妊娠してから肋骨や背中が痛い!肋骨痛の対策は?

妊娠すると色々なトラブルに悩まされるものですが、その一つに「肋骨痛」というものがあります。

肋骨とは、いわゆる「あばら骨」のことで「胸部の内臓を覆っている骨」のことを指します。

「肋骨と妊娠」ってあまり関係がないように思えますが、実は肋骨の痛みに悩まされる妊婦さんは多いのです!

私自身、妊娠中は肋骨の下方の痛みに悩まされました。

なぜ、妊娠中は肋骨が痛くなるのでしょうか?

今回は「妊娠中の肋骨痛の原因と対策」についてご紹介して行きます。

スポンサーリンク

妊娠中の肋骨の痛みの原因は?

妊娠するとどうして肋骨が痛むのか・・・想像できますか?

妊娠中の肋骨痛の原因はいくつかありますのでご紹介します。

お腹が大きくなるから

妊娠中の肋骨痛の最大の原因は「お腹が大きくなるから」です。

子宮が大きくなるにつれて内臓が圧迫され、肋骨が無理に広がってしまうことによって痛みが発生するのです。

さらに、妊娠後期に入って赤ちゃんが大きくなってくると、赤ちゃんの手足が肋骨に当たってしまい、肋骨まわりがズキズキと痛んだりしびれを生じること出て来ます。

特に肋骨の下あたりに痛みを感じることが多く、肋骨痛は背中にまで及ぶこともあります。

ホルモンの変化

お腹がまだ大きくならない初期や中期に肋骨痛を感じる場合は、妊娠によって起こるホルモンバランスの変化が原因になっていると考えられます。

(「妊娠中の腰痛の原因と対処法は?」「妊娠中の恥骨痛はいつから?原因と対策法は?」に関連記事を書いています。)

カルシウム不足

妊娠中は、母体の栄養が優先的に赤ちゃんへ送られます。

特に母体がカルシウム不足になると肋骨痛の原因になるようです。

ストレス

ちょっと意外ですが、ストレスも肋骨痛の原因の一つとして考えられています。

妊娠中は、お産のことや育児のことなど悩みが尽きませんから、精神的な負担が身体の痛みを悪化させている場合もあります。

(「妊娠中のストレスは腹痛を招く?上手な発散法は?」に関連記事を書いています。)

妊娠中は肋骨にヒビが入ることも?

肋骨の痛みを訴える妊婦さんは多く、妊娠中の肋骨痛というのはそこまで珍しいことではありません。

しかし肋骨痛の中には、肋骨に「ヒビ」が入ってしまっているケースもあるので注意が必要です。

妊娠中はただでさえ肋骨に負担がかかっていますので、普段何気なくやっている「くしゃみ」や「咳」によって肋骨骨折を起こすことがあるのです。

また、妊娠中は上の項目で説明したようにカルシウム不足に陥りやすい時期なので、普段よりも骨が弱くなっており、普段では考えられないような些細なことでヒビが入ってしまうことがあります。

肋骨痛がひどくなると病院を受診すべきかどうか迷いますが、妊娠中は多かれ少なかれ肋骨痛が生じるものなので、急いで病院を受診する必要はありません。

しかし「痛くて立てない」もしくは「激痛で眠れない」など日常生活に支障が出てきた場合は、病院を受診しましょう。

肋骨痛で病院を受診した場合、一時的な対処法として「湿布」が処方されることが多いようです。

ただ、湿布の中には「妊娠中は使用できないもの」もありますので必ず医師に妊娠中に使えるものかどうかを確認して下さい。

(「妊娠初期の腰痛に湿布を使うのは危険!?」に関連記事を書いています。)

残念ながら、病院に行ったところで肋骨痛の根本的な解決にはなりませんので、次にご紹介する対処法を参考に「肋骨の負担を減らす方法」について色々と試してみて下さいね。

妊娠中の肋骨痛の対策は?

