胎動で気持ち悪くなる?胎動が気持ち悪い?

妊娠中期に入ってくると、一般的には「胎動を感じ始める」と言われています。

初めて胎動を感じた瞬間は、これまで感じたことのない「奇妙な感覚」と同時に、お腹の中の赤ちゃんの存在を初めて自覚できた「感動的な瞬間」ではないでしょうか?

私自身、初めての妊娠のときは、胎動なのか、腸の動きなのかわからず、「これは胎動だ!」と自覚するのに時間がかかりましたが、胎動は腸の動きと似ているようで、全く異なるものです。

妊娠中期以降、頻繁にお腹がグニョグニョするようであれば、それは赤ちゃんの動きかもしれませんよ。

最初は、ほんのかすかな胎動であったものが、赤ちゃんが成長するに従って、胎動は強く、はっきりとしたものになってきます。

妊婦さんの中には、胎動のせいで気分が悪くなったり、胎動の奇妙な感覚を不快に感じてしまうこともあるようです。

今回は「胎動で気持ちが悪くなる原因」や「胎動を不快に感じてしまう妊婦さんの意見」について、調べてみました。

スポンサーリンク

胎動を感じるのはいつから?

胎動を感じ始めるのは、いつからでしょうか?

胎動の感じ方には、個人差が大きく、妊婦さんの体形や生活スタイルによっても、異なります。

胎動を感じ始める目安としては、妊娠5カ月あたり(妊娠20週以降)だと言われています。

経産婦の方は、初産の方よりも、胎動を感じ始める時期が早い傾向にあり、妊娠4ヶ月(妊娠16週)で自覚する方もいらっしゃいます。

初産の方や妊娠前から太り気味の方、妊娠中も家事や仕事で動き回っている方は、胎動を自覚しにくいと言われているため、妊娠6カ月以降から感じる方や、臨月までほとんど胎動を感じないという方もいらっしゃいます。

胎動を感じる時期は、妊婦さんによってさまざまです。

妊婦健診で、赤ちゃんが元気に成長していることがわかっていれば、たとえ胎動を感じにくかったとしても、大きな問題はありません。

また、胎動を感じる時期が、「早いか、遅いか」、胎動が「強いか、弱いか」は、赤ちゃんの個性にもよります。

胎動を感じる時期や強さは、妊娠の経過や出産へ影響を与えるものではありませんので、あるがままを受け入れてあげて下さいね。

(「妊娠中の胎動はいつから?胎動を感じないのはなぜ?」に関連記事を書いています。)

赤ちゃんが痙攣?その胎動は大丈夫?

胎動を感じ始めると、胎動にはさまざま種類があるのがわかるかと思います。

時には、お腹の中でピクピクする胎動を感じませんか?

これは、赤ちゃんが痙攣しているのです。

赤ちゃんが痙攣しているなんて、とても心配になりますよね?

赤ちゃんの痙攣は、危険なサインなのでしょうか?

答えは、危険なサインではなく、「おしっこをしたサイン」です!

赤ちゃんが羊水を飲み、それを尿として排出する際に、体をピクピクと震わせるため、その動きがママには痙攣のように伝わってくると言われています。

赤ちゃんが、排尿した際、このように手足をピクピクと震わせるのは、胎児特有の動きなのだそうです。

この痙攣のような動きは、生後まもない赤ちゃんにも見られる動きですが、時間の経過とともに自然と消えてしまいますので、心配いりません。

痙攣のほかには、赤ちゃんのしゃっくりを感じることもできます。

一定の間隔を保ちながら、ピクッピクッと胎動を感じることがありませんか?

私達のしゃっくりと同じように、赤ちゃんもしゃっくりをします。

赤ちゃんのしゃっくりは、横隔膜のトレーニングであり、呼吸をするための準備だとも言われています。

赤ちゃんがしゃっくりしていれも、「苦しいのでないか?」と心配する必要はありません。

私もよく、お腹からしゃっくりのリズムが伝わって来ましたよ。

妊娠後期に入り、赤ちゃんが大きくなってくると、外からでも赤ちゃんの形がはっきりわかることもあります。

赤ちゃんの足の形がくっきり見えたり、膝やおしりの形がわかる方もいらっしゃいます。

私は、我が子の手や足の形はわかりませんでしたが、洋服の上からでもお腹の動きを見ることはできました。

スポンサーリンク

激しすぎる胎動で気持ちが悪くなる?

