早産を予防するには?薬・手術・注射もある?

早産とは、「妊娠22週0日~36週6日まで」の間に出産することを言います。

そして、出産しそうになっている状態を「切迫早産」と言います。

赤ちゃんが、外の世界で生きて行けるようになるまでは、できる限りお腹の中で育ててあげたいものです。

もし、赤ちゃんが未熟なまま生まれてしまうと、障害や後遺症が残るリスクが高まりますので、早く生まれるというのは「ただ小さい」だけではなく「赤ちゃんの健康に対する不安が付きまとう」ということです。

では、早産を防ぐためにできることはあるのでしょうか?

今回は、早産の予防のために「自分でできること」と「医療の力でできること」についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

早産の兆候は?

正常なお産の時期を「正期産(妊娠37週~41週目)」と言いますが、赤ちゃんが正期産よりも早く生まれそうになることを「切迫早産」と言います。

では、切迫早産の兆候にはどのようなものがあるのかご存知ですか?

切迫早産の兆候は、

・おなかが頻繁に張る

・出血がある

ことが特徴です。

さらに、破水してしまった場合は、そのままお産が進んで行き、早産となることがあります。

私は3回の妊娠中のうち、2回切迫早産となりましたが、切迫早産の兆候は出血でした。

「お腹の張り」というのは、なかなか自覚することが難しく、私は妊婦検診で医師から「お腹が固いね」と指摘され、初めて気づいたくらいです。

お腹の張りは、出血と違って気づきにくいため、切迫早産の兆候を見逃してしまいお産が進んでしまう危険があります。

もし、お腹が固かったり、少量でも出血が見られたり、ひどい腹痛があるときは、早産の兆候かもしれませんので、急いで病院へ行くようにしましょう。

(「早産とはいつからのこと?生まれても大丈夫な週数は?」に関連記事を書いています)

スポンサーリンク

早産を予防するには?

切迫早産と診断されたら、早産を防ぐために何をすべきでしょうか?

早産の主な原因は、感染症や子宮の異常、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病など母体側によるものだけでなく、多胎妊娠や羊水の異常など、胎児側によることもあります。

残念ながら「コレさえすれば早産を防ぐことができる!」という予防法はありませんが、切迫早産と診断されたママができることはいくつかあります。

一日でも長く、お腹の中で赤ちゃんを育てられるよう、試してみて下さいね。

<安静にする>

動くとお腹が張ってしまいますので、まずは安静にしましょう。

安静とは「食事とトイレ以外は横になっている」ということです。

できればシャワーも最低限にしてください。

もちろん、家事や外出は禁止です。

「元気なのに安静にしなければならない」というのは、とても苦痛なことですが、安静は一番の早産予防法です。

上の子のお世話で安静が難しい場合は、強制的に入院して安静を保つこともあります。

(「切迫早産で入院!期間と準備すべきものは?」に関連記事を書いています。)

<お腹に負荷がかかることを避ける>

お腹が負荷がかかるとお腹が張りやすくなり、赤ちゃんが下がってくる原因となります。

とにかくお腹が張ることはやめて下さい。

・重たいものを持つ

・長時間同じ姿勢をする(立ちっぱなし、座りっぱなし)

・高いところに手を伸ばす

・ふとんの上げ下げ

・洗濯ものを干す

・上の子の抱っこ

・長時間のドライブ

などは避けましょう。

また、動きすぎはよくありませんので、どうしても家事をしなければならない場合は、休み休み行ってください。

<体を温める>

体が冷えることが直接早産につながるわけではありませんが、体が冷えると子宮が収縮しお腹が張りやすくなります。

特に、足元を冷やさないよう、靴下をはいたり、足湯を行うようにしましょう。

足湯をすると、全身が温まり、子宮の血行もよくなってお腹が柔らかくなるそうです。

冷たい食べ物や飲み物を避けるだけでなく、体を冷やす作用がある食べ物(生野菜や夏野菜、甘いものなど)は控えめにしてください。

<ストレスを溜めない>

ストレスは、血流を悪くし、筋肉を収縮させます。

子宮は筋肉からできていますので、ストレスによってお腹が張りやすくなることもあります。

「夫婦喧嘩をするとお腹が張る」「お姑さんに小言を言われるとお腹が固くなる」というのはストレスを感じているサインです。

また、「早く生まれちゃったらどうしよう」という早産に対する心配も、ストレスとなります。

妊娠中は気になることがたくさんありますが、できる限りリラックスするようにしましょう。

「イラッ!」「モヤッ!」ときたら、まずは深呼吸をしてみてくださいね。

<便通を整える>

排便の際、必要以上にいきんだり、下痢をすると、お腹が張ることがあります。

また、尿をためておくこともお腹が張りやすくなりますので、トイレにはこまめに行きましょう。

食生活で便秘の改善ができない場合は、無添加で妊婦さんにも安心な「オリゴ糖」を取り入れてみたり、病院で下剤を処方してもらうのもいいでしょう。

(「妊娠中の便秘はお腹の張りを引き起こす?」「妊娠中の便秘の張りとお腹の張りの違いは?」に関連記事を書いています。)

<免疫力を高める>

感染症は早産の原因になります。

妊娠中は免疫力が低下するため、たとえ人体に生息している常在菌であっても悪さをすることがあります。

常在菌が増殖しすぎると、子宮の収縮を促し、陣痛のような状態を引き起こしてしまうのです。

免疫力を高めるためには、バランスよく栄養を取り、疲労を溜めないよう十分な睡眠を心がけましょう。

(「妊娠中は風邪が治らないのはなぜ?」「妊娠中の歯肉炎の治し方!原因と予防法は?」に関連記事を書いています。)

