高齢妊娠を後悔しないために!高齢妊娠のリスクと注意事項とは?

働く女性が増えてきた現代では、結婚や妊娠する女性の年齢が上がってきているのは周知の事実です。

私も、第3子の出産は36歳でしたので、決して「若い」とは言えない年齢でした。

妊娠や出産というのは、年齢を問わずリスクを伴いますので、「若いから大丈夫」「高齢だから危険」とは言い切れません。

40代でも安全な妊娠・出産される方も多いですし、若くてもトラブルに見舞われる方もいらっしゃいます。

しかし、年齢が上がれば上がるほど、若いときと違って身体が衰えてきているのは事実です。

そのため、高齢妊娠には何かしらのトラブルが起こる確率が上がるのも事実なのです。

高齢妊娠のリスクを知っておくことは、高齢ならではリスクを低減し、安心してマタニティライフを送ることに繋がるでしょう。

今回は、「高齢妊娠のリスクや日常生活での注意点」「高齢妊娠のメリット」についてご紹介して行きます。

スポンサーリンク

高齢妊娠の定義とは?

高齢妊娠とは、何歳以上のことを意味するのかご存じですか?

日本産婦人科学会によると、「35歳以上の妊娠のことを高齢妊娠とする」と定義されています。

高齢妊娠は、初めての妊娠であっても2回目以降の妊娠であっても、35歳以上の妊娠であればすべて高齢妊娠とされます。

ちなみに、35歳以上で出産することを「高齢出産」と言い、50歳以降の出産を「超高齢出産」と呼ぶそうです。

余談ですが、女性が自然妊娠できるのは、何歳くらいまでかご存じですか?

一般的に50歳近くなると、多くの女性は排卵が終了し自然妊娠ができなくなってくると言われています。

しかし、ごくまれに自然妊娠する方や、過去に自分の卵子を凍結保存しておくことで妊娠できるケースもあるようです。

具体的に、女性の「妊娠する力」は33歳くらいからが低下し始め、妊娠する確率としては、

・35歳未満 20~25%

・35~40歳 10~15%

・40歳以降 4%

と言われいます。

年齢とともに妊娠する確率が下がる理由は、卵子を含めた身体の老化や、婦人科系の病気や生活習慣病などにかかりやすくなることが上げられます。

このように見てみると、高齢妊娠というは、とても少ない確率の中で受精が成立した、まるで奇跡のようなものだと思いませんか?

高齢妊娠初期は流産に注意?

高齢妊娠が発覚したら、まずは妊娠初期のうちから体の変化に気を付けるようにしましょう。

なぜなら、高齢の妊婦さんは20代の妊婦さんと比べて、流産のリスクが高くなるからです。

年齢問わず妊娠初期の流産の原因は、胎児の染色体異常によるものがほとんどですが、染色体異常というのは、年齢とともに卵子が老化していくことによって起こりやすくなります。

また、妊娠を継続するために必要な女性ホルモンは、20~44歳(成熟期)は安定して分泌されているのですが、人によっては30代後半から徐々に減ってくることがあります。

このように、高齢妊娠は「染色体異常」や「女性ホルモンの低下」によって、流産しやすいと考えられるのです。

流産というのは、どの年齢であっても起こりうることですが、流産の確率を年代別に見てみると

・20代 約10%

・30代 約20%

・40代 約40%

と、年齢とともに上がっていくのがわかります。

もし、出血や腹痛などの症状が見られたら、すぐに病院へ行くようにしましょう。

高齢妊娠はダウン症の可能性が高くなる?

高齢になればなるほど、「ダウン症の確立が高くなる」というのを聞いたことがありますか?

ダウン症の発生率を見てみると、

・20代 >> 約1000人に1人

・30代前半 >> 約900人に1人

・35歳以降 >> 約300人に1人

・40代 >> 約100人に1人

と明らかに上昇しているのがわかります。

これは、加齢にともなって「卵子や精子が老化する」ことが原因だと考えられています。

染色体異常による代表的なものが「ダウン症候群」ですが、卵子や精子が老化すると「染色体異常のリスクが高まるから」なのです。

スポンサーリンク

高齢妊娠の母体に起こるリスクとは?

