妊娠中に体重が増えない方法は?

妊娠すると、体重が増えるのは当たり前のことです。

しかし、体重の「増えすぎ」は、ママにとってもお腹の赤ちゃんにとってもよくありません。

適度な体重増加を心がけたいものですよね?

とは言え、妊娠中は太りやすく、妊娠してから「体重」や「カロリー」が頭から離れず、ストレスがたまってしまう方もいらっしゃるでしょう。

体重コントロールは必要ですが、辛いダイエットは必要ありません!

今回は、妊娠中に無理なくできる「体重が増えない方法」について、ご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中は体重が増えやすいのはなぜ?

妊娠してから、太りやすくなったという方はいらっしゃいませんか?

ほとんどの妊婦さんが「太りやすくなった」と感じているのではないでしょうか?

「妊娠中は太りやすい」というのは事実です。

なぜなら、妊娠中は、女性ホルモンの働きによって、体が水分や脂肪を溜めこもうとするからです。

たとえ、妊娠前と同じ食事の量を取っていたとしても、妊娠中は太りやすいのです。

また、妊娠中期に入り、お腹の赤ちゃんの成長が著しくなる時期に入ると、母体は赤ちゃんへ多くのエネルギーを送るために「糖質」を消費します。

そのため、母体に必要なエネルギーは、糖質ではなく「脂肪」から消費するようになるため、母体には多くの皮下脂肪(エネルギーの蓄え)が必要なのです。

妊娠中に脂肪が付きやすく(太りやすく)なるのは、赤ちゃんへの栄養を届けるためだけなく、母体の健康と体力を維持するためにも欠かせないものだからです。

スポンサーリンク

妊娠中に体重が増えないようにするには?

妊娠中に太りやすくなるのは自然なことであり、体に脂肪が付きやすくなるのは、脂肪が体にとって必要なものだからです。

また、妊娠中は、脂肪だけでなく、水分も溜め込みやすいため、むくみが原因で体重が増えることもあります。

とは言え、体重の増えすぎやむくみは、母体にとっても胎児にとっても、様々なリスクを伴う可能性がありますので、安易に考えるのは危険です。

(「妊娠中の体重増加の母体へのリスクとは?」「妊娠中の体重増え過ぎが与える赤ちゃんへの影響は?」に関連記事を書いています。)

妊娠中の体重が、過度に増えすぎないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

いくつかポイントをご紹介します。

<食べ過ぎない工夫>

○家にお菓子などの買い置きをしない。

○買い物に行くときは、あらかじめ買うものを決めておき、余計なものは買わない。

○食前に、水やお茶などの水分を取る。

○お茶碗を小さくする。

○腹八分目を目指す。

○お腹が空く前に、夜は早く寝る。

○野菜を先に食べ、炭水化物は最後に食べる。

<食べ方の工夫>

○「食事日記」をつけ、何を食べたか、食べ過ぎていないか、どんな栄養が足りていないのか、を把握してみる。

○むくみに繋がる「塩分」を控えるために、薄味はもちろんのこと、塩やしょうゆの代わりに酢やレモン汁を使う。

○利尿作用のあるキュウリやスイカなどの食品を取ったり、リンパの流れをよくして老廃物を排出する作用のある飲み物を取る。

○塩分を控えるために、汁物のスープは飲まずだくさんにする。

○甘い飲み物は控える。

○おやつが食べたかったら低カロリーのこんにゃくゼリーやスルメにする。もしくは、低カロリーのおやつを手作りしてみる。

○砂糖は、白砂糖ではなく、黒砂糖やはちみつに代える。

○お菓子の代わりに、ふかしイモやドライフルーツにする。

○洋菓子より和菓子を選ぶ。

○まとめ食いせず、小分けにして食べる。

○夕飯は早めに済ませる。(18時が理想)

○油で揚げるより、焼いたり蒸して食べる。

<体を動かす工夫>

○体調に問題がなければ、ウォーキングや散歩をする。便秘解消にもつながります。

○ストレッチやヨガを習慣にしてみて下さい。

○床拭き、窓拭きなど、本格的に掃除をすると、家もきれいになってリフレッシュできます。

まとめ

妊娠中は、太りやすいうえ、食欲も増進しますよね?

私も、つわりが終わってからは、ものすごい食べました!

しかし、毎日たくさん食べ続けると体重が増えてしまうので「たくさん食べた日の翌日は、控えめに食べる」「昼ご飯をたくさん食べたら、夜は少な目にする」など、バランスを取るようにしました。

夜は20時以降は食べず、間食を控えたり、ストレッチをよくしていました。

毎日、毎食、カロリー計算していては、ストレスも溜まりますし、食事が楽しめなくなりますよね。

食べることが大好きな人にとっては、辛いマタニティライフになりかねません。

また、運動は大切ですが、人によっては、歩いている最中にお腹が張ってきてしまったり、疲れて足のむくみがひどくなってしまうケースもあります。

運動が苦手な人にとっては、継続することも難しいですよね。

体重を増やさないための方法は、人それぞれ合うやり方が異なりますので、自分の体質や好みを見極めることも大切だと思います。

妊娠中に太りすぎることは、ママにも赤ちゃんにも健康へ悪影響を及ぼす可能性があるのは事実です。

しかし、限度を超えなければ(医師から注意を受けないのであれば)、自己判断で食事制限をする必要はないと思います。

産後は、赤ちゃんのお世話でゆっくり食事をする時間も取れなくなりますので、今のうちに、食事の時間を楽しんで下さいね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加