<妊娠中の合併症を防ぐ>

妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病など、妊娠による合併症が早産の原因となることがあります。

これらの合併症のリスクを少しでも減らすために、妊娠中の大幅な体重増加、塩分の取り過ぎ、動きすぎ、などに気を付けましょう。

(「妊娠中の吐き気は妊娠高血圧症候群かも!?」「妊娠糖尿病と診断される血糖値の数値とは?」に関連記事を書いています。)

<トコちゃんベルトを装着する>

大きくなったお腹にまく「腹帯」には、「お腹を支える役割」と「お腹を冷えから守る役割」がありますが、腹帯でお腹を締め付けると、かえってお腹が張る原因となることがあります。

お腹を締め付けるタイプではなく、骨盤を締めて子宮を持ち上げるタイプの「トコちゃんベルト」は、正しく装着すると早産の予防につながるそうです。

切迫早産の方が「トコちゃんベルトを使用して正期産まで持ちこたえた!」というケースがたくさんあります。

(「妊娠中は骨盤が広がる!?体への影響は?」に関連記事を書いています。)

<お灸>

子宮の血流をアップし、冷え性、逆子、早産にいいと言われるツボがあります。

これは「三陰交」と呼ばれるツボで、内くるぶしから指4本分上にあるツボです。

ここにお灸をすることで、子宮を中心とした下腹部全体に効くと言われています。

※妊娠初期は、三陰交へのお灸は禁止です。

いずれの方法も、早産を確実に予防できるものではありませんが、試してみる価値はあると思います。

一日でも長く、おなかの中で赤ちゃんを育てるために、精一杯のことはやってみてはいかがでしょうか?

早産を予防する薬や手術とは?

早産の原因はさまざまであり、ママ自身ができることにも限界があります。

そんなときは、薬や手術など医療の手をかりて、早産を予防することになります。

<早産予防薬>

まず、切迫早産と診断された場合の治療薬として「ウテメリン」という薬があります。

ウテメリンは、交感神経を刺激して、子宮の収縮(お腹の張り)を抑える効果があります。

ウテメリンは飲み薬ですが、飲み薬で改善されない場合は、入院して24時間点滴治療を行います。

副作用として、動機、ふるえ、頻脈、ふらつき、はきけ、発汗などがあり、副作用に悩まされる妊婦さんも少なくありません。

<早産予防手術>

早産の原因が、子宮そのものにある場合、子宮の手術を行うことによって早産を予防します。

子宮の手術は、いくつかあります。

子宮頚管の手術

子宮頚管とは、子宮から外に繋がる部分です。

産道というとイメージがつくでしょうか?

「子宮頚管無力症」と言って、妊娠週数の早い段階で子宮頸管が開いてしまう病気の方の場合は、子宮口が開くのを防ぐために、子宮頚管を縛る手術を行います。

子宮の奇形

もともと子宮の形が正常でない場合、妊娠を継続できる可能性は50%程度と言われています。

子宮奇形の方の場合は、妊娠前に子宮の手術を行う必要があります。

早産児のための予防注射とは?

薬や手術を行っても早産が予防できず、早産で生まれる可能性が高い場合、「呼吸窮迫症候群」を予防するために注射を打つことがあります。

この予防注射は、赤ちゃんの肺の機能の発達を促すためのものです。

赤ちゃんの肺の機能が完成するのは、妊娠34週以降です。

そのため、34週より以前に生まれる赤ちゃんは、自分で呼吸をすることができないため、赤ちゃんが一日でも早く自力で呼吸ができるようサポートする必要があります。

しかし、この注射の副作用として、赤ちゃんのADHD(注意欠陥多動性障害)のリスクが高まるとも言われています。

必ずしも副作用が起こるわけではありませんが、薬には副作用の懸念がセロではないのは確かです。

治療の際は、妊娠週数や赤ちゃんの状態など総合的に考え、医師とよく相談する必要がありそうです。

まとめ

私が切迫早産と診断されたときは、上の子がいたためどうしても入院をすることができず「ウテメリン」の錠剤を服用しながら自宅で治療していました。

ウテメリンを飲むと、激しい動機が起こり、息苦しくて、トイレに行くだけでもハアハアと肩で大きく息をするほど副作用がきつかったです(泣)

私は副作用が嫌で、ウテメリンを飲むのをためらうこともありましたが、胎児の成長を犠牲にするわけには行きません。

ウテメリンの副作用に苦しみながら、自宅でおとなしくしていました。

検診で子宮頸管を測るたびに「あと○センチ短くなったら入院だよ!」と医師から脅され(?)、毎日トコちゃんベルトを巻いて、足を高くしていたのを覚えています。

もちろん、妊娠中の楽しみ(旅行や買い物など)はすべてお預けでしたので、元気で活動的な妊婦さんをとてもうらやましく思っていました。

そして、自宅安静のおかげで(?)妊娠中は風邪やインフルエンザなどの感染症にかかることもなく、無事に正期産まで持ちこたえることができました。

切迫早産の一番の予防法である「安静」は、一番辛いかもしれませんが、早産のリスクを考えたら「辛い」と言ってはいられません!

とにかく、正期産まで持ちこたえるようがんばりましょう!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加