妊娠中の歯磨きで血だらけ!上手な歯磨きのやり方は?

「妊娠すると虫歯になりやすくなる」と言われるのをご存じですか?

これは単なる迷信や言い伝えではなく、事実です。

妊婦すると、女性ホルモンの影響や食生活、生活習慣の変化によって、虫歯や歯肉炎にかかりやすくなってしまうのです。

妊婦さんの中には、歯磨きのたびに「歯茎から血が出る」という方はいらっしゃいませんか?

出血する場所は違うものの、歯磨きの際に口の中が真っ赤になったり、口をゆすいだ時に吐き出した水が真っ赤だったりすることがあるかもしれません。

歯磨きの際の出血は、どんなサインなのでしょうか?

また、「歯磨きをしたくても気持ち悪くてできない」「歯科検診に行きたくても、歯医者の匂いのせいで行けない」という方がいらっしゃるかと思います。

私も、妊娠中は歯磨きすると吐いてしまったり、「匂いつわり」で歯医者に行くことができませんでした。

今回は、「歯磨き中の出血のサインと改善法」「つわり中の吐き気を軽減する歯磨きのやり方」についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

妊娠中の歯磨き!血だらけになるのはなぜ?

妊娠してから、歯磨きをしていると「歯茎から出血するようになった(泣)」という方はいらっしゃいませんか?

毎日、口の中が血だらけになってしまい、驚いている方もいらっしゃるでしょう。

歯茎からの出血は「歯肉炎」の症状です。

特に「妊娠性歯肉炎」という呼び名があるくらい、妊婦さんにとって歯肉炎は身近なものであり、実際に歯肉炎に罹っている妊婦さんはたくさんいらっしゃいます。

歯肉炎は歯周病の初期症状ですが、妊婦さんは歯周病菌が繁殖しやすいため、歯肉炎になりやすいと言われています。

なぜ歯周病菌が繁殖しやすいかというと、妊娠すると増加する女性ホルモンは歯茎中にも増加するのですが、歯周病菌はこの女性ホルモンを餌として繁殖するからです。

さらに、妊娠中はつわりの影響で、歯磨きの回数が減ったり、食事の回数が増えることから、歯に汚れ(歯垢)やたまりやすい状態です。

女性ホルモンによって増殖した歯周病菌は、溜まった歯垢によってさらに増えていくだけなく、妊娠中は免疫力が低下しているため、菌への抵抗力が弱く、あっという間に歯周病菌だらけになってしまうのです。

その他に、妊娠中は、血液中の水分が増えるため、出血しやすく、血が止まりにくくなっています。

そのため、強い力で歯みがきを行っている場合は、歯茎から出血しやすくなります。

歯磨きの際に、血だらけになると気分が悪いですよね?

歯肉炎の出血を止めるにはどうしたらいいのでしょうか?

歯磨きの際に気を付けたいポイントはこちらです。

<やわらかい歯ブラシを選ぶ>

硬い歯ブラシは、歯茎を傷つけてしまい出血がひどくなる可能性があります。

必ずやわらかめの歯ブラシを使うようにしましょう。

<やさしく磨く>

ごしごしを力を入れてはいけません。

歯茎が痛くない程度、歯ブラシが少ししなる程度の力で磨いてください。

<歯茎をマッサージする>

腫れている箇所をマッサージするように磨きます。

出血しても歯茎のマッサージを続けてください。

丁寧に磨いていると、1~2週間ほどで歯茎の腫れがひき、出血は治まってくるはずです。

<歯周ポケットを磨く>

歯と歯茎の境目を歯周ポケットと呼びます。

歯周ポケットに汚れがたまりやすいので、歯周ポケットをしっかり磨きましょう。

歯ブラシを歯周ポケットに当て、小刻みに動かすようにしてください。

歯周ポケットに歯ブラシを入れるには、毛先の細い歯ブラシを使う必要があります。

一方、毛先の細い歯ブラシは、ブラシの強度が弱く、毛先が曲がってしまうというデメリットがあります。

ブラシの毛量が多く、歯磨きと歯茎のマッサージが同時にできる歯ブラシがお勧めです。

妊娠中は歯医者の匂いで歯医者に行けない?

妊娠中の虫歯や歯肉炎を予防するためには、歯医者で定期検診を受けたり、歯医者でクリーニングを受けることが大切です。

しかし、歯医者の「匂い」で気分が悪くなってしまうため歯医者に行けない…という方はいらっしゃいませんか?

