妊娠中のひどい尿漏れ!原因と対処法は?

ある日突然、小さな咳やくしゃみをしたら「あ!もしかして、尿漏れ?」とびっくりしたことがありませんか?

「まさか自分が?」とショックを受けている妊婦さんは意外と多いものです。

しかし、妊娠中に尿漏れをおこすのは珍しいことではないので心配いりません。

妊娠中に始まった尿漏れは、産後しばらくも続くこともあり、長い間、尿漏れに苦しめられる方もいらっしゃいます。

あまり神経質にならず、うまく乗り越えて行きましょう。

今回は「妊娠中の尿漏れの原因と対処法」についてご紹介して行きます。

スポンサーリンク

妊娠中の尿漏れの原因は?

「尿漏れの悩みなんて、まだまだ先」と思っている若い世代の女性であっても、妊娠すると尿漏れしやすくなります。

なぜ、妊婦さんは尿漏れしやすいのでしょうか?

妊娠中の尿漏れの原因は、「女性ホルモンの働き」です。

妊娠中すると、女性ホルモンが急激に増加して行きますが、女性ホルモンの中でも「プロゲステロン(黄体ホルモン)」には「出産に備えて子宮の筋肉をゆるめる」働きがあります。

このプロゲステロンの働きによって、「普段は尿漏れをおこさないようにしている骨盤底筋までゆるんでしまう」のです。

これに加えて、大きくなる子宮が膀胱を圧迫することも要因です。

一般的に、尿漏れはお腹の大きくなる「妊娠後期から始まる」ことが多いようですが、お腹が大きくなる時期が早い方は、尿漏れが始まる時期も早い傾向にあります。

妊娠中の尿漏れしやすいタイミングと量は?

一般的に尿漏れは、

●くしゃみ、咳、立ち上がるときなどお腹に力が加わったとき

●尿意を感じた時

●長時間トイレに行かなかったとき

に起こりやすいものですが、妊婦さんの中には、「あれ?なんで下着が濡れるのだろう?」とまったく自覚できないまま尿漏れしていることもあるようです。

尿漏れの量は、

●下着がちょっと漏れる程度

●足を伝ってしまうほど

●おねしょと間違えるほど

など妊婦さんによってまちまちだそうです。

尿漏れ対策のためには、ご自身の「尿漏れしやすいタイミング」を知っておくといいですね。

スポンサーリンク

尿漏れ対策のための便利グッズは?

尿漏れするようになると、外出がおっくうになってしまったり、いつ尿漏れするかとヒヤヒヤしたり、大きなストレスを感じてしまいますよね?

そんな苦痛を減らすための便利グッズとして「尿漏れパッド」があります。

「尿漏れパッドを買うのは恥ずかしい」という方の中には、生理用ナプキンで代用している方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、生理用ナプキンは尿漏れパッドの代用にはならないのです!

なぜなら、生理用ナプキンにはニオイ対策が施されていないから。

生理用ナプキンで尿を吸収できたとしても、アンモニア臭は吸い取ってくれません!

その点、尿漏れパッドは「ニオイ対策がされている」ので、ニオイが気にならず周囲にもバレにくいのです。

最近の尿漏れパッドは、10代や20代を対象とした若い女性向けの商品もあり、「ライナータイプ」や「ナプキンタイプ」「シートタイプ」、また「羽あり o r 羽なし」など様々なタイプが販売されています。

尿漏れの時期は期間限定ですから、便利グッズを使って少しでも快適に過ごしましょう。

妊婦さんの尿漏れ予防?骨盤底筋運動を行うのはよくない?

尿漏れは骨盤底筋のゆるみによって起こるため、「尿漏れ改善のためには骨盤底筋運動をしたらよい」というのを聞いたことがあるかもしれません。

確かに、「産後の尿漏れ」は「出産時に赤ちゃんが産道を通ることで骨盤底筋がゆるむ」ことが原因ですので、骨盤底筋の体操は有効だと思われます。

しかし、妊娠中の尿漏れは「女性ホルモンの働きによって骨盤底筋のゆるむ」が大きな原因なので、妊娠中に改善するのは難しいとも言えます。

さらに、一般的な骨盤底筋の体操は、膣や尿道付近の筋肉(恥骨直腸筋)を鍛える効果はあるのですが、もっと奥の方にある骨盤底筋群を鍛えることはできません

奥の方にある骨盤底筋群が緩むと、「排便やお産に必要な反射が起こりにくくなる」というデメリットを指摘するドクターもいますので、妊娠中に骨盤底筋体操をする場合はやりすぎないように注意しましょう。

(ヨミドクターhttps://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161025-OYTET50031/を参照)

ここでは、産後1カ月を過ぎても尿漏れが改善しないときに試して欲しい骨盤底筋運動をご紹介しますので覚えておくといいでしょう。

<骨盤底筋体操>

1.仰向けに寝る

2.足を肩幅に広げて膝を軽く立てる

3.肛門をしめて10秒ほどキープする
 (足や腰などに力は入れずに、肛門、膣の部分をじわーっと上に引き上げるようなイメージ)

4.からだの力を抜く

※1~4を、1日10セットほど行って下さい。

妊娠中の尿漏れは仕方がないと割り切って、産後しばらくしてから骨盤底筋運動に取り組んでみて下さいね!

破水と尿漏れの見分け方は?

妊娠中の尿漏れでお困りの妊婦さんの気がかりと言えば・・・。

「破水と尿漏れの違いに、気付くことができるかしら?!」ということではありませんか?

実際に「破水を尿漏れだと勘違いし、破水に気付くのが遅れる」ことがあるからです。

通常「破水」は、陣痛が強くなってから起こるものですが、「早期破水」や「前期破水」など「陣痛が起こる前に破水する」こともあります。

さらに、破水の状態もさまざまであり、「一気に大量の羊水が出る」こともあれば、「少しずつちょろちょろと流れ出てくる」こともあります。

つまり、尿漏れと似ているのです!

もし、破水か尿漏れかわからないときは、次の点をチェックしてみて下さい。

・アンモニア臭がする?

尿漏れであればアンモニア臭がするはずです。

アンモニア以外の臭いがある場合は、羊水の可能性があります。

・色は何色?

尿も羊水も、無色~薄い黄色なため、見分けが付きにくいようです。

ただ「薄いピンク色」や「赤色」が混じっている場合は、血液が混じった羊水かもしれません。

・力を入れると止まる?

尿漏れの場合は、股に力を入れると止まります。

もしも、止まらずに流れ出るようであれば羊水の可能性があります。

破水と尿漏れの区別が「自分ではよくわからない」「破水が疑わしい」という場合はすぐに病院で診察を受けましょう。

おわりに

妊娠中に尿漏れがある方は、産後も尿漏れを起こしやすいそうです。

特に産後の尿漏れは、「尿意を感じられない」「尿をしている感覚すらない」ということもあるようで、「尿漏れしそうなタイミング」すらつかめなくなることもあるそうです。

私は幸い、妊娠中も産後も尿漏れは起きませんでしたが、私の友人で尿漏れに悩んでいる方がいらっしゃいました。

「いずれ回復するから」と本人もわかってはいるものの、やはり苦痛な様子でした。

そんな彼女も、今では既に回復しています。

尿漏れ期間中は、利尿作用のある食品(コーヒーや緑茶などのカフェイン、きゅうり、スイカなど)を食べると、尿漏れのリスクが高くなります。

尿漏れが治まるまでは、利尿作用の強い食品を控えた方が安心かもしれませんね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加