妊娠中の歯肉炎の治し方!原因と予防法は?

妊娠してから、歯磨き中や歯磨き後に「血が出る」ことはありませんか?

妊娠すると、つわりで歯磨きするのが困難になったり、味覚が変わって酸っぱいものばかり食べたくなったり、食欲が増えてほぼ一日中食べ物を口にしていたり、甘いものばかりが食べたくなったり・・・と口内環境が悪くなりがちです。

口内環境が悪くなると、まず思い浮かぶのが虫歯ですが、実は虫歯と同じくらい放置してならないのが、歯周病です。

歯周病の第一歩が、歯肉炎ですが、実は妊婦さんは歯肉炎になりやすく、妊娠中の歯肉炎は流産や早産の原因になるともいわれています。

無事な出産を目指すためにも、歯肉炎は無視できないものなのです。

今回は、「妊婦さんが歯肉炎になりやすい原因と予防法」や「歯肉炎と流産・早産の関係」についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

妊娠中の歯茎の腫れは歯肉炎かも!?

妊娠してから、歯茎の腫れが気になりませんか?

また、りんごなどの硬いものを食べたとき、歯茎から出血しませんか?

歯茎の腫れや歯茎からの出血が見られたら「歯肉炎」かもしれません!

歯肉炎とは、歯茎が腫れる症状のことを言います。

歯肉炎になると、歯茎が腫れるだけでなく、歯茎が赤くなったり、歯茎から出血したり、さらには口臭が見られることもあります。

歯肉炎は、大人だけでなく、子供にも起こる身近な症状です。

歯肉炎の原因は、ずばり「歯垢(歯の汚れ)」です。

つまり、歯磨きが上手にできていないことが原因です。

歯肉炎を放置しておくと、歯周病へと進行していく可能性がありますので、歯肉炎を安易に考えるのはよくありません。

もう一つ、妊娠中に歯茎が腫れる症状に「妊娠エプーリス」というものがあります。

これは、歯茎にコブのような塊ができる症状です。

妊娠エプーリスは、妊婦さん特有の症状であり、出産後は自然と消えてしまうので心配する必要はないそうです。

妊娠中の歯肉炎で頭痛がする?

妊娠中は、さまざまなマイナートラブルに見舞われることがあります。

多くの妊婦さんが悩まされるトラブルの一つが「頭痛」ですが、実は、歯肉炎によって頭痛が引き起こされることもあるのです。

歯肉炎になると、歯茎が腫れたり痛くなってくるため、痛くない側ばかりで噛むようになったり、かみ合わせが悪くなって来ます。

このような不自然な噛み方をしていると、あごの筋肉が疲労し、偏頭痛を起こす原因となってしまうのです。

頭痛がひどい妊婦さんは、口の中の状態もチェックしてみてください。

スポンサーリンク

妊娠中の歯肉炎!女性ホルモンが原因なの!?

妊娠中の歯肉炎の原因は、しっかり歯磨きができていないこと、つまり口の中に歯垢が残っていることです。

しかし、それ以外にも「妊娠特有の原因」があるのです。

妊娠中の歯肉炎を「妊娠性歯肉炎」と言い、妊娠中の歯肉炎の原因は「女性ホルモン」も関係しています。

妊娠中に増加する女性ホルモンは、歯周病菌のエサとなります。

そのため、妊娠中は歯周病菌が育ちやすく、増殖しやすいため、妊婦さんは歯肉炎になりやすいのです。

特に妊娠中期以降に歯茎の腫れや出血などの症状がみられる方が多く、妊婦さんの50%に口内の異常が見られるそうです。

女性ホルモンの影響はこれだけではありません。

女性ホルモンは、唾液をネバネバした性質に変化させます。

ネバネバした唾液では、食べかすを流すことが難しくなり、歯垢が残りやすいことも歯肉炎の原因の一つになっています。

このほか、妊娠中は、免疫力が低下するために細菌が繁殖しやすくなったり、つわりや食の嗜好の変化によって、甘いものばかり食べてしまうことも原因です。

また、妊娠中期以降お腹が大きくなってくると、息苦しさのあまり無意識に口呼吸が増えてしまうと、口内が乾燥して歯肉炎を招きます。

妊娠中の歯茎の異常は、必ずしも歯肉炎とは限りませんが、妊婦さんは歯肉炎になりやすい体であることを理解し、できる限り防ぐよう心がけましょう。

妊娠中の歯肉炎の治し方は?