妊娠中の肋骨痛を和らげるには、まずはゆっくりと休むことが大切です。

とにかく安静にして、痛みが引くのを待ちます。

また、カルシウム不足にならないよう、小魚、大豆、緑黄色野菜などカルシウムを豊富に含む食品を積極的に取り入れましょう。

さらにストレスを溜めないよう、不安や気がかりなことはパパや周囲の人に打ち明けて、なるべく一人で抱え込まないようにして下さい。

また、アロマを焚いたりハーブティーを飲んだり、あるいはゆっくり湯船に浸かることでリラックスすると痛みが気にならなくなる場合もあります。

自分に合った方法でゆったりと妊娠期間を過ごせる工夫をしましょう。

上記のような生活を心掛けたうえで、肋骨痛を緩和するには次のことを試してみて下さい。

骨盤ベルト

なるべく安静に過ごしても「それでも辛い」という場合は骨盤ベルトがオススメです。

骨盤ベルトといえば腰をサポートするアイテムというイメージが強いのですが、実は肋骨のサポートにもつながるのです。

お腹が大きくなるとどうしても背中が反り気味になって来ますので、姿勢が崩れてしまい妊娠中の体の痛みの大きな原因となってきます。

つまり、正しい姿勢を保てる骨盤ベルトを使用することで、身体の負担を減らして痛みを緩和することができるのです。

特に、骨盤ベルトを早い時期から使用することで、肋骨痛のほか腰痛や恥骨痛の予防にもつながります。

妊婦さんの多くは安定期の時期から使用を開始する人が多いようですが、どうせ使うのであれば買いうちに購入してたくさん活用した方が良いですね。

(「妊娠中の骨盤ベルトはいつから必要?装着位置は?」に関連記事を書いています。)

ストレッチ

身体を伸ばして痛みを軽減させるストレッチも一つの手です。

ストレッチは、妊娠中の体重維持や安産に役立つほか、呼吸法を身に着けておけばお産の際に役立てることができます。

また、ストレッチをすると血行促進にもつながるので冷えの改善にも繋がります。

ストレッチにもいくつかやり方がありますが、胎動で肋骨痛が辛い場合に試して頂きたいのは「猫のポーズ」です。

やり方はこちらです。

<猫のポーズのやり方>

1、四つん這いになり、頭を下げてお尻から背中にかけて猫のよう丸めます。この時息を吐いてください。

2、次に、息を吸いながら背中を反らします。

3、①と②を繰り返すだけです。

この猫のポーズは簡単な上に、「赤ちゃんの位置を変えることができる」というメリットもあります。

安静が必要な妊婦さんでストレッチができない場合は、お腹のうえに手を添え軽く揺さぶると赤ちゃんが移動してくれる場合もあるようです。

赤ちゃんの位置を少しでも変えることで、肋骨の激痛を回避することができるかもしれませんよ!

スポンサーリンク

妊娠中に肋骨痛がひどいと出産はどうなるの?

肋骨痛があっても、基本的に自然分娩で出産できます。

ただ、出産時にいきむ際に肋骨にかなりの負担がかかりますので、肋骨骨折をしている場合は、帝王切開になるケースもあります。

(中には自然分娩で出産をしたというママもいらっしゃるようですが…)

また、肋骨骨折までしていなくても「肋骨神経痛」であることもあります。

肋骨神経痛も自然分娩が可能ですが、肋骨神経痛は痛みが強く産後も治りにくい厄介なものだそうです…。

肋骨骨折や肋骨神経痛の場合は、担当医とよく相談しながら妊娠中の過ごし方や出産についてよく話し合って下さい。

おわりに

私も妊娠中の肋骨痛を経験しましたが、特に病院を受診したり湿布を貼るようなことはせず乗り切ることができました。

ただ、双子を妊娠していた知人は肋骨痛がかなりひどかったようで、お腹の中で赤ちゃんが動くたびに「イテテテ!」と悲鳴を上げていましたよ。

多胎妊娠や赤ちゃんの大きさ、赤ちゃんが活発に動くかどうかによって、肋骨痛の程度も変わってくるようです。

出産までの辛抱とは言え痛みを抱えて過ごすのは辛いことですから、骨盤ベルトやストレッチなどを取り入れながら、少しでも痛みが軽くなる方法を試してみて下さいね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加