【夫向け】妊娠中の妻にイライラ!わがままな妻への接し方は?

妊娠中の女性は、体も心もデリケートなときです。

妊娠初期は「つわり」によって肉体的に辛いものですし、妊娠後期は「大きなお腹」のせいで体中のあちこちが痛むようになります。

さらに、「ホルモンバランス」が大きく崩れることによって情緒不安定になりやすいうえ、体形の変化も受け入れなければなりません。

このように、女性として大きな変化を乗り越えている妻は、ちょっとしたことでイライラしやすく、つい一番身近にいる夫へ不満をぶつけてしまいがちです。

夫としては「妊娠中の妻はこれまでとは別人のようだ」と感じ、「どのように扱えば良いかわからない!」と悩んでしまう人もいらっしゃるのでは?

でも安心して下さい。

妊娠中の妻の扱いに困っている男性はあなただけではないのです!

今回は男性の立場に立ち「妊娠中の妻にイライラするときの対処法」についてご紹介して行きます。

スポンサーリンク

妊娠中の妻にイライラ・うざいと感じるのはどんなとき?

たとえ愛する妻であっても、時には妻の態度にイライラしたりうざいと感じるのは仕方がありません。

では、どんなときに夫はイライラを感じるのでしょうか?

ここでは、夫が妊娠中の妻にイライラを感じるシーンについて見て行きます。

寝てばかりで家事をしないとき

まず妊娠して一番最初に感じるイライラは「妻のつわりによる体調不良」。

具合が悪く寝てばかりの妻を見て、もちろん夫はいたわりの気持ちを抱くことでしょう。

しかし、そんなつわりの期間はすぐには終わりません。

つわりだから仕方がないと頭では分かっていても、毎日寝てばかりいる妻を見て「だらしがない」と感じてしまうことがあるでしょう。

また、仕事が終わり疲れて家に帰っても、家の中は散らかったままで食事も出てこないとなると、「妻が家事を手抜きしているのではないか」とついイライラしてしまうようです。

(「【夫向け】妊娠中の妻が寝てばかりでイライラ!太り過ぎで心配!」に関連記事を書いています。)

妻の気分がころころ変わるとき

この時期の女性は、精神的にもナイーブな状態です。

そのため、妻がちょっとしたことで腹を立てたり、逆に落ち込んだりと、妻の気分はころころ変わります。

そんな気分屋の妻に夫はイライラし、夫婦で話し合おうと思ってもまともに話し合うことができず、しだいに夫は不満が溜まって行くでしょう。

普通の何気ない会話ですらも「何よそれ!」と急にヒステリックに怒り出す妻を相手に、夫はイライラするようです。

そんな精神的に不安定なつわりを経て安定期を過ぎると、今度はいよいよ出産が近づいてきます。

この時期になるとようやく夫婦仲も安定して、夫婦の結束が強まる時期なのですが、この時期の妻もまた扱いにくいのです。

なぜなら出産間近の女性というのは、出産への恐怖心や子育てへの不安感などを抱えているからです。

「出産のことで頭がいっぱいで、いつもお腹の赤ちゃんの話ばかり!」と妻をうざく感じてしまうことがあるかもしれません。

妊娠や出産というのは、男性にとって未知の世界ですから、妻の態度や発言が理解できずイライラやストレスをためてしまうのは、あなただけではないようです。

妊娠中の妻が冷たい!わがままになった妻への接し方は?

妊娠してから、妻の態度にイライラすることが増えたかもしれません。

もしもあなたが妻に対し「イラっ」と来たときは、感情に任せて怒るのではなく、まずは深呼吸して落ち着きましょう。

そして、「妊娠中の妻がこれまでに比べて情緒不安定になるのは仕方のないことだ」ということを思い出して下さい。

特につわりの期間はニオイのせいで洗濯や料理ができなくなってしまうのはよくあることだと認識し、「今はこういう時期!」と割り切って、何かを解決しようとせずに、出来るだけ衝突しない方法を見つけていきましょう。

