妊娠中の不眠はホルモンの影響だけではない?不眠対策は?

妊娠中はいろんなトラブルが起きやすいものです。

例えば、つわりや腰痛・恥骨通・骨盤痛なんかは定番ですよね。

この他には、むくみや頻尿、こむら返りなどのマイナートラブルも多いのですが・・・。

妊娠中のトラブルの中でも辛いのが「不眠」。

妊娠初期は眠たくなることが多いのですが、妊娠後期に入るにしたがって不眠に悩まされるママが増えてきます。

眠れないと身体の疲れも取れにくくなりますし、「早く眠らないと!」と何だか焦ってしまいますよね?

さらに、睡眠不足が続くとお腹の赤ちゃんの発育にも悪影響を与えそうな気がしてきます…。

今回は「妊婦さんの不眠の原因と対策」についてご紹介して行きます。

スポンサーリンク

妊娠中の不眠の原因は?ホルモンだけではない?

寝るのが大好きな方や、ベッドに入れば3秒で寝落ちすると言った方であっても、妊娠すると「寝つきが悪くなる」または「ぐっすり眠れない」といったトラブルを抱えることがあります。

妊娠中の不眠の原因はいくつかありますので、それぞれ見て行きましょう。

体温の上昇

不眠の理由の一つに、女性ホルモンの影響があります。

妊娠後の女性の身体は、妊娠を継続させるために「プロゲステロン」という女性ホルモンの分泌が増えるのですが、このプロゲステロンには「体温を高く保つ働き」があります。

ですから、妊娠初期のママの基礎体温は「通常時より高くなる」のですが、体温が高いせいで寝汗をかいたり、寝苦しく感じたり、暑くて何度も目が覚めてしまうようになり、熟睡できなくなります。

(「妊娠中は汗をかきやすい!汗のにおい対策は?」に関連記事を書いています。)

つわり

妊娠初期(中には妊娠後期まで続くことも)のつわりのせいで、吐き気や頭痛など体調が悪いと寝付き悪くなります。

また、体調が悪いと家の中にこもりがちになりますので、日中の活動量が低下し「体が疲れていない」場合も、眠れなくなります(私がそうでした)。

トイレの回数が増える

女性ホルモン「プロゲステロン」には、利尿作用があります。

そのため、妊娠をきっかけにトイレが近くなったと感じている方もいらっしゃるでしょう。

これに加えて、妊娠中期以降は大きくなった子宮によってで膀胱が圧迫されるのでさらに頻尿になります。

夜中に何度もトイレに立つため、熟睡出来ない日々が続くことも珍しくありません。

(「妊娠中の頻尿は水分の取過ぎ?頻尿はいつからいつまで?」に関連記事を書いています。)

こむら返り

妊娠中の地味に辛いトラブルとして多いのが、こむら返り。

寝返りをうったときや、ちょっと伸びをしたタイミングで足がつってしまうことがありませんか?

こむら返りのせいで夜中に何度も目が覚めるだけでなく、しばらく続く痛みのせいで寝付くのに時間がかかってしまいます。

(「妊娠中は足がつる?!こむら返りの予防と対処法は?」に関連記事を書いています。)

胎動

妊娠中期以降に感じられる胎動も、時にママの睡眠を妨げてしまいます。

赤ちゃんの成長とともに胎動が激しくなると、胎動を「痛い」と感じることがあります。

お腹の赤ちゃんにパンチやキックをされて、夜中に何度も起こされるママは多いものです。

(「妊娠中の胎動はいつから?胎動を感じないのはなぜ?」「胎動で気持ち悪くなる?胎動が気持ち悪い?」「胎動で膀胱を蹴られるのは逆子だから?逆子を治すには?」に関連記事を書いています。)

お腹の張り

出産が近付いて来たママであれば、お腹が張って眠れないこともあります。

妊娠後期のお腹の張りは、いわゆる「前駆陣痛」と言って、本陣痛の予行練習のようなものです。

不規則にやってくる前駆陣痛の痛みによって眠れなくなることがあります。

(「お腹の張りやチクチクは陣痛の兆候?」に関連記事を書いています。)

不安・ストレス

妊娠中の不眠は、身体的な要因だけでなく精神的な要因も大きく関係しています。

妊娠自体は幸せなことですが、それと同時に出産や子育てについて大きな不安を感じるものですよね?

さらに、身体の変化、夫婦関係の変化、職場環境の変化など、妊娠をきっかけに起こるさまざまな変化がストレスとなることもあるでしょう。

このような不安やストレスが重なると、熟睡できなくなります。

(「妊娠中のストレスは腹痛を招く?上手な発散法は?」に関連記事を書いています。)

こうしてみると妊娠中は不眠を招く要因がたくさんあるのですが、特にお腹が大きくなるにつれて不眠の要因が増えて来るようです。

出産が近いママほど不眠の悩みを抱えるのはこのためです。

スポンサーリンク

妊娠中の不眠は赤ちゃんに影響を与える?

