出産祝いに人気の女の子の服は?

出産祝いに、何をプレゼントすればいいのか、とっても悩みますよね?

「こちらがプレゼントしたいもの」と「相手に喜んで貰えるもの」は、残念ながら同じではないケースがあります。

「何を贈ると喜んでもらえるか?」は相手によって異なりますので、親しい間柄であれば、希望のものを相手に尋ねてみるものいいでしょう。

しかし、相手に直接聞けない場合や、「なんでもいい」と返答されてしまった場合は、プレゼント選びに困りますよね?

出産祝いを選ぶ際は、「記念になるもの」「実用的なもの」「消耗品」など、目的によって選ぶ基準が変わってきますが、無難なのは「たくさんあっても困らないもの」ではないでしょうか?

記念品は、好みでなかった場合、処分に困りますし、第二子以降の場合は、頂いても置き場所に困るという方もいらっしゃるでしょう。

そう考えてみると、「たくさんあっても困らないもの」尚且つ「消耗品であるもの」が、お勧めだと思います。

そんな条件をクリアできるのは、「赤ちゃんの洋服」ではないでしょうか?

赤ちゃんは、一日に何度も着替えることが多く、何度も洗濯するので、洋服がすぐに痛んでしまいます。

着替えは何枚あっても、助かるものです。

特に、ロンパースは、長い期間使うものなので、個人的にはお勧めです。

今回は、「出産祝いに、女の子向けの洋服を選ぶ際に気を付けたいこと」や「出産祝いで人気の女の子の服」について、調べてみました。

スポンサーリンク

出産祝いに喜ばれるベビー服はロンパース?

出産祝いと言えば、おむつ、育児グッズ、抱っこ紐、おもちゃなどが定番ですが、赤ちゃんの洋服も、喜ばれるプレゼントの一つだと思います。

私自身も、出産祝いに、何枚もベビー服を頂いた思い出があります。

好みの服や、出番の多かった服もありますが、残念ながらほとんど着なかった服もあります。

私の経験上、もらって一番活躍した服が「ロンパース」です。

ロンパースというのは、上下が繋がっている「つなぎ」のようなタイプのベビー服のことを言います。

ロンパースは、袖やズボンの丈が、長いものから短いもの、かぶるタイプのもの、前開きのタイプのものなど、様々な形のものがあります。

ロンパースのメリットは、

・上下が繋がっているので、抱っこやハイハイしても服がはだけず、お腹が出ない

・股の部分に、ホックやスナップが付いているので、おむつ交換がしやすい

・生地によって、インナーにもアウターにもなる

・上着やスカートと合わせることで、いろいろな着方ができる

・新生児から3歳くらいまで、長い期間使うことができる

などが上げられます。

出産祝いに選ぶならロンパースのサイズはいくつがお勧め?

出産祝いにロンパースを贈る場合、サイズ選びも重要です。

まず、ロンパースのサイズの目安と使用期間の目安をご紹介します。

◎サイズ60 

生後3カ月~。

出産後、すぐに使ってもらうことができます。

しかし、大き目の赤ちゃんの場合は、すでにぴちぴちになっている可能性も。

また、赤ちゃんはすぐに成長しますので、サイズ60では、着られる期間が短いというデメリットがあります。

◎サイズ70 

生後6カ月~。

産後、しばらくしてから、使ってもらうことができます。

生後6カ月だと、赤ちゃんがハイハイする時期なので、ズボン丈が長いものだと、滑ってしまうこともあります。

丈は短め、生地は半年先の季節に合ったものを選びましょう。

大きめの赤ちゃんの場合は、サイズ70でもすぐに着れなくなってしまう可能性が高いと思います。

◎サイズ80 

生後9カ月~。

大きめの赤ちゃんの場合は、生後6カ月くらいから、サイズ80を着ている赤ちゃんもいます。

一番、来ている期間が長いサイズではないでしょうか?

そのため、デザインも豊富です。

選ぶ際は、半年~10カ月先の季節に合った素材を選ぶといいと思います。

◎サイズ90 

生後1歳半~2歳くらい。

サイズ90も、サイズ80と同様に、使う期間の長いサイズなのでお勧めです。

ただ、2歳近くになってくると、ロンパースより、上下が分かれた洋服を着せる方も増えますので、場合によっては使う機会が少ない可能性もあります。

このようにみると、ロンパースのサイズは「サイズ80」がお勧めはないでしょうか?