赤ちゃんが大きくなってくる妊娠後期に入ってくると、胎動は日に日に強くなっていきます。

加えて、妊娠後期は、赤ちゃんが大きくなることで胃が圧迫されるため、食後に吐き気を感じたり、つねにムカムカしているなど、後期つわりのような症状が出てくることもあります。

気分が悪くてじっとしていたいとき時に、激しい胎動があると、ムカムカが悪化してしまうことがあります。

ただでさえ胃が苦しいのに、赤ちゃんに胃のあたりを蹴られたり、胃を突き上げるようにパンチされると、吐き気を催し、実際に、嘔吐してしまうこともあるそうです。

胎動は赤ちゃんが元気な証拠ではありますが、激しすぎる胎動に、悩まされる瞬間もあるのです。

赤ちゃんをおとなしくさせることはできませんので、胎動による吐き気や嘔吐を軽減するには、ママ自身の工夫が必要です。

それは、お腹いっぱい食べ過ぎないことです。

ちょこちょこ小まめに食事を取るようにすると、胃腸への負担が減りますし、嘔吐は免れるかもしれませんよ。

また、激しい胎動は、気持ちが悪くなるだけでなく、痛みも生じさせます。

赤ちゃんのパンチやキックが強すぎるあまり、思わず「イテテテ!」と声を上げてしまったり、うめいてしまったり、うずくまってしまうことだってあります。

それくらい、激しい胎動は、痛いものなのです。

嬉しさと同時に、困惑してしまう(?)赤ちゃんの胎動ですが、妊娠9ヶ月以降になると、胎動が落ち着いてくる傾向にあります。

なぜなら、臨月間近の赤ちゃんは、体が大きくなってくるため、子宮の中を自由に動き回ることができなくなるからです。

臨月になると、ほとんどの赤ちゃんは、出産に向けて頭を下にし、手足を引き寄せ体を丸めた形に落ち着きます。

そして、お腹から出る日を待っています。

胎動を不快に感じることも?

赤ちゃんの存在を感じることができる胎動ですが、妊婦さんの中には胎動を不快に感じている方もいらっしゃるようです。

例えば、

・お腹の中を触られている感じが苦手だった

・胎動の感覚が不快だった

・激しい胎動のせいで眠ることができずイライラしてしまった

・胎動のせいで物事に集中できなかった

・胎動が痛くて腹が立った

・激しい胎動をうるさく感じてしまった

このように、胎動を不快に感じてしまう場面もあります。

私は、眠れなかったり、うずくまるほど激しい胎動はありませんでしたが、胎動に苦労している妊婦さんがいるのは事実です。

激しい胎動のあまり、イライラしたり、胎動による奇妙な感覚を不快に感じるのは仕方がありませんが、これも赤ちゃんが元気な証拠です!

こわいのは、胎動がパッタリとなくなってしまったり、お腹が急に張ったり、お腹の張りが急にひどくなったときです。

「胎動がない=赤ちゃんに何かあった可能性が0ではない」と考えられます。

ぜひ、日々の胎動の変化を、気にかけてあげてくださいね。

まとめ

ここでも書きましたが、赤ちゃんが成長してくると、赤ちゃんがパンチやキックをすると、赤ちゃんの手や足が確認できる、と言われています。

私はコレを経験してみたかったのですが、残念ながら確認することはできませんでした。

胎動ははっきりありましたし、ぴったりした洋服を来ているときは、洋服の上からでもお腹が動いているのがわかるほど元気に動いてはいましたが、我が子の頭や手足の形が、飛び出てくることはありませんでした。

私は「胎動が痛い」と感じたことはありませんでしたし、「激しい胎動のせいで眠れない」ということもありませんでしたので、胎動に関する悩みはありませんでした。

きっと、我が子は「大人しいタイプ」だったのだと思います。

胎動がしっかり感じられないと不安になる反面、激しい胎動にイライラすることもあり、マタニティライフは思うように行きませんよね?

しかし、あなたの体の中に、別の人格が生きているわけですから、思い通りに行かないのは仕方ありません。

胎動を感じることができるのは、今だけです!

胎動という貴重な体験を、しっかり味わっておいて下さい!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加