肥満の妊婦さんは体重を減らすべき?

妊娠中に太りすぎるのはよくありませんが、しっかり栄養を取る必要があるため、無理なダイエットはできませんよね?

妊娠中にダイエットを気にして、カロリーや栄養が不足してしまうと、胎児へ悪影響を及ぼすと言われています。

では、もともと肥満の妊婦さんの場合、妊娠してから体重を減らすべきなのでしょうか?

肥満の状態で妊娠した場合、母体だけでなく、赤ちゃんへのリスクが高くなる可能性があると言われています。

今回は「肥満の妊婦さんに起こりうる妊娠中のリスク」と「妊娠中にお勧めなダイエット法」についてご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中にダイエットしても痩せないのはなぜ?

妊娠中は、女性ホルモンの影響や自律神経の乱れによって「太りやすく痩せにくい体」になっています。

妊娠を継続するために、脂肪や水分を溜めこみやすくなるだけでなく、母体の血液量や水分量、胎児や胎盤の重さが加わるので、「体重が増えるのは当たり前」のことなのです。

事実「体重が増えないように気を付けているにも関わらず、どんどん体重が増えてしまう」という妊婦さんはたくさんいらっしゃいます。

「ご飯の量を減らし、おかずは薄味、間食なし。それでも体重が増えていく」のが、妊娠中の体なのです!

つまり、妊娠中にダイエットをして「体重を減らす」ことは難しいということです。

しかし、妊娠中に体重が増え過ぎるのは「妊娠高血症候群」や「妊娠糖尿病」「早産」などのリスクが高くなってしまうため、よくありません。

(「妊娠中の体重増加の母体へのリスクとは?」に関連記事を書いています。)

妊婦さんの中には「検診のたびに体重を指摘される」という方も多く、「妊娠中の一番の悩み=体重」となっている方も多いと思います。

太りやすい妊娠中の体重コントロールは難しいため、「体重管理で頭がいっぱい!」「体重のことがストレス!」と感じてしまいますよね?

辛いのはわかりますし、最終的に「体重が増え過ぎてしまった(泣)」ということがあるかもしれませんが、妊娠中は「出来るだけ体重が増えない努力」は必要です。

体重を減らすために、食事制限を行うことは、栄養不足やカロリー不足に繋がりますので、妊娠中のダイエットはお勧めできません!

ダイエットするのではなく、現在の体重を維持するようにしましょう。

肥満の妊婦さんは体重減少する必要がある?

妊娠中に太りすぎて、肥満になることは、できるだけ避けたいことです。

その理由は、前述したように、母体の健康のリスクを高めるだけでなく、赤ちゃんへのリスクも上がる可能性があるからです。

では、妊娠前から、もともと肥満だった妊婦さんの場合、妊娠中でも体重を減らすべきなのでしょうか?

その前に、肥満の妊婦さんから生まれる赤ちゃんのリスクを知っておく必要があります。

肥満の妊婦さんから生まれる赤ちゃんは「未熟児」になりやすいそうです。

これは「母体の体重と早産に大きな関係がある」というスウェーデンの調査結果によるものです。

この調査結果によると、「標準体重の女性」と比較した場合、早産になるリスクは、

○太り気味の妊婦さん ⇒ 25%増

○肥満の妊婦さん ⇒ 60%増

にも増えるそうです。

早産の場合、未熟児として生まれてくる可能性が高くなります。

赤ちゃんが未熟児だった場合、体が未発達なため病気にかかりやすく、病気になった場合は、障害が残ったり、命に関わることも否定できません。

一日でも長く、赤ちゃんをお腹の中で育てることは、とても大切なことなのです。

流産の原因は胎児側に原因があるのに対し、早産の原因は「母体側」に原因があることが多いと言われています。

もちろん、早産の原因は、体重だけでなく、ほかにも多くの原因があるのですが、早産のリスクを一つでも減らすために、適正な体重を維持することは大切ですね。

スポンサーリンク

妊娠中にできるダイエットメニューは?

