陣痛が来ない!?その原因は?

出産予定日が過ぎても、「陣痛が来ない!」と焦っていませんか?

出産予定日が近い妊婦さんがどんどん出産していく中で、自分だけ予定日が過ぎても陣痛がこないと、何だか悲しくなりますよね?

周りからも「陣痛は来たか?」「出産はまだか?」とプレッシャーをかけられ、「うるさい!もう誰にも会いたくない!」と思っている妊婦さんもいらっしゃると思います。

また、陣痛促進剤を使わずに、自然なお産を希望する方も多いですよね?

今回は、「陣痛がこない原因と対処法」について、調べてみました。

スポンサーリンク

出産予定日が過ぎても陣痛が来ない理由は?

不安と希望を抱きながら出産予定日を迎えたのに、「まったく陣痛が起こる気配がない…」という方はいらっしゃいませんか?

「出産予定日が過ぎても、陣痛がこない」というケースは珍しくないのです。

なぜ、予定通りに陣痛が起こらないのでしょうか?

陣痛がこない理由は、いくつか考えられます。

<出産予定日がずれていた>

出産予定日は、あくまでも目安です。

もともと出産予定日がずれていた、ということが考えられます。

出産予定日とは「40週0日」のことを言いますが、妊娠37週0日~妊娠41週6日までを「正期産」と呼び、この期間に出産する方がほとんどです。

出産予定日までに陣痛が来なくても、焦る必要はありません。

<体重増加が激しい>

妊娠中に、体重が増えすぎてしまった方の場合は、赤ちゃんが下がりにくくなる可能性があります。

<ストレス>

陣痛は、子宮の筋肉の収縮運動です。

心身のストレスがたまると、筋肉の収縮が起こりにくくなります。

<高齢出産>

高齢出産の場合、微弱陣痛になりやすいと言われています。

<体力の低下>

陣痛を起こすには、十分な体力が必要です。

母体の体力が十分ではない場合、陣痛が起こりにくくなるそうです。

睡眠不足、運動不足、臨月まで働いていた、など心当たりがありませんか?

<赤ちゃんのサイン>

陣痛がこないのは、「赤ちゃんがまだお腹の中にいたいからだ」とよく言われます。

私は「出産の日は赤ちゃんが決めるもの」と聞いたことがありますので、お腹の赤ちゃんに向かって「そろそろ出ておいで!」と話しかけていました。

陣痛を起こすのは、赤ちゃんの意思なのかどうかは「赤ちゃんのみぞ知る」ですが、「○月○日に生まれてね」とお願いしてみるといいのではないでしょうか?

陣痛が来ない体質がある?

出産予定日を過ぎてもなかなか陣痛が来ない場合や、既におしるしがあったり、子宮口が開き始めているにも関わらず陣痛がこないという方は、「陣痛が起こりにくい体質」なのかもしれません。

陣痛が起こりにくい体質というのは、もともとの子宮の収縮機能が弱かったり、慢性的な冷え性などが考えられます。

経産婦の方で、最初の出産のときに陣痛が起こりにくかった方は、2回目以降の出産も、陣痛が起こりにくいことがあります。

これは体質的なものが影響しているのかもしれません。

出産予定日を過ぎて陣痛がこないと赤ちゃんはどうなる?

出産予定日を過ぎても陣痛がこない場合、お腹の赤ちゃんの健康状態が気になると思います。

しかし、出産予定日を過ぎたからと言って、すぐにお腹の赤ちゃんに何かが起こるわけではありません。

お腹の中で赤ちゃんを育てる機能は、妊娠38週頃が最も高まると言われています。

妊娠37週から妊娠41週目までの間でしたら、特に慌てたり、心配する必要はありません。

しかし、妊娠42週を過ぎると、「過期妊娠」と呼ばれ、胎盤の機能が低下したり、羊水の量が減るなどのトラブルが発生するリスクがあります。

そのため、妊娠40週を過ぎてからは妊婦健診の回数が増えたり、場合によっては入院になったり、分娩誘発を行うこともあります。

スポンサーリンク

陣痛を起こすツボがある?

陣痛を促すツボがあるのをご存知ですか?

陣痛を促すツボとは、「三陰交」というツボです。

三陰交は、足の内くるぶしから指4本分、膝に向かって上がっていった場所にあります。

三陰交に、お灸をしたり、カイロや湯たんぽで温めると陣痛が起こりやすくなるそうです。

ツボ以外で、自然に陣痛を起こしやすくするには、

・歩く

・スクワット

・階段の登り降り

・雑巾がけ

など、軽く体を動かすといいそうです。

また、なるべく横にならず、起き上がっている状態のほうが、赤ちゃんが下りやすくなります。

体が緊張していたり、冷えていると、陣痛がおこりにくいので、お風呂で温まりリラックスすることも効果的だと思います。

そして、自然な陣痛を起こし、お産をスムーズにするためのハーブティを飲んでおくことをお勧めします!

まとめ

私は、どうしても夫がいるときに出産したかったので、出産予定日よりも早く産みたいと願っていました。

そのため、出産予定日の1週間前から、たくさん歩いたり、階段の登り降りをしましたよ。

もちろん、お産をスムーズにするハーブティも毎日飲んでいました。

そして、お腹の赤ちゃんに向かって「そろそろ出ておいで-」と毎日呼びかけていました。

赤ちゃんへ思いが通じたのかどうかはわかりませんが、どの子もみな、出産予定日よりも早く出てきてくれました。

「どうすれば陣痛が起こるのか?」というのは、まだはっきりと解明されているわけではなく、「特に何かをしなくても陣痛が起こる方」もいれば、「あれこれ努力しても陣痛が起きにくい方」もいらっしゃいます。

陣痛がこない原因はひとつではありませんし、赤ちゃんの意思もありますので、ママ一人の力でどうにかできるものではありません。

陣痛がこなくても、焦らなくて大丈夫です。

どんなに長くても、あと数日で赤ちゃんには会えますからね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加