妊娠中も安心!カフェインを減らす紅茶の飲み方や選び方は?

妊娠中に「カフェインを摂取するのはよくない」と言われて、大好きなコーヒーや紅茶をガマンしていませんか?

確かにカフェインは、妊婦さんや胎児によって悪影響がないと言い切れませんので、妊娠中は控えるのがベストです。

しかし、コーヒーや紅茶が大好きで「水や麦茶じゃ物足りない!」という方もいらっしゃるでしょう。

実は紅茶は、コーヒーと違って「淹れ方や種類によって、カフェインを抑えることができる」のです!

カフェインを完全にゼロにすることはできませんが、コーヒーよりもカフェインのリスクを減らすことができると言えますね!

今回は、妊婦さんにお勧めしたい「カフェインを抑える紅茶の淹れ方と選び方」を中心にご紹介して行きます。

スポンサーリンク

妊娠中の紅茶はカフェインレスじゃなきゃダメ?

「妊娠してからコーヒーを控えている」という妊婦さんを見かけますが、それはコーヒーに含まれる「カフェイン」を避けるためですよね?

なぜ、妊娠中にカフェインを摂取るとよくないのでしょうか?

カフェインには、

・覚醒、興奮作用

・利尿作用

・血管収縮作用

などが認められることから、妊婦さんの睡眠を阻害したり、大切な栄養素が尿として排出されやすくなったり、冷え性や貧血を招くと考えられるからです。

さらに、カフェインによって血流が悪くなると、胎盤への血液量も減ってしまい「早産や流産のリスクが上がる」というデータもあるそうです。

このような理由から、「妊婦さんにとってコーヒー(カフェイン)はよくない」と言われています。

(「妊娠中のカフェイン!コーヒーは一日何杯まで?」に関連記事を書いています。)

では、コーヒーではなく「紅茶」であれば問題ないのでしょうか?

ご存じだと思いますが、紅茶にもカフェインは含まれています。

そのため、カフェインを完全に摂取しないのであれば「カフェインレスの紅茶」を選ぶしかありません。

ただ、「カフェインを一日の上限以下に抑えることができればいい」のであれば、コーヒーより紅茶の方がお勧めです。

なぜなら、紅茶に含まれるカフェインはコーヒーの半分ほどしかないからです。

参考までにコーヒーと紅茶(100mlあたり)に含まれるカフェイン量を比較すると、

◇コーヒー(コーヒー豆10g) 60mg

◇紅茶(茶葉5g) 30mg

となっています。(※日本食品標準成分表を参照)

日本における妊娠中の1日のカフェイン摂取量の上限は「100mg」が目安ですので、紅茶であれば1日2杯程度なら飲んでもいいことになりますね。

また、紅茶にはタンニンという成分が含まれていますが、タンニンは「カフェインと結合する性質」があるため、紅茶のカフェインは体内に吸収されにくいと言えます。

こうしてみると、「午前と午後に分けて紅茶を1杯ずつ飲む程度」であれば、カフェインレスでなくても問題ないと思います。

妊婦さん向け!カフェインを抑える紅茶の淹れ方と種類は?

紅茶にはたくさんの種類がありますが、紅茶の淹れ方や選び方によってはカフェインの量を少なくすることができるのです!

