妊娠初期症状と生理前の腹痛に違いはあるの?

「生理が来ない・・・」「微熱がある・・・」という場合、まっさきに疑うのが「妊娠」ですよね?

妊娠すると、体調の変化を訴える方が多いのですが、その中のひとつに「腹痛」があります。

しかし腹痛は、生理前にも起こりやすい症状です。

そのため、高温期に腹痛を感じると「妊娠したサインなのか」「生理が来る前の症状なのか」とわかりにくいものですよね?

しかし、「妊娠初期症状の腹痛」と「生理前の腹痛」とは、似ているとは言え、異なるものです。

今回は「妊娠初期と生理前の腹痛の違い」や「腹痛が起こる原因」「その他の胃腸の変化」について、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

妊娠初期症状の腹痛ってどんな痛み?いつから?

妊娠初期症状には、微熱、眠気、鼻水、胸の張りなどの症状がありますが、その他の症状に「腹痛」があります。

しかし、腹痛があったとしても、その痛みは「妊娠初期症状なのか」「生理前の腹痛なのか」わかりにくいですよね?

「腹痛があるからそろそろ生理が始まるかな?と思っていたら妊娠していた!」ということもあります。

妊娠初期症状の腹痛と生理前の腹痛を感じる場所には、大きな違いがあるわけではなく、両方とも「下腹部」が痛くなります。

痛みの感じ方には個人差が大きいので「腹痛にはこんな違いがあります」とは言い切れませんが、痛みの元である「子宮」では、生理前と妊娠初期では大きく異なる動きをしています。

生理による腹痛は、排卵後、子宮内膜を排出しようとする「子宮収縮の痛み」です。

そのため、下腹部に鈍痛を感じたり、腰がだるく重く感じるのではないでしょうか?

一方、妊娠初期症状の痛みは、子宮が大きくなるために、「子宮は伸ばされるような」痛みです。

そのため、筋肉や靭帯が引っ張られるように痛むことから「チクチクした痛み」と表現する方もいらっしゃいます。

子宮を支える靭帯が引き伸ばされることから、足の付け根や股関節にも痛みを感じることもあります。

妊娠初期症状の下腹部痛は、妊娠による女性ホルモンの増加が原因です。

この女性ホルモンの分泌の増加は、受精した直後から始まります。

そのため、生理予定日1週間前くらいから、痛みを感じ始めることがありますので、生理前の腹痛と見分けがつきにくいのです。

腹痛だけで「妊娠か?生理前か?」を判断するのは難しいので、その他の症状も併せてチェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

腹痛の原因は妊娠初期症状による下痢のせいかも?

妊娠初期症状の一つとして下腹部痛があるのはご紹介した通りですが、腹痛の原因が「下痢」であることも考えられます。

妊娠初期は、妊娠が成立したことによって自律神経やホルモンのバランスが乱れるため、腸内環境も乱れてしまい、下痢や便秘になりやすい状態です。

さらに胃腸の働きも鈍くなっていますので、冷たいものを食べたり、暴飲暴食をしてしまうと下痢しやすくなります。

胃腸の働きが鈍くなることから、げっぷやおならがたくさん出るようになることもあります。

このように、妊娠初期は胃腸の機能が低下することから下痢しやすく、下痢のせいで腹痛が起こると考えられます。

しかし、ホルモンバランスの影響によって、生理前にも下痢や便秘をする方もいらっしゃいます。

私は、生理前は便秘、生理が始まると下痢をする、というサイクルでした。

そのため、「下痢と腹痛」だけでは、妊娠初期症状か生理前かを判断することはできませんが、生理予定日1週間を過ぎても生理が始まらず、下痢や腹痛が続いているのであれば妊娠の可能性があると考えられます。

(「妊娠初期の下痢はつわりの一種!?」に関連記事を書いています。)

妊娠初期症状は腹痛だけではない!胃痛や吐き気も?

妊娠初期症状の腹痛は、下腹部痛だけではありません。

胃が痛くなることもあります!

妊娠によって分泌が増える女性ホルモンは、胃腸の働きを低下させます。

また、妊娠による急激な体の変化によってや自律神経が乱れると、胃酸の分泌が多くなったり少なくなったりします。

そのため、胃痛がしたり、消化不良を起こして胃もたれを起こしやすくなります。

胃腸の機能が低下することで、胸やけ、吐き気、げっぷなどの症状が見られ、食欲不振になることもあります。

そのほか、「妊娠しているかどうか」が気になり、不安やストレスを感じることで、胃が痛くなってしまう方もいらっしゃるでしょう。

妊娠初期の胃痛は「きりきり」と痛むことが多いようです。

そんなときは、なるべく消化のいい食事をとり、よく噛んで食べるようにしましょう。

胃痛や吐き気が続き、尚且つ妊娠だと判断されれば、それはつわりの症状です。

(「吐きつわりとは?その原因は?」「吐きつわりはいつまで続く?」「胃痛がする!これもつわりの一種?」に関連記事を書いています。)

妊娠初期症状と生理前の食欲の違いは?

妊娠初期症状には、腹痛や胃痛がありますので、食欲が低下してしまいそうですよね?

しかし、妊娠すると、食欲旺盛になることが多いそうです。

妊娠すると、赤ちゃんへを育てるためにブドウ糖が必要になりるのですが、ブドウ糖は脳のエネルギー源でもあります。

そのため、脳にブドウ糖が足りなくなると、エネルギーを補給しようとするために、食欲が増加するそうです。

また、出産にそなえて体にエネルギーや脂肪を蓄えようとするため、食欲が増加するとも言われています。

食欲が増加しつつも、バランスのいい食事ができないときは、赤ちゃんの成長に欠かせない栄養素が含まれたサプリメントを飲んでおくことをお勧めします。

とはいえ、生理前も食欲が増加したり、甘いものが食べたくなったりしますよね?

どちらの食欲増加も、女性ホルモンの影響によるものなので、食欲の変化だけで、妊娠か生理前かを判断することは難しいかもしれませんね・・・。

まとめ

私の場合、妊娠の兆候に「腹痛」はなかったと思います・・・。

もともと、生理前や生理のときの腹痛が少なかったので、生理痛が軽い人は、妊娠初期の腹痛も起こりにくいのかもしれません。

逆に、いつもないはずの腹痛が続くのなら、妊娠初期症状だと捉えることもできますね。

私の妊娠初期は、下痢ではなくひどい便秘になりました。

もともと便秘ぎみだったのですが、さらに便秘がひどくなり、妊娠中はずっと便秘に悩んでいたように思います。

私は妊娠初期でも食欲が増加することはなく、逆ににおいに敏感になったり、味覚が変化してしまい、食べ物がおいしくなくなりました。

今思えば、妊娠超初期のころから、つわりが始まっていたのかもしれません。

妊娠初期症状は、個人差が大きいですし、その症状は多岐に渡りますので、妊娠初期か生理前かを判断するには、いろいろな症状を総合的に考慮する必要がありますね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加