妊娠すると「抜け毛」が増える理由は?

妊娠してから「抜け毛が増えた」と感じている方はいらっしゃいませんか?

私は、妊娠中より「産後」に抜け毛を実感しましたが、妊娠中から抜け始める方もいるようです。

女性にとって(男性でもそうですが)髪の毛はとても大切なものですから、髪の毛が少なくなってしまうことは精神的に大きな負担となります。

しかし残念ながら、妊娠中の抜け毛の主な原因は「女性ホルモン」であるため自力ではどうすることもできないのです。

「期間限定の抜け毛」をカバーするために、あれこれ工夫しながら乗り切って行きましょう!

今回は「妊娠中の抜け毛の原因」と「髪の毛の薄さをカバーする髪型」について調べてみました。

スポンサーリンク

妊娠すると抜け毛が増えるのはなぜ?

妊娠中、髪の抜け毛に悩む女性は少なくありません。

なぜ妊娠すると抜け毛が増えてしまうのでしょうか?

抜け毛の原因はいくつかありますので見て行きましょう。

1、女性ホルモンの増加

抜け毛の原因は、妊娠中に起こる「エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンの分泌が増加」が大きく関わっています。

この二つの女性ホルモンのうち、プロゲステロンには「毛髪の成長を促進したり維持する役割」があります。

「それならば、抜け毛どころか、髪の毛が早く伸びたりフサフサになるのでは?」と思いがちですが、実はそうではないのです。

このプロゲステロンが急激に増加することで「ヘアサイクル(髪の生えかわり)の周期が非妊娠時より早くなる」ため、抜け毛が多くなってしまうのです。

2、栄養不足

妊娠後期に入り胎児が大きくなってくると、大きくなったお腹に胃が圧迫されて「食欲が低下」することがあります。

また、妊娠後期はお腹の赤ちゃんが急激に成長する時期でもあります。

このように、母体が十分な栄養を摂取できなかったり、食べた栄養が胎児の成長へと優先的に使われてしまうと、髪の毛まで栄養が届きにくくなります。

すると、髪の毛が栄養不足となり抜けやすくなるのです。

妊娠中の抜け毛はいつから始まりいつまで続く?

妊娠中の抜け毛の原因は「女性ホルモンバランスの一時的な乱れ」が原因ですから、妊娠中の抜け毛は「妊娠初期」から起こると考えられます。

また、髪への栄養が不足しやすくなるのはお腹が大きくなる頃ですから、「妊娠後期」から抜け毛が気になり始める方もいらっしゃいます。

さらに、出産後の大幅な女性ホルモンの減少によって、「産後から抜け毛が増えた」と感じる方も多数いらっしゃいます。

つまり、妊娠中に抜け毛が始まるのは「人それぞれ」ということになります。

では妊娠中あるいは産後の抜け毛は、いつまで続くのでしょうか?

抜け毛が気にならなくなるのは、「ホルモンバランスが整ってくる頃」です。

つまり、抜け毛が始まる時期と同様に、抜け毛が治まる時期も個人差があります。

髪の毛が抜け始めると「いつになったら抜けなくなるのだろう」と不安で仕方がないと思いますが、「時間が経てば回復する」ことが一般的ですから気にし過ぎないことが大切です。

妊娠中の抜け毛の原因はホルモンバランスだけではない?

妊娠中の抜け毛の主な原因は「女性ホルモンバランスの乱れ」と「髪の毛の栄養不足」ですが、それだけではないようです!

女性の抜け毛・薄毛の原因には、

●シャンプーのやり過ぎによって、頭皮が乾燥している

●ストレスによって自律神経が乱れ、血行不良になっている

●パーマやカラーリングで、頭皮がダメージを受けている

など、ホルモンバランス以外の要因もあるそうです。

女性ホルモンは自力でコントロールできませんから「抜け毛対策」にあなたができることは、

◆頭皮を傷つけない頭皮ケアを行う

◆ストレスを溜めない

◆疲労を回復させる

◆十分な睡眠を取る

◆十分な栄養を取る

ことでしょうか。

これで「抜け毛が劇的に治まる」わけではありませんが、髪の成長を促すことに繋がるかと思います。

スポンサーリンク

妊娠中の抜け毛をごまかすには前髪がポイント?

妊娠中の抜け毛は「自然と治る」とわかってはいても、女性にとって髪の毛が抜けることはとてもショックなことです。

妊婦さんの中には、「鏡を見るのもイヤ」「外出が苦痛」と感じる方もいらっしゃるでしょう。

ここでは、抜け毛のストレスを減らすために「抜け毛をカバーするヘアスタイル」のポイントをいくつかご紹介したいと思います。

・前髪をアレンジする!

妊娠中の抜け毛と言っても、特に「前髪や生え際の薄さが気になる」という悩みが多いようです。

このようなときは、前髪を工夫してみましょう。

お勧めなのは、頭頂部からおでこに髪を流して「前髪を厚めにする」ことです。

前髪を多めに作るとボリュームがアップして見えます。

・分け目をかえる!

髪の毛の「分け目」の部分が薄くなってしまい頭皮が見えて気になる場合は、髪の分け目の位置を変えてみましょう。

あるいは、はっきり分け目を付けないヘアスタイルがお勧めです。

・髪を短くする

思い切って、ショートヘアにしてみるのもいいでしょう。

ロングヘアの場合、髪の毛の重さで余計にぺたっとした感じになり、分け目が目立ちやすくなります。

ショートやミディアムヘアなら全体的に軽くなり、薄毛があまり気にならなくなりますよ。

・カチューシャや帽子でおしゃれに!

幅広のカチューシャや帽子などを使うと、簡単にごまかすことができます。

カチューシャであれば、気になる分け目や生え際をカバーできる上、カチューシャのデザインやつけ方によっておしゃれを楽しむこともできます。

実は私は頭のサイズが大きいので、カチューシャを長時間つけていると痛くなってしまう上、頭がさらに大きく見えてしまいます(泣)。

「カチューシャが似合わない!」とお困りの方には「医療用の帽子」がお勧めです。

医療用の帽子とは、頭部を手術した後に頭部を保護したり、円形脱毛症や薬物治療の副作用による脱毛をカバーする目的で作られた防止です。

頭皮が弱い方でも安心して使えるよう肌に優しい素材でつくられており、室内や就寝中でも着用できるほどかぶり心地がよく締め付け感がないのが特徴です。

デザイン豊富でとってもおしゃれな医療用の帽子 がたくさんありますので、ぜひ普段使いしてみて下さい!

おわりに

私は妊娠中よりも産後に抜け毛がひどくなりましたが、多かれ少なかれ妊娠・出産を経験する女性には起こることですから気にしないようにしましょう。

産後は、授乳や赤ちゃんのお世話で髪のお手入れをする時間が限られますから、今のうちにお気に入りの帽子やヘアアクセサリーを見つけておくと産後も重宝すると思います!

余談ですが「妊娠中に抜け毛が多いと、男の子が生まれる」という言い伝えを聞いたことがありますか?

おそらく、薄毛は男性に多いことから「抜け毛が多い=男性ホルモンが多い」⇒「お腹の赤ちゃんが男の子だとママの体に男性ホルモンが増えるから毛が抜ける」というイメージなのでしょう。

もちろん、「妊婦さんの抜け毛」と「胎児の性別」に医学的根拠はありませんが・・・。

お腹の赤ちゃんを授かった幸運と引き換えに髪の毛を失うのは仕方がないと割り切って、あまり深刻に考えないようにして下さいね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加