妊活中の男性の食事はどんな食べ物やドリンクがお勧め?

妊活中のみなさんは、食生活に気を使っていますか?

「妊娠と食事」なんて関係がないように見えるかもしれませんが、私たちの体は口にしたものから作られていると考えれば、子宮や卵子、精子のコンディションも食事に左右されると考えられますよね。

妊活中の女性は食事に気を使っている方が多いようですが、その一方で、男性というのは食生活に無関心な人が多いですよね?

もしも、妊活を行っているのに授からない、特に女性が努力してもなかなか妊娠に至らない場合、男性側の食生活を見直してみるといいかもしれません。

今回は、「妊活中の男性にお勧めな食べ物やドリンク」についてご紹介して行きます。

スポンサーリンク

不妊治療に食事指導なんてあるの?

食事というのは、私たちが生きていく上で欠かせないものであり、健康に直接関わる大切なものです。

普段からバランスよく食事を取るよう心掛けている人も多いはずですが、妊活中であれば尚更、食生活に気を付けることが大切です。

しかし、「妊活中の食事ってどんなものを食べればよいのかわからない!」という人は多いのではありませんか?

そんな人を対象に、病院では「食事指導」なるものを受けることができるのだそうです!

食事指導があるかどうかは病院によって異なりますし、希望者のみの場合や医師から指示された人のみ、また予め予約が必要だったりと、病院によってルールも様々ですが、一度確認してみるといいでしょう。

そしてこのような食事指導では、何を食べれば良いかといった食べ物の知識だけでなく、体内に効率に吸収させるためにはどのような組み合わせで食べるといいかといったことも学ぶことができるようです。

もしもあなたが通っている病院などで不妊を対象にした食事指導が行われているのであれば、是非参加してみましょう。

最近では、料理好きな男性も多いですから、たまには妻に料理を作ってあげてみてもいいですね。

スポンサーリンク

妊活中の男性にお勧めしたい栄養素や食べ物は?

妊活のための食事療法は、女性と同じく男性にも大切です。

ここでは、男性に必要な栄養素と具体的な食べ物について見て行くことにします。

亜鉛

まず、男性の妊娠力に大きく関係しているのが亜鉛です。

亜鉛は性欲を司っているテストステロンという男性ホルモンの生成を助ける役割があり、さらには精子の運動率も高める働きがあるとも言います。

亜鉛は、

・牡蠣

・豚レバー

・パルメザンチーズ

・納豆

・カシューナッツ

・アーモンド

などに多く含まれており、体内では合成されない成分ですから必ず食事から補給しなければなりません。

しかし、これらの食事を食べていても、「食品添加物」や「アルコール」を一緒に取っていてはダメですよ!

なぜなら、食品添加物とアルコールは亜鉛の吸収を妨げてしまうからです。

逆に「クエン酸」は亜鉛の吸収を助けると言われているので、亜鉛を含む食品と一緒にお酢やレモンを摂取するといいでしょう。

カキフライにレモンを絞ったり、チーズやナッツをトッピングしたサラダにお酢たっぷりのドレッシングをかけて食べてみてはいかがでしょうか?

セレン

次にセレンというミネラルも、精子の細胞の活性化を助けるために必要とされています。

セレンは、

・かつお節

・あんこうの肝

・たらこ

などに含まれています。

かつお節やたらこは日々の食卓に上がりやすいですから、意識して食べてみましょう。

アルギニン

アルギニンとは、準必須アミノ酸の一種で精子のタンパク質を構成している主成分です。

アルギニンは、

・ゼラチン

・落花生

・高野豆腐

などに多く含まれており、唐辛子やニンニクに含まれるビタミンB6と一緒に食べると体内に吸収されやすくなります。

おやつやデザートに、ゼラチンを使ったゼリーやグミ、ピーナッツなどを食べてみてはいかがでしょうか?

コレステロール

コレステロールと聞くと健康上マイナスなイメージがありますが、コレステロールは男性ホルモンを生成する材料なのです!

つまり、もしもコレストロールが不足した場合は、質の良い精子の生成が行われなくなると考えられます。

コレステロールは、

・卵黄

・スルメ

・いくら

などに多く含まれていますので、高コレステロールで医師から制限を指摘されていない限り、これらの食品は普通に摂取して問題ないでしょう。

スポンサーリンク

妊活中の男性が控えるべきドリンクは?

妊活中は食べ物はもちろんのこと、飲み物にも気を付けたいものです。

特に「アルコール」は、体内で分解処理されるときに活性酸素を発生させ、細胞を老化させる原因となります。

「細胞の老化=精子の老化」ということですから、アルコールは控えた方が無難です。

さらには、アルコールの過剰摂取はEDの原因にもなるんだとか。

男性は、仕事上お酒の付き合いもあるでしょうから全くお酒を飲まないというのは難しいかもしれませんが、飲む回数を減らしたり、飲む量を減らすよう意識しましょう。

(「妊活中の男女はお酒をやめるべき?飲み会の上手な断り方は?」に関連記事を書いています。)

次に、妊活中は「カフェイン入りの飲み物」にも気を付けて下さい。

なぜなら、カフェインは精子の受精率を低くするといった情報もあるからです。

(参照元:https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160227-OYTET50000/)

ただこれについては、まだ明らかにされていない部分も多いですから、一日にコーヒー2~3杯程度であれば問題ないと言えそうです。

しかしカフェインは、緑茶、紅茶、栄養ドリンク、コーラなどにも含まれていますので、カフェインが含まれた飲み物を飲み過ぎないよう気を付けておくといいですね。

妊活中は、ノンカフェインでミネラル豊富なルイボスティーは人気が高くてお勧めです。

妊活中の男性にお勧めのドリンクは?

妊活中の男性には、控えるべき飲み物がある一方で、ぜひ飲んで欲しい飲み物もあります。

それは、トマトジュース。

トマトジュースにはリコピンという活性酸素を除去する成分が含まれているのですが、このリコピンは精子の運動率を高めるといった研究結果がカゴメより報告されています。

しかし、リコピンの効果を得るには、トマトジュースを継続的に飲む必要がありますので、男性のみなさんはぜひトマトジュースを飲む習慣を付けてみて下さい。

毎朝の一杯が、妊活に役立つかもしれませんよ!

おわりに

「コレを食べれば妊娠できる」という食べ物や飲み物はありませんが、妊娠に向けて何かに取り組むという姿勢は大切だと思います。

そんな取り組みの一つとして、食生活を変えるというのは一番手軽に始められることではないでしょうか?

すべての食べ物は、何等かの形で私たちの体に作用します。

ですから、生殖機能に作用する食べ物を積極的に取ってみるといいですね。

妊活を機に、夫婦で食事や栄養について少しだけ学んでみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加