ここでは、カフェインを減らす紅茶の淹れ方とカフェインの少ない紅茶の選び方についてご紹介させて頂きます。

<淹れ方>

茶葉から抽出されるカフェインの量を左右するのは「お湯の温度」です。

カフェインは「高温になるほど抽出されやすい」ので、「水出し」で淹れるとカフェインを抑えることができます。

水の中に茶葉を入れ8時間ほど寝かせておくだけですから、妊娠中の紅茶は水出しで淹れるといいでしょう。

<茶葉の選び方>

1つの茶樹のうち、カフェインは新芽に多く含まれており、下の葉になるほどカフェインの含有量が少なくなっていくそうです。

つまり、「下の葉で作られた紅茶を選ぶとカフェインを抑えられる」ということです。

新芽の部分を「FOP」と呼び、下方の葉を「PS」「S」と呼びますので、紅茶の葉を選ぶときは「PS」や「S」のものを選ぶといいですね。

また、茶葉が大きいものはお茶を抽出するのに時間がかかることから、その分カフェインも多く抽出されていまいます。

一方、茶葉が小さく細かくなるほど抽出時間が短くて済むため、カフェインの含有量も少なくなります。

つまり、カフェインを抑えるには、「茶葉が小さくて細かいモノ」を選ぶとよいのです。

茶葉の大きさは次のように表されます。

・オレンジペコー(OP)>>7~11mm前後

・ペコー(PEKO)>>3~5mm前後

・ブロークンオレンジペコー(BOP)>>2~3mm前後

・ブロークンオレンジペコーファニングス(BOPF)>>1~2mm前後

・ダスト(D)>>0.5~1mm前後

カフェインを抑えるには、「BOPF」や「ダスト」を使い、短時間で淹れるといいですね。

また、「CTC製法」といって「短時間でお茶が抽出できるよう、あらかじめ茶葉を砕いてあるもの」もあります。

ティーバッグの紅茶は、ほとんどがCTC製法で作られているそうなので、茶葉よりティーバッグの方がカフェインの量が抑えられると言えますね。

カフェインを抑える紅茶の淹れ方・選び方をまとめると、

◇水出し紅茶

◇下方に付いている葉を使った紅茶

◇茶葉が小さく細かい紅茶

◇ティーパックの紅茶

がお勧めだということです。

スポンサーリンク

妊娠中にお勧めの紅茶の飲み方は?

みなさんは、紅茶をどのように飲んでいますか?

ストレート、ミルクティー、フルーツティなどいろいろなものとブレンドできるのは紅茶の楽しみの一つだと思います。

ここでは妊婦さんにお勧めの紅茶の飲み方を紹介させて頂きます。

<チャイ風>

紅茶に牛乳を加えて沸騰させる「チャイ風」はいかがでしょうか?

牛乳をたっぷり使っていることから、たんぱく質やカルシウムなどの栄養素を補給することができますし、満腹感も得られますのでおやつとしてもお勧めです。

通常のチャイはシナモンを振りかけますが、シナモンの香りには子宮収縮作用があるため妊娠中は控えた方がいいかもしれません。

そこでシナモンの代わりに生姜を入れてみませんか?

ピリッと辛いチャイはクセになりますよ!

さらに生姜の作用で体が温まり、冷え性に悩む妊婦さんにもお勧めです。

<はちみつ紅茶>

砂糖の代わりにはちみつを入れると甘味がまろやかになります。

はちみつにはビタミン・ミネラルなど優れた栄養素が含まれていますし、喉の痛みを和らげる働きもありますので風邪予防にも適しています。

(「妊娠中にはちみつは食べてはいけないの?」に関連記事を書いています。)

<ジャム紅茶>

次は、砂糖の代わりにジャムを加える飲み方はいかがですか?

柑橘系のジャムを入れると、甘さと酸っぱさが入り混じりスッキリとした味の紅茶になります。

一方甘味を強くしたい場合は、林檎やイチゴジャムを入れると紅茶の苦味が和らいで飲みやすくなります。

ジャムは市販のものではなく、手作りすると添加物を抑えることができますね。

<フルーツティー>

紅茶の中に果物を入れた飲み方です。

最初に沸騰させた紅茶を作り、そこに果物を入れて20分ほど放置すれば完成です。

果物の甘さによって砂糖抜きでも紅茶が飲みやすくなるうえ、果物を食べる楽しみもできます。

果物の甘味が足りない場合は、少しだけ砂糖やはちみつを加えてもいいでしょう。

<きな粉ミルクティー>

ミルクティーを作った後に、きな粉を加えます。

牛乳ときな粉の甘味によって砂糖なしでもほんのりとした甘味を感じることができますよ。

きな粉にはたんぱく質や食物繊維などの栄養素が豊富ですので、ぜひ日々の食事にきな粉を取り入れてみて下さいね。

おわりに

私も紅茶が大好きで、朝の目覚めの一杯やランチタイムに紅茶を飲む習慣があります。

その日の気分で紅茶の種類を選ぶのは楽しいですよね!

私はこれまでたくさんの紅茶を飲んで来ましたが、水出しにすることでカフェインを抑えることができることを今回初めて知りました!

今後アイスティーを飲むときは、熱い紅茶をわざわざ冷ますのではなく、水出しで作ろうと思います!

紅茶は茶葉の種類だけでなく、紅茶の産地や茶葉を摘んだ季節や年によっても味が異なるそうです。

紅茶って、ものすごく奥が深いことを今回の調査で知りました。

紅茶の飲み過ぎはよくありませんが、妊娠中であっても「紅茶のある生活」を楽しんで欲しいと思います。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加