例えば、妻が食事の準備ができないのであれば、食事は外で済ませて来ればいいのです。

また「何か買って帰ろうか?」といった心遣いの言葉1つも良いでしょう。

そして、少しでもいいので家事を手伝ってあげられるといいですね。

特に、お腹が大きくなってくると、お風呂掃除や高いところに洗濯物を干すのは大変になってきますから、週末だけでもやってあげてはみてはいかがでしょうか。

これは、妻を甘やかすと考えるのではなく、気遣うと考えて下さい。

妊娠は病気ではありません。

ただ、妊娠特有の症状(つわり、頭痛、腰痛、腹痛など)は、人によっては地獄のように苦しいものなのです。

女性は終わりが見えない辛さと日々戦い続けているわけですから、精神的にもかなり追い詰められているはずです。

妻の小言が多くなっても、ある程度我慢して受け流すようにしましょう。

スポンサーリンク

妊娠中の妻が家出?喧嘩を仲直りするには?

妊娠中の妻の態度やわがままに対して「大目に見てあげよう」と頭ではわかっていても、夫婦喧嘩が勃発することはもちろんあります。

中には、夫婦喧嘩がヒートアップし、妊娠中の妻が家出してしまうケースがあるかもしれません。

例えば、喧嘩の後に妻が実家に帰ってしまったり、どこか知り合いの家に行って帰ってこない場合や、近所のコンビニなどで時間をつぶししばらくして戻ってくる場合などいろいろなパターンがありますが、妻が怒って家を飛び出してしまった場合、どう対処すれば良いのでしょうか。

まず、もしもあなたが「すぐに仲直りをしたい」のであれば「謝る」ことが一番です!

これしかありません。

というのも、先程もご説明したように、妊娠中の女性はホルモンの影響でイライラしたり落ち込みやすい状態なので、男性側が折れるのが一番の解決策なのです。

「妻を説得し、態度を改めさせよう」「妻の考えを変えさせよう」なんて思っても、話が余計にややこしくなり喧嘩がこじれるだけです。

たとえ喧嘩の原因が妻にあったとしても、まずは今の妻の状況を受け入れ、喧嘩をしたことについて謝ってしまいましょう。

また「面と向かって謝るのは照れ臭い」「妻に非があるのだから謝るのはちょっと…」という人は、妻の体を気遣う一言や赤ちゃんを気遣う言葉をかけてあげてみて下さい。

一緒に赤ちゃんの将来について話したりして、これから先の明るい未来について話してみませんか?

そうすることで、あなたから謝罪の言葉がなくても、あなたが仲直りを望んでいることは妻に伝わるはずです。

妊娠中の女性は、誰でも不安や悩みを抱えているものですが、そんなときに支えてほしいのは、やっぱり夫です。

他の誰でもない、パートナーに一番に心配して欲しいものなのです。

ですから、あなたの気遣いのあるひと言や気持ちが妻に伝われば、妻はまたあなたの元へ帰って来るはずですよ!

おわりに

夫婦にとって初めての妊娠であれば、妻だけでなく夫だって初めて経験することばかりです。

夫の体は変化しないものの、妻の体や心の変化を目の当たりにして、どう向き合って行けばいいのかわからないと戸惑うこともあるでしょう。

妻の妊娠をきっかけに男性が情緒不安定になることもありますので、「今はこういうときなのだ」と割り切って、旦那さんもストレスを溜め込まないよう心掛けて下さいね。

(「夫がマタニティブルー?妻の対応は?」に関連記事を書いています。)

私は妊娠中、つわりを通り越して妊娠悪阻となり入院する羽目になりました。

「夫は元気なのに、なんで私だけこんなつらい目に合わないといけないのだろうか」と夫に八つ当たりをしたりメソメソ泣いたりしたことがあります。

きっと夫も、私の発言や態度にイライラしつつ、ガマンしていたのでしょう。

もちろん、お互いガマンの限界が来たときは、たとえ妊娠中であっても派手な夫婦喧嘩をしましたが・・・。

妊娠は、一生続くものではありません。

いずれ「元の妻」に戻る日が来るはずですから、それまでの辛抱です!

お腹の赤ちゃんもママやパパの声をしっかり聞いているのですから、夫婦喧嘩の声よりも、仲の良い会話が聞こえた方が安心するはずですよ!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加