匂いがわからないのは「においつわり」?敏感な匂い対策は?

妊娠すると、体にはいろんな変化が起こります。

そんな妊娠中の変化として一般的に知られるのは「つわり」ですが、つわりと一言で言っても、吐き気・腹痛・眠気など様々な症状があります。

そして、つわりの症状の中でも、多くの妊婦さんが経験する症状に「嗅覚障害」というものがあります。

嗅覚障害とは「匂いを正常に識別できなくなる障害」のことで、例えば匂いがわからなくなったり、逆に匂いに敏感になったりするものです。

今回は「妊娠中の嗅覚障害が起こるしくみ」や「匂いへの対策」についてご紹介して行きます。

スポンサーリンク

妊娠中は匂いがわからなくなる?その理由は?

妊娠してから「匂いを感じにくくなった」という方はいらっしゃいませんか?

妊娠中に匂いがわかりにくくなるのは単なる思い込みではなく、事実なのです!

なぜ、妊娠すると臭覚が変化するのでしょうか?

妊娠中、匂いがわかりにくくなる原因は、女性ホルモンの影響によるものだそうです。

実は、女性ホルモン「エストロゲン」は「臭覚」と深い関係にあるのですが、妊娠後エストロゲンの量が一気に増加することによって、臭覚が変化してしまうのだそうです。

「今まで好きだった香りが、妊娠してから嫌いになった!」という妊婦さんが多いのは「ホルモンバランスが変化したからだ」と言えます。

また、匂いに敏感になるのは「お腹の子供を守ろう」という本能がそうさせているという説もあります。

例えば、洗剤やシャンプーや香水などの人工的な香りや化学品の匂いが苦手になるのは「お腹の赤ちゃんを守るために、身体に入れると良くないものが本能的に苦手になるから」とも言われています。

このような臭覚の変化は人間だけでなく、野生の動物にも見られるものであり「外敵から我が子を守るという本能が働いて匂いに敏感になる」のだそうです。

他に考えられる理由としては、妊娠中は免疫力が落ちているので風邪などにかかりやすく、鼻づまりが原因となって匂いを感じにくくなっている場合もあります。

この場合は、風邪が治ると自然と嗅覚も戻って来ます。

スポンサーリンク

匂いに敏感になのは妊娠中いつからいつまで?

妊娠中に嗅覚に変化を感じ始めるのは、「妊娠初期」が多いようです。

妊娠初期の臭覚の変化は「つわりの一種」として捉えられており、「匂いつわり」などとも呼ばれているようです。

匂いつわりが改善される時期は、「妊娠中期(安定期に入る頃)」が多いものの、妊婦さんの中には「産むまで続いた」という方もいますので、匂いつわりの時期には個人差があります。

いずれにせよ、どんなに長くても「出産まで」と考えて問題ないでしょう。

匂いつわりになると、生活の中のいろいろな場面で苦労します。

例えば、匂いのせいで料理ができなくなったり、スーパーなど買い物に行くことができなくなることがあります。

もちろん、食べ物の匂いを不快に感じますので食欲不振にも陥ります。

さらに電車やバスに乗ったり人混みへ行くと、人や空気の匂いで気分が悪くなることもあります。

中には夫の匂いを受け付けなくなる人もいるそうですよ。

匂いというのは目に見えないものですし、「無臭の生活」を送ることは不可能ですから、臭覚がおかしくなると生活に支障を来たすことになります。

ただ妊娠中の匂いつわりは産後には終わるものですから、少しの辛抱と思ってうまく乗り切って行きましょう。

妊娠中の臭い対策はどうすればいい?

