妊娠中のストレスは腹痛を招く?上手な発散法は?

妊娠の喜びも束の間、つわりが始まったり、お腹が大きくなってきたり・・・。

周囲からは「予定日はいつだ?」「性別はどっちだ?」「陣痛はまだか?」と質問攻めにされ、甘い物を我慢しているにも関わらず、病院では「体重が増え過ぎ!」と怒られ・・・。

妊娠中って、ストレスがたまりませんか?

ストレスというと「精神的なダメージ」を思い浮かべることが多いと思いますが「暑い、寒い、痛い、疲れた、お腹が減った」など、「肉体的なダメージ」も私たちの体にとってはストレスとなっているのです。

そう考えると、ストレスフリーな生活は不可能に近いですね。

ストレスは誰にとってもいいものではありませんが、妊婦さんがストレス過多になると、母体の健康だけでなく胎児の成長にも悪影響を及ぼす可能性があるそうです。

今回は、「妊娠中のストレスが招くリスク」と「妊婦さんにお勧めなストレス発散法」についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

妊娠中はストレスがたまりやすい?

妊娠してから、ストレスを感じやすくなっていませんか?

つわりで体調が悪かったり、お腹が大きくなって思うように動けなかったり、妊娠中は予想以上に肉体的ストレスがかかっているものです。

さらに、ホルモンバランスの影響で「感情の起伏」も激しくなっており、身近な人のちょっとした言動にイライラしたり、涙が止まらなくなったり、怒りが抑えられなくなることがあります。

「こんな性格じゃなかったはずなのに!」と、感情のコントロールが効かなくなっている自分に対し、自己嫌悪に陥っている妊婦さんも多いのではないでしょうか。

妊娠中は、体も心も急激に変化しているため、ちょっとしたことでも大きなストレスとして感じやすいときです。

自分を責めたりせず、「妊娠中はストレスを感じやすいものだ!」と認識し、うまく乗り切るしかないのです。

妊娠中の腹痛はストレスが原因?胎児への影響は?

妊娠中に限ったことではありませんが、人間はストレスがかかると自律神経が乱れ、筋肉が緊張状態になり、さまざまな肉体的トラブルが起こりやすくなります。

そのため、ストレス過多の生活をしていると、肩や首が凝ったり、肩こりのせいで頭痛が起きたりしますが、妊婦さんの場合は、ストレスでお腹が張ったり、腹痛が起こることがあります。

「妊娠中に夫婦喧嘩をしたら、お腹が痛くなった」というのはよくある話ですよね?

日本では、妊婦さんのストレスが胎児に与える影響についての研究があまりされていませんが、海外においては「妊娠中のストレスが、早産や低体重児のリスクがある」という結果も出ているようです。

確かに、ストレスによって血流が悪くなれば「胎児へ栄養が届きにくくなる」と考えられますからね。

妊娠中のストレスは流産につながる?

一時的なストレスであれば、大して心配する必要はありませんが、妊娠中の慢性的なストレスには注意が必要です。

ストレスは、筋肉の収縮や緊張を引き起こし、血流不良を招きます。

つまり、ストレスは冷えの原因となるのです。

冷えが続くと、切迫早産や切迫流産、胎児の発育不良などを引き起こします。

妊娠初期の流産の原因は、母体ではなく胎児側にあると言われていますが、ストレスが流産につながる危険性もゼロではないと言えそうです。

(「妊娠すると冷え性になるのはなぜ?」に関連記事を書いています。)

スポンサーリンク

妊娠中のストレスを軽減するには?

妊娠中のストレスは母子ともによくないものの、現代社会において、ストレスを完全に無くすことはできません。

では、妊娠中のストレスを少しでも軽減するためにはどうしたらいいのでしょうか?

妊婦さんにお勧めなストレスを解消法をご紹介します。

<体を休める>

妊娠中は、体の変化が大きいため、体が疲れやすい状態です。

自分では「大丈夫!」と思っていても、その「無理」が体にとってはストレスになっている場合もあるのです。

肉体的ストレスを減らすために、できるだけ体を休め疲れをとるようにしましょう。

<睡眠をしっかり取る>

体の疲れをとるには、睡眠が一番です。

しかし、お腹が大きくなってくると寝苦しくなったり、出産への不安から熟睡できなかたり、慢性的に睡眠不足になる妊婦さんもいらっしゃいます。

睡眠不足は、疲労と同様に体にとって大きなストレスとなってしまいますので、できるだけ睡眠をとるようにしましょう。

<規則正しい生活をする>

いくら睡眠不足を解消するといっても、夜型の生活はよくありません。

夜遅くまでテレビに浸り、昼間はごろごろしていると、体内時計が狂ってしまい、結果的に体への負担となります。

産後の赤ちゃんとの生活のためにも、妊娠中から朝方の規則正しい生活リズムで過ごすことをお勧めします。

<相談できる場所を見つける>

妊娠中は、予想外の体調変化や未経験の出来事がたくさん起こるので、不安や怖れの気持ちを抱く妊婦さんが少なくありません。

妊娠前ならネガティブな感情に対して冷静に対処できていた人でも「妊娠してから涙もろくなったり、心配な気持ちや不安がなかなか消えない」と困惑することもあります。

そんな妊娠中の不安を一人で抱え込まないよう、気軽に話せる知人や友人、同じ妊娠中の人、病院の看護婦さんや助産師さんなどに相談することが大切です。

話を聞いてもらうだけでもホッとして気が楽になりますし、自分だけではないと安心することもできます。

妊娠中の悩みや不安は、想像以上に大きなストレスとなっていますので、甘く見ないで下さいね。

<体を動かし筋肉をほぐす>

ストレスによる筋肉の緊張をほぐすには、適度な運動が必要です。

妊婦さんにお勧めな運動は、ストレッチやマタニティヨガです。

妊婦さんでも安心してできる運動量ですし、体を伸ばしたり深呼吸をすることで、こわばっていた筋肉がゆるみ気分もスッキリします。

妊婦さん向けのヨガ教室でしたら、ほかの妊婦さんと知り合いになることができ、妊娠中の悩みや情報交換もできそうですね。

<マタニティマッサージでコリやむくみを解消する>

マタニティマッサージを行うことで、硬くなった筋肉がほぐれ、リラックスすることができます。

妊娠中に不快な症状であるむくみが取れやすくなり、体へのストレスも軽くなります。

また、むくみが取れることで体重のコントロールもしやすくなり、体重に関するストレスも軽減されそうですね。

アロマオイルを使ってセルフマッサージを行う場合は「妊娠中は禁忌のアロマオイル」
もありますので、アロマオイル選びには気を付けて下さい。

(「妊娠中に便利なむくみ解消グッズは?」「妊娠中のむくみを解消する食べ物はコレ!」に関連記事を書いています。)

まとめ

私も、妊娠中はよくイライラしていましたね。

体調が悪いうえ、食べるものも行動も制限され、「なんでこんなに我慢ばかりしなきゃいけないの?!」とよく主人に八つ当たりしていました。

妊娠中は、自宅にこもりがちになりますので、くよくよ考える時間ばかり増えていってしまいます。

私はよく、インターネットで妊婦さん向けのコミュニティサイトや掲示板を見ていました。

特に書き込みはしませんでしたが、同じような悩みを読んでいるだけで「自分だけではない!」と励まされました。

産後もしばらくの間は、子育てに追われるため「孤独」を感じやすくなります。

今のうちから、自分なりのストレス解消法や相談できる場所を探しておき、悩みや不安を一人で抱え込まないようにして下さいね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加