妊娠中にお寿司を食べてはいけないの?

お寿司が大好きなみなさん!

特に「妊娠してから無性に食べたくなった」ということはありませんか?

酸味の効いた酢飯の味に「つわりの時期は助けられた」という方もいらっしゃるでしょう。

しかし「妊娠中にお寿司は食べてはいけない」と言われているのをご存じですか?

今回は「なぜ妊娠中にお寿司を食べてはいけないのか?」や「避けたい寿司ネタ」についてご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中は寿司を食べてはいけない!?

「妊娠中はお寿司を控えましょう」などと育児本やネット上に書かれているのを、一度は見たことがあるかもしれません。

これは「妊娠中は『生魚』を控えましょう」という意味です。

お寿司を控えて「刺身」を食べていたら意味がありませんし、納豆巻きなど積極的に食べたい寿司ネタもあります。

「妊娠中にお寿司を食べてはいけない」というのは、とても極端な言い方だと思います。

妊娠中に寿司を食べてはいけない理由は?

どうして「妊娠中はお寿司を食べてはいけない」と言われるのでしょうか?

その理由には、いくつかあります。

理由①食中毒の危険性

お寿司と言えば「マグロ、サーモン、タイ、サバ、アジ」など「生魚」が使われていますよね?

生魚というのは、細菌のバクテリアが付着している可能性がありますので、食中毒のリスクが高くなります。

普段から食べ慣れてる寿司ネタや、行きつけのお寿司屋さんであっても、免疫力が下がっている妊娠中は、細菌に感染しやすく、食中毒を起こしたり、下痢になる確率が高くなります。

妊娠中の激しい下痢や嘔吐は、お腹に負担がかかるので、赤ちゃんにとってもよくありません。

万が一、食中毒になった場合、妊娠中は薬による治療が限られますので、自分で治すしかありません。

完治するまでに時間がかかるというリスクもあります。

また鮭やタラなど、魚によっては寄生虫「アニサキス」がいるものもあります。

魚の寄生虫は、超低温で死滅するので、冷凍処理を行っているお店だと安心です。

気付かずにアニサキスを食べてしまった場合は、転げまわるほどの激しい腹痛や、嘔吐の症状が出るそうです。

怖いですね…。

理由②塩分と砂糖が多い

お寿司に使われる「酢飯」には、たくさんの塩分と砂糖が含まれているのをご存じですか?

にぎり寿司の場合、一貫の酢飯の塩分は「0.3~0.5g」くらいです。

ここに、いくらや卵などの味の付いたネタが乗ると、お寿司一貫の塩分が「1g」ほどになります。

つまり、お寿司1皿(二貫)で、「2g」の塩分を取ってしまうことになります。

そこにしょうゆを付けたり、ガリを食べると・・・あっという間に「塩分取りすぎ」に繋がります。

砂糖に関しては、一貫につき「0.7~0.8g」の量が含まれています。

お寿司5皿(10個)食べたら、「7g」(大匙1杯弱)の砂糖を取ることになってしまいます。

お寿司の塩分と砂糖は、妊娠高血圧症や妊娠糖尿病だけでなく、むくみに因る体重増加も懸念されます。

理由③水銀など汚染がある

マグロに代表される大型の魚は、小さい魚をエサにしています。

このような魚は、食物連鎖によって、水銀が含まれている可能性があります。

水銀は、わずかな量であっても、体内に蓄積されると赤ちゃんの脳や神経へ悪影響を及ぼすと言われています。

マグロ(メバチマグロ、クロマグロ、カジキマグロ)、金目鯛など、「深海に生息する魚」と「寿命の長い魚」は避けるようにしましょう。

また、汚染がひどい川で捕れた川魚にも、有害物質が含まれていることもあります。

スポンサーリンク

妊娠中に寿司を食べたくなったら?

このような理由から、妊娠中は「寿司はダメ」「刺身はダメ」と言われているのですが、たまには食べたくなるときもありますよね?