妊娠中の歯肉炎を改善するには、どうしたらいいのでしょうか?

妊娠中の歯肉炎の原因はさまざまですが、一番大きな原因は歯垢が残っていることです。

そのため、歯肉炎の予防・改善は「毎日の歯磨き」で実現できます!

歯肉炎を予防・改善するための、歯磨きのやり方はこちらです。

歯肉炎を予防する歯磨きのやり方は、歯ブラシを歯茎に直角に当てて、歯と歯茎の境目を磨くことです。

その際、強くこするのはよくありません。

毛先が広がらないくらいの優しい力で、小刻みにブラシを動かし、時間をかけて丁寧に磨いてください。

また、歯垢は歯と歯の間にも残りやすいので、歯ブラシだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシを使うといいでしょう。

歯茎が腫れていて痛みがあったり、出血があったとしても、しっかりブラッシングを行ってください。

歯茎もしっかりブラッシングすることで、歯茎がマッサージされ、歯茎の血流がよくなります。

そして、歯肉炎を予防するには、歯ブラシの選び方も大切です。

毛の硬い歯ブラシですと、歯茎が傷ついてしまいますので、毛のやわらかいものを選びましょう。

歯と歯の間や、歯と歯茎の境目に歯ブラシが入るよう、毛先の先端が細いものがお勧めです。

しかし、毛先が細いと、ブラシの力が弱いというデメリットがありますので、ブラシの毛の量が多く密度が濃い歯ブラシを選びましょう。

さらに、歯磨きの際に使う歯磨き粉に注意してください。

歯磨き粉に含まれる、発泡剤は泡立ちをよくしてくれますが、「しっかり磨いた気分」になってしまうのです。

発泡剤が含まれていない歯磨き粉にしましょう。

歯ブラシの補助として、洗口液を使っている方もいらっしゃるかと思いますが、洗口液だけで歯肉炎を改善することはできません。

洗口液に頼りすぎず、基本は歯磨きであることを忘れないでくださいね。

歯肉炎の予防・改善には歯磨きが大切ですが、食生活も大切です。

特に、甘いもの食べすぎは注意が必要です。

なぜなら、血液中に糖分が多いと歯肉炎になりやすいからです。

甘いものを控えた食生活を行うことは、歯肉炎の予防につながると言えます。

妊娠中の歯周病は流産・早産を引き起こす?

妊娠中の歯肉炎は、歯茎の腫れや痛み、出血など、不快な症状が出てきますが、それだけではないのです!

歯肉炎が進み、歯周病へと進んだ場合、流産や早産を引き起こすと言われているのです。

アメリカの調査によると「歯周病は早産の危険因子の一つである」という報告がされており、歯周病による流産や早産のリスクは、歯周病でない人と比べると、7.5倍にも上がるそうです!

その理由は、もし歯周病菌に感染し炎症が起きてしまうと、体内である物質の分泌が増えるのですが、ある物質の中には、子宮の収縮を促すものがあるからだそうです。

つまり、炎症によってある物質が増え、子宮の収縮が起き、陣痛につながってしまうというわけです。

もちろん、「歯周病と早産の関係はない」という報告もありますので、事実が明らかになるにはまだ時間がかかりそうですが「歯周病が流産・早産のリスクとなる可能性がゼロではない」のであれば、予防しておくに越したことはありませんね。

まとめ

私は妊娠中のつわりの時期に、歯磨きのたびに出血していたことがありました。

つわりのせいで、しっかり歯を磨くことができず、口内環境は非常に悪かったと思います。

歯茎が腫れるような歯肉炎の症状はありませんでしたが、口内炎がたくさんできました。

きっと、免疫力が落ちていたことも原因の一つだったと思います。

女性ホルモンの分泌が増えたり、唾液の性質が変化したり、味覚が変化するのは生理現象なので仕方ありませんが、つわりが治まったらなるべくこまめに歯を磨くように心がけてください。

歯肉炎は、自分で予防・改善できるものです。

妊娠中は、何をするのもおっくうに感じることもありますが、お気に入りのデンタルケア用品を見つけて、毎日コツコツ歯磨きを続けてくださいね。

あなたのブラッシング次第で、あなたの健康も赤ちゃんの健康も守られるのですから!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加