旦那や子供に立ち会い出産させる?

現代における「出産」というのは、無痛分娩や水中出産など昔に比べてかなり自由度が高まっているように思います。

それと同時に、「出産そのもの」がオープンになりましたよね?

中でも「家族の立ち合い」を選択するカップルは増えているように思いますし、実際私の周囲でもほとんどの方がパートナーの立ち合いのもと出産されています。

そして私も、3回の出産のうち3回とも「夫の立ち合い出産」を経験しました。

立ち合い出産には、メリットもあればデメリットもありますし、立ち合い出産を希望する女性がいる一方で、立ち合い出産を後悔する女性がいるのも事実です。

今回は「立ち合い出産のアレコレ」について調べてみました。

スポンサーリンク

「立ち会い出産」してよかった?それとも後悔してる?

分娩時に、夫や子供や家族が付きそうことを「立ち合い出産」と言います。

ひと昔前でしたら、男が分娩室に立ち入るなんて想像すらできなかったでしょうし、テレビの出産シーンに出てくる男性はみな「分娩室の外の廊下で待たされるもの」でしたが、最近では「夫が妻の出産に付き添うシーン」が当たり前になって来ましたよね?

このように現代では、「分娩室は男性にとって開かれたもの」となりつつあるように思います。

では、なぜ以前よりも立ち合い出産を希望するカップルが増えてきているのでしょうか?

それには、「立ち会い出産=感動的!」という強いイメージがあるからではないでしょうか?

実際に、立ち会い出産した方の中には、

・出産時の貴重な時間を共有でき、夫婦の絆が深まった

・出産に立ち会った夫がとても感動してくれた

・陣痛の間、夫に付き添ってもらい安心感があった

・腰をさすったり看護婦さんを呼んでもらったり、夫へ感謝の気持ちを持てた

・夫婦で出産を乗り切った感があった

と、夫婦共に感動的な出産を迎えられたという意見が多くあります。

その一方で、

・立ち会い出産をしたせいで、産後に夫婦仲がうまく行かなくなった

・立ち合い出産を後悔している

・夫が役に立たず、失望してしまった

・理想の立ち合い出産とはかけ離れていた

という真逆の意見があるのも事実です。

また、

・出産時に身内がいると甘えが出そうで嫌

・一人の方が、気が楽

・出産シーンを見たくない、または見られたくない

と、最初から立ち合い出産を希望しない方もいらっしゃいます。

このように、立ち合い出産は「希望する人」と「希望しない人」にハッキリ分かれる傾向にあるようです。

立ち合い出産「賛成 VS 後悔」なぜ分かれる?

インターネットや雑誌などの情報によると、立ち合い出産を行った方の中には「よかった!」という意見と「やめておけばよかった!」という大きく二つの意見に分かれることが見て取れます。

「よかった」という意見では、夫婦ともに最初から立ち合い出産を希望しているケースが多く、「やめておけばよかった」という意見では、夫婦のどちらかが望まないのに無理に立ち会い出産してしまったというケースが多いように思います。

さらに、やめておけばよかったという後悔派の場合、あまりにも想像とかけ離れたリアルな出産シーンに「こんなはずではなかった」とガッカリしてしまったケースも多く見られました。

こうしてみると、立ち合い出産して後悔しないためには「出産に関する情報を、事前に夫婦間で共有する」ことが大切だとわかります。

また、上のお子さんの立ち会いを希望される場合も「出産が長引いた場合に過ごせるスペースがあるか」「急なハプニングに対応できる年齢か」「性格的に出産を受け入れることができるか」など、お子さんの年齢や性格なども考慮に入れて慎重に判断する必要があります。

出産時は、予想もできないようなさまざまなハプニングが起きるものです。

夫婦のみならず、家族みんなが「立ち会ってよかった」と思えるかどうかの分かれ目は、「事前の話し合い」と「準備」が欠かせないように思います。

スポンサーリンク

立ち会い出産で離婚率が上がるのはなぜ?

立ち合い出産は、夫婦の絆を深めたり、上に子が赤ちゃんへの深い愛情を抱くきっかけになったり、家族にとって貴重な経験となる一方、立ち合い出産をきっかけに離婚へと発展するカップルがいるのもウソではなく、アメリカでは「立ち会い出産をすると離婚率が上がる!」という統計も出ているそうです。

なぜ、感動的なはずの立ち合い出産が、離婚へとつながってしまうのでしょうか?

立ち合い出産が夫婦間を悪化させる引き金となるのは、「夫婦間の準備不足やコミュニケーション不足」「ちょっとした相手への誤解」「過剰な期待」などがあるように思います。

決して「立ち合い出産そのものが離婚を招くのではない」のです!

多くの妻は、出産時に夫の助けを期待していますよね?

夫に優しい声をかけてもらい、背中をさすってもらい、手を握ってもらいながら出産し、出産後は夫婦で手を取り合って喜び合うという感動的なシーンを想像しているのではありませんか?

