妊娠中のラーメンはダメ?ラーメンを食べるときの注意点は?

妊婦のみなさん!

無償にラーメンが食べたくなることがありませんか?

私の場合、特につわりの時期、ラーメンしか食べられないことがありました。

しかも、しょうゆ味やみそ味はダメ、塩ラーメンのみ。

そんな時期がしばらく続いた後は、カップ焼きそばにハマりました。

空腹になると吐き気がするため、夜食に特盛サイズのカップ焼きそばを掻き込んだことも!

私のように、ラーメンやカップ麺ばかり食べてしまう妊婦さんは多いようですが、栄養面から見ると、どう考えてもお勧めできないですよね?

妊婦さんがラーメンばかり食べても大丈夫なのでしょうか?

今回は「ラーメンが与える妊婦さんへのリスク」や「妊娠中にラーメンを食べるときの工夫」について調べてみました。

スポンサーリンク

つわりでラーメンしか食べられないけど大丈夫?

妊娠中は「栄養バランスのいい食事を」と頭ではわかってはいるものの、つわりのせいで料理ができず、簡単に食べられる「インスタント食品ばっかり」というのはよくあるケースです。

インスタント食品の中でも、特にインスタントラーメンばかり食べていると身体へどんな影響を与えるのでしょうか?

塩分の過剰摂取

インスタントラーメンなどの加工食品には、「精製度の高い塩」が使われています。

いわゆる「塩化ナトリウム(食卓塩)」というものです。

塩化ナトリウムには、ナトリウムが多くミネラルがゼロに等しいため、インスタントラーメンばかり食べていると、ミネラル分の不足が起こり体調不良へとつながります。

ただ注意したいのは、ミネラルが含まれた「未精製の塩」を減らし過ぎるのはよくないということです。

つまり、塩の質を選ぶことが大切であり、カップラーメンに使われている塩は「よくない塩」だと覚えておきましょう。

(「妊娠中の塩分制限は必要なし?上手な塩分の取り方は?」に関連記事を書いています。)

カルシウム不足

インスタントラーメンなどの加工食品には「リン酸塩」が多く含まれていますが、リンを過剰に摂取すると、体内でのカルシウムの吸収が阻害され「カルシウム不足」を招くことになります。

特に妊娠中はより多くのカルシウムが必要な時期ですので、リン酸塩の摂取は控えるべきだと言えます。

こうして見ると、妊娠中にインスタントラーメンばかり食べ続けた場合、妊婦さんの健康を維持することができなくなる可能性があるように思います。

妊娠中のラーメンは胎児にも悪影響?

インスタントラーメンによる妊婦さんへのリスクは「過剰な塩分」や「カルシウム不足」だけではありません!

日本ではあまり大きくニュースになっていないようですが「カップラーメンの容器に熱湯を入れると、容器から環境ホルモン(乱化学物質)が溶け出す」という問題があります。

この「環境ホルモンの安全性」については賛否両論ありまだ明らかになっていない部分も多いのですが、一部では「精子減少やガンの原因になったり、神経障害などの影響がある」と指摘される研究結果もあります。

また、カップラーメンによく使用されている「グルタミン酸ナトリウム」(化学調味料・うまみ調味料・アミノ酸等とも表示されます)も、胎児への影響については不明な点が多いため、妊娠中にはなるべく避けたほうがいいと考えられます。

このように、カップラーメンを食べ続けた場合、

▼環境ホルモンや添加物の過剰摂取のリスクが高くなること

▼胎児への安全性が確立されていないこと

を心に留めておいて下さいね。

スポンサーリンク

妊娠中の上手なラーメンの食べ方は?

インスタントラーメンのリスクはゼロではないものの、ラーメン好きな妊婦さんもいらっしゃるでしょうし、味覚の変化で「どうしてもラーメンが食べたい!」というときもあるでしょう。

そんなときは、ラーメンにひと工夫をしてみて下さい!

妊娠中にお勧めしたいラーメンの食べ方はこちらです。

◇袋入りラーメンを選ぶ!

お湯を注ぐだけのカップラーメンは手軽ですが、プラスチック容器への安全性が心配です。

できれば、袋入りのラーメンを選びましょう。

もし「どうしてもカップラーメンがいい!」という場合は、中身を食器に移し替えてからお湯を注いで作るといいでしょう。

◇野菜や海藻をトッピングする!

ラーメンを食べる際、「麺だけ」はよくありません。

キャベツやほうれん草、ワカメやのりなど野菜や海藻をトッピングしましょう。

野菜や海草でカリウムの摂取量を増やせば、妊娠中の体調維持にも役に立ちます。

もし、つわりなどで調理をすることが難しいのであれば、冷凍野菜やカットワカメなどを上手に利用しましょう。

◇信頼できるインスタントラーメンを選ぶ!

インスタントラーメンの中には、材料にこだわって作られているものもあります。

例えば、化学調味料不使用なもの、ノンフライ麺のインスタントラーメンもあります。

このような妊娠中でも安心して食べられる材料が使われているラーメンを選ぶといいですね。

◇材料にこだわるラーメン店も?!

最近の健康ブームを受けて、ラーメン店も健康志向になってきているようです!

ラーメン店の中には、動物性食品を一切使わない「べジラーメン」などもあります。

また、「塩にこだわる店」や、小麦麺ではなく「玄米麺を提供する店」、「国産小麦を使用する店」など、ラーメンが健康メニューとして扱われている店もあるのです。

外出に問題がない妊婦さんであれば、このような健康志向のラーメン店に足を運んでみてもいいですね。

おわりに

私はもともとカップラーメンやインスタントラーメンを食べる習慣がないので、つわりの一時期だけしか食べませんでしたし、それ以降はほとんど食べていません。

たまに食べるときは、とにかく野菜たっぷりにし、水の割合を多くして薄味で作ります。

もちろんスープは飲みません。

私のように「ラーメンは滅多に食べない」という方であっても、「カップうどん」や「カップそば」を食べている場合は同様の懸念があると思いますので、今回ご紹介した「ひと工夫」をしてみて下さいね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加