妊娠中に眠りが浅くなるのは誰でも一緒ですから、心配しなくて大丈夫です。

ただ、不眠によって「赤ちゃんに何か影響が出るのではないか?」と気になってしまい、余計に眠れなくなってしまっては困ります。

「ママの不眠と赤ちゃんの発育の関係」ですが、ママが睡眠不足のせいで赤ちゃんの成長に直接影響があるというわけではありませんから安心して下さい。

ただ不眠が続くとどうしても疲れがたまり、結果的にストレスが溜まって行くのも事実です。

ママのストレスはお腹の赤ちゃんによくないですから、間接的には影響を与えるのかもしれませんね。

また、妊娠中は免疫力が低下しています。

そんなときに睡眠不足が続いてしまうと、普段かからないような感染症にかかってしまうリスクがぐっと高まります。

妊娠中は薬の服用ができませんから、何かの病気にかかった場合は回復までに時間がかかり、ママの体力を奪う原因にもなりかねません。

こうして見ると、あまりにも睡眠不足が続いた場合に限り赤ちゃんへ悪影響を与える可能性はゼロではないと思います。

(「妊娠中は免疫力が低下する?その原因は?」に関連記事を書いています。)

妊娠中の不眠対策は?

妊娠中の不眠は誰にでも起こりうるものですから、ある程度は仕方のないことです。

とは言え、「眠れない」というのは、気持ちが焦るだけでなく孤独を感じますよね?

朝が来るのを、ただ待ち続けるなんて…苦痛でしかありません!

そんな辛い不眠をどう乗り越えたらいいのでしょうか?

ここでは、妊娠中の不眠対策について考えてみました。

眠れなくても横になって目をつぶる!

眠りにつけなくても、目をつぶっているだけでも体は休まります。

たとえ眠たくなくても、時間が来たら部屋を暗くしてベッドに横になりましょう。

就寝前のテレビやスマホは不眠の原因となりますので、ベッドの中でテレビやスマホを使用するのは控えた方が良さそうです。

眠れそうなときに寝る!

朝でも昼でも、とにかく眠れそうな時に寝る!

これに限ります。

そして眠れそうな時は、アイマスクや遮光カーテンなどでしっかりと光対策をしておきましょう。

昼寝は短めに!

夜しっかり眠りたい人は、昼寝の時間を短めにしましょう。

だいたい30分以内に止めるのが理想的です。

昼寝が長いと、夜の睡眠に影響が出てしまい逆効果になります。

リラックスする!

「早く寝ないと!」とあまり考え過ぎると緊張して余計に眠れなくなりますので、眠れない場合は緊張を解くために何かリラックスできることをしましょう。

例えばアロマを焚いたり、妊婦さんに人気の高いルイボスティーやタンポポ茶、リラックス効果が期待できるハーブティーなど、ノンカフェインのお茶を飲むのも良いですね。

ただ、ハーブティーの種類によって妊娠中は控えるべきものもありますので注意してください。

ストレッチをする!

軽くストレッチをすると、気持ちがよいだけでなく適度な疲労感があって眠りやすくなります。

安産のためにもストレッチはお勧めです。

ここでご紹介した方法は、やれば必ず不眠が解消されるというものではありませんが、眠りにつきやすくなるためのサポートとしてお勧めです。

妊娠中の不眠対策に漢方は使える?

妊娠中の不眠はよくあることですが、余りにも辛い時は病院を受診するのも一つの方法です。

もちろん妊娠中の薬の服用は制限されますが、薬の中には妊婦さんでも問題なく飲めるものもあります。

妊娠中でも比較的使いやすい薬の一つが「漢方薬」。

漢方薬といえば副作用が少ないことで知られていますよね。

漢方薬は数多くの種類がありますから、不眠症に効くものもあるようです。

お腹の赤ちゃんのことを考えると、たとえ漢方薬であっても服用を控えたいものですが、漢方薬のおかげで不快な症状が一気に楽になるママもいらっしゃいます。

どうしても眠れなくて辛いのであれば、一度かかりつけの医師に相談してみましょう。

漢方薬は市販の薬局で購入することもできますが、自己判断で薬を選ぶのはキケンです。

妊娠中は医師に処方された漢方薬を飲むようにして下さいね。

おわりに

私の場合、妊娠初期は眠たくて眠たくてほぼ一日中寝ていました。

毎日寝てばかりの状態が3~4か月続きましたが、妊娠中期以降も昼寝を含めよく寝ていたように思います。

ただ、妊娠後期に入ると一気に不眠になりました。

眠れないというよりは、眠りが浅くて夜中に何度も目が覚めるという状態でした。

妊娠前から不眠症だった場合を除いて、妊娠中の不眠は時期が来れば改善されますのであまり気にしないで下さい。

そして出産後は24時間体制の育児が始まりますから、今度は「眠りたいのに寝かせてもらえない」という状況になります。

妊娠中の今は「眠たくない」「眠れない」と困っている方であっても、産後は「常に眠たい」「速攻で眠れる」ようになると思いますよ!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加