妊娠初期症状?おりものの色とにおいは?

前回の生理開始日から受精後までを「妊娠超初期」といい、生理予定日以降を「妊娠初期」と言います。

妊娠が成立した場合、受精直後の妊娠超初期から、体内では大きな変化が始まっています。

しかし、妊娠超初期症状や妊娠初期症状は、風邪の症状に似ていることもあり「ただの体調不良なのか?」「妊娠のサインなのか?」を見分けることは難しいと思います。

自分で気付くことが難しい妊娠初期症状ですが、その中でも比較的自覚しやすい症状に「おりものの変化」があげられます。

おりものは生理周期によって変化するのですが、妊娠するとおりものに変化が見られるのですよ!

微熱が続いたり、風邪のような症状と同時に「いつもと違うおりもの」だったら妊娠のサインかもしれません!

今回は「妊娠初期症状と生理前のおりものの違い」についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

おりものって何?

おりものとは、膣内の分泌物のことであり、膣内を清潔に保ったり、受精をサポートする役目があります。

おりものは、生理周期によって量や質が変化します。

通常、生理後から排卵に向けておりものの量は増加していき、排卵後から生理が始まるまでにおりものの量は減っていきます。

おりものの量の増減に伴い、おりものの質も、さらさらとしていたり、どろっとしていたり、性質が変化します。

おりものの状態を常にチェックしておくことで、体調の変化や妊娠のサインに気づくことができます。

妊娠初期症状のおりものの色は?黄色?茶色?

普段からおりものチェックをしている方は、おりものの状態が「いつもの生理前のおりもの」と異なっていたら妊娠初期症状かもしれません!

通常、排卵後から生理前までのおりものの色は「透明~白っぽい色」であるのが一般的です。

一方、妊娠した場合のおりものの色は「黄色~茶色」という特徴があります。

妊娠するとおりものの色に変化が起こるのは、「黄体ホルモン」という女性ホルモンの分泌が関係しています。

黄体ホルモンは、酸性の性質があるため、おりものが黄色っぽくなるという特徴があるのです。

もちろん、黄体ホルモンの分泌量には個人差がありますので、黄体ホルモンの分泌が少ない場合は白っぽいおりものとなり、黄体ホルモンの分泌が多い場合は茶色っぽくなる傾向にあります。

また、受精卵が子宮内に着床するときに「着床出血」を伴うことがあります。

着床出血は50人に1人の割合で起きると言われていますので、多くの方に着床出血が起こるわけではありません。

着床出血の場合、おりものに少量の血液が混ざるため、おりものが茶色っぽくなることがあります。

着床出血は1~2日で治まりますので、排卵後の高温期が続いている最中に茶色っぽいおりものが1~2日見られたら、着床(妊娠が成立)したサインかもしれません。

このように、妊娠初期症状のおりものの色は、白、黄色、クリーム色、茶色っぽいことが特徴です。

スポンサーリンク

妊娠初期症状のおりものは水っぽい?

妊娠初期症状のおりものは「さらさらと水っぽい」という意見が多くあります。

なぜなら、妊娠が成立すると、これ以上妊娠をサポートする必要がなくなるため、どろっとしたおりものから、水っぽいさらさらとしておりものへと変化するそうです。

さらに、受精卵が着床し、黄体ホルモンの分泌が増えると同時に、おりものの量は通常の1.5倍の量に増加します。

「おりものの量が増える」というのは実感しやすいため、妊娠初期症状の一つとして自覚される方は多くいらっしゃるようです。

妊娠初期症状のピンクのおりものは危険?

妊娠するとおりものの状態が変化しますが、ピンクのおりものが続くようなら注意が必要です。

着床出血であれば、排卵日から1~2日で治まりますので、3日以上ピンクや赤のおりものが続く場合は、不正出血が疑われます。

妊娠中は出血しないのが一般的なので、妊娠中の不正出血は何かしらのトラブルのサインかもしれません。

微量の出血やすぐに治まる出血であれば問題ない可能性もありますが、出血の原因を知るためにも病院へ行くようにしましょう。

ピンクのおりものだけでなく、緑色、黄緑色、灰色のおりものや、黄色くて水のように大量に出てくるおりもの、褐色の水っぽいおりものは、感染症やその他の病気である可能性がありますので、病院へ行くようにして下さい。

妊娠初期症状のおりもののにおいは?

通常のおりものは酸性の性質を持つため、すっぱい匂いがします。

しかし、妊娠が成立すると、おりものが酸性からアルカリ性へと変化するため、すっぱい匂いが弱まります。

そのため、おりものの匂いが弱くなったり、無臭になったら、妊娠初期症状かもしれません。

逆に、においがきつくなったり、生臭い悪臭がするときは、感染症が疑われますので病院へ行くようにしましょう。

まとめ

おりものの変化は目で見てわかりやすいとは言え、おりものの量や色、においは他人と比較することができませんよね?

そのため、一般的な情報よりも「普段の自分のおりもとと比べて変化があるかどうか」が妊娠のサインに気づくポイントとなってきます。

また、おりものの変化だけでなく、生理が来ない、体温が高い、味覚が変化した、胸が張るなど、その他の症状と合わせて、全体で妊娠かどうかを判断するようにしましょう。

私が妊娠したときは、おりものの色の変化は印象に残っていませんが、量が増えたことは覚えています。

と同時に、生理が遅れて体温が高い状態が続いていたので「妊娠したかな?」と気付きました。

そして妊娠発覚後、ある時少量の出血があったので、急いで病院へ行ったところ、「切迫早産」と診断されました。

妊娠成立後の出血はたとえ少量であっても、トラブルにつながることがありますので、日々のおりものの色をチェックしておくのは大切なことだと思います。

妊娠初期症状は、自覚する方もいれば、まったく自覚しない方もいらっしゃいます。

妊娠したのかどうか、やきもきする気持ちはよくわかりますが、あと数日たてば、妊娠検査薬や病院の検査で「事実」が明らかになります!

それまで焦らず、待っていて下さいね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加