出産祝いに喜ばれるロンパースのデザインは?

ロンパースは、素材やデザインによって、一年中活躍します。

出産した時期から、季節を先取りして、ロンパース選びを行って下さいね。

春から夏に活躍するロンパースは、袖やズボン丈が短く、吸湿性と通気性のいい綿素材がお勧めです。

オーガニックコットンのロンパースなど、上質のものなら、喜ばれそうですね!

半袖で、ズボンの付いていない(パンツ型)のロンパースなら、肌着としても使えるので、一年中使えます。

冬に活躍するロンパースは、温かい素材のものを選びましょう。

裏起毛、フリース素材など、肌触りのいいものがお勧めです。

デザインは、なんといっても「シンプル」なものがお勧めです!

フリルやリボンが付いているデザインは可愛いのですが、赤ちゃんにとっては「邪魔なだけ」です。

特に、首元に装飾があると、よだれで汚れたり、糸がほつれて赤ちゃんの口に入ったり、レースが顔周りにあたることもあります。

できるだけ、シンプルなものを選びましょう。

また、色は、白を選ぶ方は多いのですが、白は汚れが目立ち、よだれですぐに黄ばんでしまいます。

赤ちゃんの時期は、うんちやおしっこがおむつから漏れてくることもよくあるので、シミもできやすいのです。

汚れの目立ちにくい色や柄をお勧めします。

服を開閉しやすのは、ボタンではなく、スナップが使われているものです。

赤ちゃんの着替えや、おむつ替えは「時間勝負」なので、面倒なボタンではなく、スナップが使われているものにしましょう。

スポンサーリンク

出産祝いに喜ばれないのはこんなベビー服!

出産祝いに洋服を贈る場合、喜ばれにくいのは次のパターンです。

ベビー服を選ぶ際は、気を付けて下さいね。

◎ママの好みではないブランドの服

自分では手が出せない高級ブランドのベビー服であっても、ママの好みが合わない場合、着てもらえない可能性があります。

ブランドの服を贈るのであれば、ママの好みをしっかりリサーチしておく必要があります。

◎キャラクター系の服

ディズニー、サンリオなど、キャラクターのベビー服はたくさんあります。

しかし、「キャラクターは好きではない」というママが多いのも事実です。

好みが分かれるキャラクター系は避けたほうが無難です。

◎着ぐるみ系

キャラクター系同様、ママの好みが分かれます。

特に、冬の着ぐるみ系は、かわいいのですが、かさばるというデメリットがあります。

洗濯の時に乾きにくかったり、持ち運びに適さないことが考えられます。

◎サイズが大き過ぎる服

3歳以降に着るような、サイズの大きすぎる服は、誕生後すぐに着れないため、貰った時の喜びが半減してしまう可能性があります。

長い間、タンスの奥に仕舞っておくと忘れられてしまい、来てもらえない可能性もあります。

◎洗濯に適さない服

赤ちゃんはすぐに汚します。

気軽に洗濯できない、ニットやレース、スパンコールなどの装飾がついたものは、お勧めしません。

出産祝いは、ママの好みも大切ですが、赤ちゃんにとって使いやすいものを選んであげて下さいね。

まとめ

私は3回の出産経験がありますので、出産祝いも3回頂きました。

一番多かったのは、やはり「ベビー服」です。

冬のアウターや、夏のワンピースなども頂きましたが、その服を着る季節に、その服のサイズに子供が成長していないor成長して着れなくなってしまった、ということもたくさんあって、一度も着なかった、という服もあります。

そう考えると、一年先を見越した服を贈るより、すぐに着れる服の方が役に立つのではないか、と思います。

私の場合、あまり高級なブランドの服は、もったいなくて着せる機会が少なかったり、デザインが凝りすぎて着回ししにくかったり、デザインが地味過ぎたり、あまり役に立たないものが多かった気がします。

逆に、私が嬉しかったのは、デザインはシンプルだけど、オーガニックコットンだったり、ガーゼ生地だったり、肌触りのいい上質な生地で作られた肌着やロンパースです。

ママの好みも大切ですが、実際に使うのは赤ちゃんなので、赤ちゃんのことを最優先に考えたものを選ぶと喜ばれると思います!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加