「クサイ!」と感じるだけなら問題ありませんが、匂いつわりの場合は臭いにつられて吐き気を催したり実際に嘔吐してしまうから厄介です。

少しでも臭いを発生させないよう、生活の中でできる限りの対策を行ってみましょう。

臭いの種類によって対策法は異なるので、それぞれ見て行きます。

キッチンの臭い

まずはキッチンの臭い。

キッチンといえば、「水道水の臭い」や「冷蔵庫に残った食品の臭い」「調理器具の臭い」などがありますよね。

水道水の臭いが気になる場合は、浄水ポットなどで臭いが出ないようにしたり、ペットボトルやウォーターサーバーの水を利用しましょう。

そして冷蔵庫の臭いには脱臭剤を置いたり、臭いの強い食品(ネギ類やキムチなど)を置かないようにしましょう。

調理器具についた臭いは、お酢で生臭さを消してから洗剤で洗うと効果的です。

それでも臭いが辛い時は、なるべくキッチンに近寄らず、食事はスーパーのお惣菜やお弁当で乗り切るようにして下さい。

どうしても作らなければならないときは、マスクを着用しましょう。

お風呂の臭い

妊婦さんを悩ませる臭いとして案外多いのが、お風呂の「お湯の臭い」。

普段であればお湯の臭いなんて気にもならないはずですが、お湯にも独特の臭いがあるのですよね・・・私もお湯の臭いがダメでした。

お湯の臭いがダメな場合は、湯船に浸からずシャワーで済ませるようにしましょう。

夏場であれば、ぬるめの温度にすると少しマシになります。

シャンプー・リンスの臭い

入浴時の臭いは、お湯や湯気の臭いのほか「シャンプーなどの臭い(香料)」も妊婦さんを悩ませる臭いとなっています。

シャンプーやボディソープがダメになると、衛生を保つことが出来なくなる可能性もありますから何かしらの対策が必要です。

この場合、無添加・無香料の洗浄剤に変えることで臭い対策ができます。

また、ボディソープは洗浄力が強すぎるため乾燥肌の原因にもなりかねませんので、肌と臭い対策を兼ねて「産後も赤ちゃんに使える無添加の石鹸」がお勧めです。

洗濯物の柔軟剤の臭い

洗濯に使う「柔軟剤の臭い」がダメという妊婦さんも多くいらっしゃいます。

特に部屋干しの場合、家の中に洗濯物があるだけで吐き気が起こることもあります。

この時はシャンプーなどと同じく、洗濯洗剤をせっけんタイプに変えたり、柔軟剤は無添加・無香料のものに変えるといいでしょう。

部屋干しの生乾きの臭いを防ぐために、乾燥機を利用するのもお勧めです。

また、自宅の洗濯洗剤を無香料にしても、隣の家のベランダから柔軟剤の匂いが漂ってくることもあります。

そんなときは窓を閉めたり、空気洗浄機を使いましょう。

人混みの臭い

匂いつわりの時期は、屋外の臭いにも注意が必要です。

飲食店から漂ってくる食べ物の匂いのほか、意外と妊婦さんを悩ますのが「人混みの臭い」です。

電車やバスなどはもちろん、人が集まる場所で気分が悪くなる人は多いものです。

匂いつわりが終わるまでは、できれば家の中で過ごすといいですね。

ただ、外出せざるを得ない日もあるでしょうから、そんなときは臭いをシャットアウトするためにマスクを着用しましょう。

もしくはハンカチなどを持ち歩き、気になる匂いが漂ってきたらに鼻を覆うといいですね。

マスクやハンカチに、つわりを軽減するために効果的と言われるアロマオイル(グレープフルーツやレモン、オレンジなど)を垂らしておくと気分の悪さを軽減できるかもしれません。

ごはんが炊ける臭い

本来であれば、ご飯が炊ける匂いは「美味しそうな、いい匂い」のはずですが・・・。

ご飯が炊ける匂いを嫌がる妊婦さんは多いものです。

ご飯が炊ける匂いがダメな場合は、炊飯器の位置を換気扇の下に移動させたり、ご飯が炊けるまではマスクを着用しましょう。

また、ご飯を炊く回数を減らすために、ご飯をまとめて焚いておき冷凍しておくといいと思います。

おわりに

匂いつわりは、吐きつわりや食べつわりに比べると「楽なように見える」かもしれませんが、実際に経験してみるとなかなか大変なものです。

私も匂いつわりを経験し、程度もひどい方でしたから、匂いつわりの辛さは体験済みです。

「匂い」というものがこんなにも「迷惑なもの」であることを初めて知りました。

私の場合、匂いつわりの対策としてずっとマスクを着用していましたが、「食事のとき」「入浴のとき」「歯磨きのとき」はマスクを取らなければならず、この3つの作業がとても苦痛でした。

自分自身の匂いつわりの経験をもとに、私は「自分の匂い」が誰かの迷惑ならないよう気を付けようと思います。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加