爪の乾燥を防ぐことで、爪がもろくなるのを予防することができます。

手肌と同じように、爪も保湿してあげましょう。

手を洗った後、手や爪が濡れたままでいると、ますます乾燥がひどくなりますので、爪や指先までしっかり水分をふき取って下さい。

そして、手を拭いた後は、こまめにハンドクリームを爪にも塗りましょう。

また、水仕事による爪の乾燥を防ぐには、ゴム手袋やビニール手袋が役に立ちます。

最近ではかわいいデザインのゴム手袋も出ていますので、試してみはいかがでしょうか?

ハンドクリームはつい塗り忘れてしまうことがありますので、洗面所やキッチンなどいくつか用意しておき、目のつくところに置いておくといいと思います。

そして、夜寝るときはハンドクリームを塗った後、手袋をして寝るとスペシャルケアができます。

爪の乾燥を防ぐアイテムには、ハンドクリームのほかに、爪専用の保湿用オイルもあります。

爪に塗る際は、爪の先や表面だけでなく、爪の根本にもしっかり塗り込むようにしましょう。

爪回りの皮膚を保湿すれば、ささくれ予防にもなりますね。

そして、爪先まで栄養が行き届くよう、指先のマッサージを行うと効果的です。

爪は、外部から刺激を受けると伸びるスピードが速くなりますので、マッサージを行って爪の成長を促し、ボロボロな爪からキレイな爪へと生まれ変わらせましょう。

<マニキュアは塗らない>

マニキュア自体、爪への負担がかかるのですが、最もよくないのは、マニキュアを落とすときの除光液です。

除光液は、爪の油分や水分までも取り除いてしまうので、爪が弱くなる原因となります。

また、ネイルアートやジェルネイルなどは、下処理として爪の表面を削ることもあり、ますます爪が薄くなってしまいます。

丈夫な爪を維持するには、できるだけマニキュアやネイルアートは控えた方がいいですね。

<爪切りを使用しない>

爪を長く伸ばしていると、爪が割れたり折れる原因となりますので、できるだけ爪は短く切っておきましょう。

特に、出産を間近に控えている妊婦さんは、長い爪で赤ちゃんを抱っこすることのないよう、爪の長さは短い方が安心です。

しかし、爪をカットするときに「爪切り」を使うと、爪が割れたり二枚爪になる原因となります。

爪切りは、思いのほか爪に負担がかかるのです。

そのため、爪を短くするときは「ヤスリ」を使用してみましょう。

ヤスリをかけるときは、爪に対して垂直にヤスリを当て、一方向のみかけます。

決して、爪に対してヤスリを「往復にかけない」でくださいね。

ヤスリを使うには、慣れるまでにコツが必要ですが、ヤスリの方が爪への負担が少なくて済みます。

私もヤスリを使用していた時期がありますが、粉が飛び散るのと、時間がかかるのと、ヤスリをかけるときの音が苦手で、爪切りに戻ってしまいましたが・・・。

まとめ

私も三度の妊娠中、三回とも爪が弱くなりました。

妊娠すると、使い慣れた化粧品が肌に合わなくなったり、毛深くなったり、肌が黒ずんだりと、体に変化が起きますが、爪まで変わってしまうとは!

女性ホルモンの影響ってすごいですね。

そして、爪が弱るのは、ホルモンの影響や栄養不足などもあるのですが、「加齢」もあるのだそうです。

私の場合、3度目の妊娠中の爪が一番ボロボロになったのは、上の子のお世話のせいだと思っていましたが、実はコレが原因だったのかもしれません・・・納得です。

爪が弱るのは妊娠中の間だけですので、出産し、女性ホルモンのバランスが整ってくれば、健康的な爪へと戻っていきます。

私は、ネイルアートで爪を酷使していた若いときより、マニキュアなどの回数が減った今の方が、健康的な爪をしていると思います。

栄養不足と乾燥に気を付けて、マニキュアいらずの美しい爪をキープしたいものですね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加