妊娠中は、匂いに敏感になることが多いのですが、これはつわりの一種であり「匂いつわり」と言います。

特定の匂いだけを受け付けなくなったり、すべての匂いに対して吐き気を催してしまう方もいらっしゃいます。

匂いつわりは、妊娠初期だけでなく、出産まで続くこともあり、匂いつわりのせいで歯科治療を受けられなくこともあるでしょう。

また、歯医者へ行くまでの車、電車、バス、人の匂いによって気分が悪くなってしまい「歯医者までたどり着けない」方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私自身、匂いつわりがひどく、人の匂いや香水もダメになり、人混みは行けなくなりました。

もちろん歯医者での治療もできませんでしたが、どうしても上に子の治療で歯医者に行かなければならないときは、マスク着用で行きました。

妊婦さんにとって歯医者へ行くことは「勇気」がいることなので、自宅でのケアで口内トラブルを予防しておきたいですね。

スポンサーリンク

妊娠中の歯磨き!気持ちが悪くなるのを防ぐには?

歯周病が悪化すると、最悪の場合、歯を抜かなければならなくこともありますので、その前に何とか改善しておく必要があります。

歯肉炎は、歯磨きによって予防・改善することができますが、妊娠中は歯磨きをすると気持ちが悪くなることがあり、なかなかしっかりと磨くことが難しいのではないでしょうか?

例えば

・歯ブラシをくわえるだけで吐き気がする

・奥歯を磨いているとオエッとえずく

・歯磨きのたびに吐いてしまう

と、歯磨き中の吐き気や嘔吐に悩んでいる方がいらっしゃると思います。

これは、つわりの時期だけでなく、出産まで続くこともあり、妊婦さんにとっての「歯磨き」はちょっと気合がいる行為ですよね。

では、妊娠中の歯磨きの際、気持ちが悪くなるのを防ぐにはどのような方法があるのでしょうか?

<歯ブラシの選び方>

歯ブラシが、のどの近くに触れると吐き気を催しやすいので、ヘッドの小さい歯ブラシを使ってみましょう。

子供用の歯ぶらしもお勧めです。

<歯磨きのやり方>

奥の方までごしごし磨くと吐き気を催しやすいので、奥歯まら前歯にむかって掻き出すように磨き、小さく小刻みに動かしましょう。

<歯ブラシを使用しない>

歯ブラシを使うことができない場合、デンタルフロスや歯間ブラシだけでも効果的です。

また、マウスウォッシュで口をすすことも有効ですが、匂いや味が気になってマウスウォッシュは使いにくい方もいらっしゃるでしょう。

現在では、ざまざまな味のマウスウォッシュが販売されていますので「これなら大丈夫!」という味が見つかればラッキーですね。

マウスウォッシュが苦手な方は、マウスウォッシュを薄めて使ったり、水やお茶をよく飲んで口内を洗い流すだけでもいいそうです。

<ガムを噛む>

キシリトール配合のガムを噛み、唾液の分泌を促すことも大切です。

私がつわりのときは、自分の唾液すら気持ちが悪くて、ガムはもってのほかでしたが…。

そのほか、

<体調のいい時間に磨く>

歯磨きは食後に行うのが効果的ですが、妊娠中は食後に限定せず、体調のいいときに行いましょう。

食後すぐに磨くと食べたものを戻してしまうので、食後しばらく経ってから磨いたり、空腹時や食前に磨いてもいいでしょう。

<お風呂、トイレで磨く>

歯磨き中に嘔吐してもいいように、お風呂やトイレで磨く方もいらっしゃいます。

このように、妊婦さんは毎日の歯磨きに苦労しています。

あなたなりに工夫し、虫歯や歯肉炎を予防していってくださいね。

(「妊娠中の歯肉炎の治し方!原因と予防法は?」に関連記事を書いています。)

妊娠中にお勧めの歯磨き粉は?

妊娠中は、歯磨き粉の味や匂いで気持ちが悪くなることもあります。

そんなときは、

・無香料のもの

・味が薄いもの

・発泡剤不使用のもの(泡立ちにくく、苦しくない)

・アルコール不使用のもの(低刺激)

に変えてみましょう。

それでも歯磨き粉の味や香りがダメな場合は、歯磨き粉の使用を中止しましょう。

まとめ

私も妊娠期間中は、歯磨きに苦労しました…。

歯磨き粉は使えず、マウスウォッシュは後味が残ってしまい最悪でした。

そのため水だけで磨いていましたが、慣れると水だけでも十分さっぱりしますよ。

歯磨き中に吐くこともしばしばあったので、シャワーを浴びながら磨くこともよくありました。

歯肉炎が悪化すると、抜歯しなければならなくなる可能性もあります。

赤ちゃんの誕生と引き換えに、歯を失ってしまうことのないよう、寝る前だけでも構いませんので、丁寧に歯磨きするよう頑張ってくださいね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加