高齢妊娠のリスクは、流産や染色体異常のほかにもまだあります.

これらのリスクは年齢問わず起こりうることですが、年齢とともにリスクが高まっていきます。

高齢妊婦さんに起こりうるリスクにはどのようなものがあるのでしょうか?

<妊娠高血圧症候群>

高齢になるほど、血管も衰えていきます。

血管が弱くなることで、妊娠高血圧症候群を発症する確率が上がります。

妊娠高血圧症候群の発症率は、年齢問わず「平均10%程度」ですが、35歳を過ぎると「20%近く」まで上がり、45歳を過ぎると「30%近く」にまで高くなります。

血管年齢を若々しく保つためには、規則正しい生活習慣や禁煙、バランスのいい食生活などが欠かせません。

<妊娠糖尿病>

妊娠中は、ホルモンの影響によって血糖値が下がりにくくなります。

そのため、妊娠中に糖尿病を発症することがあります。

妊娠糖尿病の原因は「妊娠そのもの」ですので、年齢は関係ないように思われますよね?

しかし、高齢になるほどインスリンの分泌機能が低下したり、いわゆる「生活習慣病」などを発症しやすい年代に差し掛かかるため、血糖値が下がりにくくなる年齢のときに妊娠することで、妊娠糖尿病を発症するリスクが高くなるのです。

<つわり>

つわりは年齢にかかわらず、妊婦さんには誰でも起こることです。

つわりが軽いか重いかは、年齢ではなく個人差が大きくなっています。

しかし、高齢になるほど、体力も低下しますので、つわりのときは決して無理をしないようにしましょう。

<分娩の異常>

高齢妊娠の場合、出産時のリスクも高くなります。

例えば、高齢によって産道や子宮の筋肉の伸びが悪くなると、子宮口が開きにくく、お産が長引くことが考えられます。

また、子宮の筋肉の収縮がうまくいかない場合、微弱陣痛になったり、出産後の出血が止まりにくく大量出血を起こす可能性も高くなります。

難産は、母体だけでなく赤ちゃんへ酸素が行き渡らなくなるなど、母子ともに負担がかかるケースもあり、自然分娩ではなく帝王切開になる確率も高くなります。

このような分娩のリスクは、「35歳以上の初産の方」に当てはまることが多く、経産婦の場合は当てはまりにくいそうです。

出産は「体力勝負」ですので、日ごろから適度な運動をして体力を維持したり、疲労を溜めないようにして、少しでもリスクを回避するよう心がけましょう。

高齢妊娠のメリットは?

ここまで高齢妊娠のリスクをご紹介してきましたが、誰もがこのような事態に陥るわけではありません!

ほとんどの高齢妊婦さんは、健康なマタニティライフを送り、元気な赤ちゃんを産んでいらっしゃいます。

高齢妊娠は、体力の低下や体の老化の影響を受けるのは間違いありませんが、メリットもあるのですよ!

例えば、

・すでに経済的な余裕があるため、経済的な心配をせずに子育てできる!

・すでに仕事も遊びもある程度のことは経験してあるので、子育てに集中できる!

・妊娠出産によって女性ホルモンの分泌が増えるので、若返る!

このように、精神的に安定して子育てをできるうえ、女性ホルモンの影響で美しくなれそうですよ!

まとめ

私も最後の妊娠のときは高齢妊娠でしたが、特に「20代のときの妊娠と比べて何かが変わった」ということはありませんでした。

前回、前々回同様、悪阻に苦しみ、切迫早産で寝たきりの生活でしたね。。。

どちらかというと、年齢が影響してくるのは妊娠中よりも「産後」の方が大きい気がします。

子育ては体力が必要ですから、そういう意味では、体力があるうちに子育てをした方がいいとは思います。

しかし、経済的に余裕があるのは高齢妊娠・出産のメリットですよね!

マダム風な妊婦さんが、質のいいものを身にまとっていたり、品質のいいおもちゃで遊んでいる赤ちゃんを見ると、「経済的に余裕があるんだなあ」と思います。

年齢にかかわらず、妊娠中は体を大切にしなければならないのはみんな同じです。

少しでも年齢によるリスクを回避し、若々しくいるために、質のいい生活を心がけて下さいね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加