妊娠中に過度なダイエットすることはお勧めできません。

妊婦さんができる体重管理の方法は「できるだけ体重を増やさない」「体重を維持する」ことです。

そのために「どのような生活をすればいいのか」「そんな食事をすればいいのか」を考えてみましょう。

妊娠前に、乱れた食生活をしていた場合は「食生活を整える」だけで、体重が減ることもあります。

食べる量を変えずに「味つけを変える」だけで、体重が増えなくなることもあります。

まずは、今の食生活を見直すことから始めてみて下さい!

妊婦さんが心掛けたいダイエットメニューをご紹介します。

<生活編>

○体調に問題がなければ、なるべく動くようにする(家事や散歩など)

○ストレスを減らす

○体を冷やさないようにする

○むくみに気を付ける(疲労を溜めない、マッサージをするなど)

○便秘を改善する

<食事編>

○カロリーを抑えつつ、バランスよく何でも食べる

○ドカ食いしないように、3食しっかり食べる(3食で足りないときは、3食の食事量を5回、6回に増やす)

○野菜や豆腐、こんにゃくなど、低カロリーな食材を多く利用する

○油っぽい食事を避ける(揚げ物、ケーキなど)

○塩分を減らす(スパイスやお酢などを利用する)

○薄味にする

○間食を控える(食べるならお菓子ではなく、果物、イモ、ドライフルーツなど)

○外食や買ってきたお惣菜の回数を減らす

○甘いものや果物を減らす

○ご飯に雑穀を混ぜたり、パンを食べるときはライ麦パンや全粒パンにする

○食事日記をつける(食べたものを買き出してみると、食べ過ぎなものや栄養の偏りを知ることができ、太る原因(食品)を見つけるきっかけになります)

<運動編>

○激しい運動ではなく、日常生活の中でできる散歩や雑巾がけを行う

○体調がよければ、マタニティヨガやマタニティスイミングなどがお勧め(肥満気味の妊婦さんが運動すると、腰や膝に負担がかかるので要注意)

妊娠中に体重減少に成功した妊婦さんの方法は?

妊娠中に、体重管理を行ったおかげで、「体重が増えにくくなった」という妊婦さんもいらっしゃいます。

どのようなやり方を行ったのか、ご紹介します。

○野菜をたくさん食べて、お腹を満たした

○ご飯に麦を混ぜたり、間食にバナナを食べていたら、便秘が解消されて、体重増加のペースがゆっくりになった

○主食の量を減らし、間食をやめ、和食中心にしたら、体重が減ってきた

○糖尿病食の宅配を利用したら、体重が増えにくくなった

○カロリー制限より、塩分を控えめにしたら、効果があった

○むくみが体重増加に繋がっていたので、むくみを解消するために利尿作用のあるお茶を飲むようにしたら体重が減少した

参考になりましたか?

妊婦さんの中には「私もご飯を減らして、野菜中心にしている!でも体重増加が止まらない!」という方もいらっしゃるでしょう。

「食べても太りにくい人」もいれば、「カロリー制限しても太る人」もいます。

食生活と体重の関係には個人差がありますので、あまり、ストイックになりすぎないことも必要です。

まとめ

妊娠中の体重コントロールは、本当に難しいと思います。

体重を減らすほどの運動はできませんし、食事を見直すしかありません。

カロリーをコントロールしつつ、栄養をしっかり取るのは、栄養士でもない限り、至難の業です。

おまけに、妊娠中の食欲は止まりません…。

妊娠中に体重が増えすぎることもリスクがありますが、もともと太り気味の妊婦さんの場合は、もっとリスクが上がります。

妊娠後期に入ると、嫌でも体重が増えてしまうので、妊娠初期から妊娠中期のうちに、体重を増やさないようにしておくと後が楽です。

妊娠中に体重が増えすぎないように頑張っておけば、産後の体形も早く戻ると思いますので、妊娠中の努力は無駄になりませんよ!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加