正月やお祝いの席で、食べざるを得ないときもあるかもしれません。

そんなときに気を付けたい、お寿司の食べ方や選び方をご紹介します。

★寿司ネタ選びに注意しよう!

妊娠中のリスクがこわい食中毒ですが、食中毒を避けるために「調理済み」「加熱済み」「野菜」のネタを選ぶようにしましょう。

例えば、ボイルされたエビやたこ、卵、アナゴ、納豆巻き、かんぴょう巻き、サラダ巻き、アボカド軍艦、しらす軍艦などはいかがですか?

水銀が不安であれば、小型の魚(サケ、アジ、イワシ、サンマなど)や、エビ、いか、たこがお勧めです。

★薬味を利用しよう!

お寿司に使う「わさび」や「生姜」には殺菌作用があります。

生ものを食べる時は、一緒に食べるようにしましょう。

★スーパーで売られているお寿司は控えよう!

お寿司や刺身は、時間が経つにつれて鮮度が落ち、細菌が繁殖しやすくなります。

お寿司を食べるなら、お寿司屋さんで「握りたて」を食べるようにし、スーパーのお総菜売り場のお寿司は控えましょう。

特に「値引きシール」が貼ってあるものは、食べないで下さいね。

★いくらの食べ過ぎは注意!

子供にも大人気の「いくら」ですが、妊娠中に食べるのは、ちょっと注意が必要です。

イクラには、ビタミンA(レチノール)が豊富に含まれています。

妊娠中にビタミンAを過剰に摂取すると体内に蓄積され、お腹の赤ちゃんへ悪影響を与えると言われています。

いくら100g(約10貫)で、妊婦さんの一日の摂取上限量の半分くらいです。

いくらを一度に20貫も食べることはないと思いますが、参考までに、気に留めておいてくださいね。

★野菜も一緒に食べよう!

お寿司を食べ過ぎると、塩分の取り過ぎになり「むくみ」に繋がることがあります。

そんなときは、野菜をたくさん食べましょう!

野菜に含まれるカリウムには、塩分を排出する働きがあり、むくみを改善してくれます。

また、野菜を食べることで、お寿司の食べ過ぎ防止にもなり、妊娠中の体重管理にも役立つでしょう。

サイドメニューに、野菜サラダや具だくさんの汁物を取り入れて、栄養バランスが偏らないように心がけて下さいね。

外食などで野菜が取りにくいときは、妊娠中に必要な栄養補給ができるサプリメントを飲んでおくと安心です。

まとめ

私はお寿司が大好きなので「妊娠中はNG」と知って、がっかりしたことがあります。

これは「食べてはいけない」のではなく「食べ過ぎに気を付けましょう」ということなので、過度に心配しなくても大丈夫です。

私はつわりの時期、酢飯が食べたくて、よく「お稲荷さん」や「かんぴょう巻き」を食べていました。

食中毒や水銀の心配から、生魚の寿司ネタや刺身は控えていましたが、たまに食べたいときは少しだけ食べていました。

お寿司でも刺身でも「食べ過ぎなければ問題ない」と思いますが、こればかりは自己責任ですからね。

少しのリスクでも回避したいのであれば、ちらし寿司や巻き寿司を、手作りしてみてはいかがですか?

私は上の子の誕生日のときなど、ちらし寿司を作りますが、酢飯を作るときの、塩と砂糖の量には、ビックリします!

どれだけの量を使っているのか知るためにも、ぜひ一度「酢飯作り」をしてみて下さい!

私は毎回、塩や砂糖を控えめにした酢飯をつくり、寿司ネタは卵、ボイルエビ、アボカド、キュウリ、カニカマなどをトッピングします。

太巻きでしたら、卵ときゅうりとカニカマなど。

生ものがなければ、小さなお子さんと一緒に食べることができますし、食中毒も水銀も心配しなくていいので、食事の時間を楽しむことができますよ!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加