しかし現実の夫が「力不足」「役立たず」「期待外れ」だったりすると、妻は夫への愛情が覚めてしまい「離婚」の文字が浮かんでしまうのかもしれません。

実際に、立ち会い出産を経験した男性の多くが、

・自分にできることは何もなかった

・自分が何をしてあげられるのかわからなかった

・妻の横に立っていることしかできなかった

・子どもを生んでくれたことに感謝することしかできなかった

と、役に立ちたくても「何をすべきかわからない自分」「何もできない自分」にもどかしさを感じているおり「自分の力不足」を認める感想を述べています。

立ち合い出産の「現実」に後悔しないために、妻としてはたとえ夫が役に立たず、デリカシーに欠ける態度をとったとしてもガッカリしないという覚悟が必要だと思います。

そして夫側も、「ただ妻の側に立って出産を見ているだけ」「ビデオを撮るだけ」にならないよう、夫婦共に立ち合い出産に向けての情報収集や意見交換などの準備をしておくべきだと思います。

立ち会い出産のための準備とは?

では、具体的にどんな準備をしておくと立ち会い出産を後悔せずに済むのでしょうか?

一番大切なポイントは「立ち会い出産に対する、夫婦それぞれの意見の共有」です。

お互い遠慮せず、心の底から立ち会い出産を望んでいるのかどうかをしっかりと確認し合いましょう。

男性の中には、出産に立ち会いたい気持ちはあるものの「血を見たり、匂いが苦手」という方もいらっしゃいますし、女性側でも「出産の姿を見られるのが嫌」「恥ずかしい」という方もいらっしゃると思います。

このように、どちらか一方が立ち合い出産に消極的な場合は、相手を無理強いせず、「実母に立ち会ってもらう」「産後すぐに対面する」というような別の方法も考えてみましょう。

いずれにせよ、お互いの意見を尊重し、しっかり話し合うことが大切です。

次に大切なポイントは「夫婦お互いに、過剰な期待をしないこと」です。

夫は「感動的な赤ちゃんとのご対面!」

妻は「献身的な夫のサポート!」

を期待しがちですが、現実はそう美しくありません!

妻が今まで見せたことのないような形相や気配に、夫は思わず尻込みするかもしれません。

また、いつもはドンと構えているはずの夫が出産時は緊張してアタフタしてしまうかもしれませんし、緊張のあまり疲れて果ててしまい、一番大事な時に眠り込んでしまう夫もいます。

このように、過剰な期待とは裏腹に、実際の出産には様々なハプニングが起こります。

理想と現実の大きなギャップにガッカリしないためにも、経験談や失敗談などを参考にしながら「出産とはどんなものなのか」を知っておくこと、そして出産という「非日常」の「極限状態」にある相手を、お互いに許容できるかどうかもよく考えておくといいと思います。

そして、最後のポイントは「出産時、自分が何ができるか知っておくこと」です。

特に男性は、すべきことがわからず自分が何も役に立たないとオロオロしてしまう人が多いので「出産時にはこういうサポートをすると役に立つ」という具体的な情報を予め知っておくようにしましょう。

妻側は、出産時に起こりうる体の変化やトラブルを事前にイメージしておくと「腰を押して欲しい」「お水が欲しい」「横向きになりたい」など、夫へリクエストしやすいと思います。

このように、「自分に何ができるのか」「リクエストに対してどのように答えたらいいのか」「要望をどうやって相手に伝えるか」を知っておくとお互いに楽ですし、本番の時に落ち着いて対処できると思います。

次に必要な準備は、「産院や勤め先に、立ち会い出産を希望していることを予め伝えておくこと」です。

なぜなら、大きな病院などでは立ち会い出産に対応していないところもありますし、病院によっては、夫婦で母親学級に参加しないと立ち会い出産できないところもあるからです。

直前になって「立ち会いたかったのに!」とならないよう、スケジュールにゆとりをもって準備をすすめましょう。

また、仕事をしている夫の場合、出産予定日に休みをとっていても「無駄」になることがよくあります。

なぜなら、出産予定日ぴったりに赤ちゃんが生まれてくるとは限らないからです。

勤め先には前もって立ち会い出産を希望していることを相談しておき、予定日の前後で突然のお休みを取れるかどうかを確認しておく準備も必要です。

このように、立ち合い出産を後悔しないためには、「何が起きても相手を許容するという覚悟」「情報収集」「スケジュール管理」というさまざまな準備が必要であるということです。

まとめ

立ち合い出産をよき思い出にするには、夫婦二人でいっしょに準備していくことが大切です。

しかし、我が家の場合は、そこまで深く考えずに立ち合い出産をしてしまいました。

我が家の場合、私が陣痛でうなされている最中、分娩室へ入ってきた夫が「白衣を後ろ前反対に着ている」のを見て、陣痛の合間に大爆笑するというハプニングもありましたし、夫が夜お酒を飲んでいる最中に私の陣痛が来てしまい、夫が酔っ払った状態で立ち合うハメになったり、陣痛の痛みで私が夫の手をあまりにも強く握りしめてしまったせいで「痛てててて!」と夫の大悲鳴を病室へ響き渡らせてしまったり・・・3回の出産中3回ともハプニングだらけの立ち合い出産になってしまいました。

こんな「期待外れ」な夫ですし、夫が「命を産み落とす大変さ」をどの程度理解してくれたかはわかりませんが、「命が誕生する瞬間」を夫婦で味わえたことは貴重な経験だったと思っています。

出産はすばらしいものですが、美しいものではありません!

立ち合い出産を後悔しない一番のコツは、夫婦間のコミュニケーションや準備はもちろんですが、「出産とパートナーを美化しないこと」でしょうか???

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加