妊娠中の風邪!咳や鼻水を改善するには?

妊娠中は、免疫力が低下するために、妊婦さんの体は風邪を引きやすい状態になっています。

風邪の症状の中でも、長引きやすいのが、咳と鼻水ではないでしょうか?

ひどい場合は、1カ月以上も咳が続いたり、鼻が詰まって夜も眠れないということもあるかと思います。

妊娠中は薬が飲めないので、風邪の症状も長引きやすく、体力が低下してしまう可能性も否定できません。

そんな妊娠中の風邪に「咳や鼻水を改善する方法」についてご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中の風邪!咳で流産する!?

妊娠に風邪をひいて「咳が止まらない!」とお困りの方はいらっしゃいませんか?

咳が続いたり、激しく咳き込むのは、体力を消耗しますし、お腹への負担が気になります。

咳の影響で、お腹に負担がかかり過ぎた場合、「流産」や「早産」に繋がる可能性が、否定できません。

なぜなら、咳き込むことで、お腹に力が入り、お腹が張りやすくなったり、お腹が張るせいで子宮頚管が短くなってしまった場合、流産や早産を引き起こす可能性がある、と考えられるからです。

実際に、妊娠後期で出産が近い妊婦さんの場合、激しい咳き込みで、破水し、そのまま出産に繋がるケースもあるそうです。

激しい咳は、流産や早産に「直接」繋がる訳ではありませんが「間接的に」影響を及ぼすことが考えられますね。

妊娠初期においては、風邪で咳き込んだ場合、まだお腹が張る時期ではありませんし、万が一流産した場合でも、流産の原因は、母体ではなく、赤ちゃん側に問題があると言われています。

妊娠初期の咳と流産は、関係ないようです。

スポンサーリンク

妊娠中の風邪!咳や痰や鼻水が止まらないときの対処法は?

妊娠中に咳や痰や鼻水が止まらなくなったとき、どのように対処したらいいのでしょうか?

そもそも、咳が出るのは、喉に付いたウイルスや細菌を、体から排出するために起こります。

鼻水も同様に、体内の不要なものを排出していることになります。

咳や鼻水を止めてしまうと、風邪の回復が遅れますので、止めるのではなく、出しやすくするようにしましょう。

咳や鼻水を出しやすくするためには、次のことをお試し下さい!

○加湿する

喉が乾燥すると、咳が出やすくなります。

加湿器を使ったり、濡れタオルを干したり、マスクをしたり、とにかく加湿しましょう。

また、お風呂やシャワーは、湯気の作用で、鼻が通りやすくなります。

体力が低下していなれば、お風呂にゆっくり浸かるといいでしょう。

○水分補給する

妊娠中は、水分が不足しがちです。

体が脱水ぎみになると、咳が出やすくなりますので、こまめに水分を取るようにしましょう。

栄養価が高く抗酸化作用のあるルイボスティなら、体が温まってお勧めです。

○睡眠時は頭を高くする

夜の咳き込みが強い場合は、枕を高くするなど、上半身を高めにすると、呼吸が楽になります。

同様に、上半身を高くすると、鼻の通りがよくなります。

○咳や鼻水に効果的な食品を取る

<大根>

大根には、咳止め、痰切り、殺菌作用、炎症を抑える作用があります。

特に、大根おろしには、消化を助ける酵素が含まれるので、風邪で弱った胃腸をサポートします。

<生姜>

生姜には、咳止め、痰切り、殺菌作用、炎症を抑える作用がるだけでなく、体を温める作用もあります。

体を温めることで、免疫力アップに繋がりますので、風邪の回復を早めるだけでなく、風邪予防にもなります。

<はちみつ>

はちみつには、殺菌効果があるので風邪の菌をやつけてくれるでしょう。

また、はちみつは喉を潤してくれるので、咳の軽減に役立ちます。

そのまま舐めてもいいですし、はちみつ大根を作ったり、生姜湯に入れるのも、お勧めです。

<ビタミンC>

ビタミンCは、免疫力を高めてくれますし、ビタミンAは喉や鼻の粘膜を保護する働きがあります。

果物や緑黄色野菜を、意識して取るようにしましょう。

加湿に気を付け、これらの食品を取り入れならが、しっかりと休養を取れば、しだいに快方に向かうと思います。

咳や鼻水が出るときは、冷たいものは控え、とにかく温まることです!

(「妊婦さんの風邪に効く食べ物は?」「妊娠中の風邪と熱!赤ちゃんへの影響は?」「妊娠中の風邪!喉が痛いときの対処法は?」に関連記事を書いています。)

まとめ

妊娠中に風邪を引くのは仕方がありませんが、咳はやっかいですよね?

咳がひどくなると、お腹に圧力がかかって、妊娠中期以降に入ってくると、お腹が張りやすくなってきます。

また、咳で夜も眠れなくなると、体力も消耗してしまいますよね?

夏風邪も困りますが、冬は特に乾燥しているので、咳が出やすくなります。

特に寝ているときは、ほこりなどの影響もあって、咳き込みがひどくなって、困りますよね…。

冬場の時期、私は加湿器の代わりに、洗濯物を室内に干していました。

家族全員の洗濯物を干していると、かなり湿度が上がって、喉が潤いますよ!

喉や鼻だけでなく、肌も潤うので、家の中では「乾燥知らず」でした!

もちろん、加湿器があればベストですが、すべての部屋に置くことも難しいと思いますので、そんなときは、洗濯物を干したり、鍋にお湯を沸かしておいて置くなど、工夫してみて下さい!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加