妊娠初期の下痢はつわりの一種!?

妊娠中は、体が大きく変化するものです。

特に、妊娠してすぐは、体調が優れないことが多くなります。

妊娠初期のつわりと同様に、この時期によく見られる不快な症状には、頭痛、微熱、胃痛、胃もたれ、便秘、げっぷなどがあります。

(「眠りつわりの対策法は?」、「疲れやすい!これもつわりの症状?」、「妊娠初期の熱と頭痛はつわりの症状?」、「胃痛がする!これもつわりの一種?」、「げっぷ!これもつわりの症状?原因は?」に関連記事を書いています。)

そして、一般的にあまり知られていませんが、妊娠初期によくある不快症状に「下痢」があります。

妊娠初期の下痢はつわりなのでしょうか?

下痢を改善するにはどうしたらいいのでしょうか?

今回は「妊娠初期に見られる下痢」について調べてみました。

スポンサーリンク

妊娠初期の下痢はつわり!?

妊娠してから「下痢が続いている」「お腹が緩くなった」という妊婦さんは多いものです。

この下痢は、ただの体調不良なのか、妊娠のせいなのか、不安になりますよね?

多くの場合、妊娠初期の下痢は、妊娠によって分泌されるホルモンの影響が原因です。

つまり、つわりの一種と考えられます。

妊娠すると、このホルモンの影響によって、胃腸の機能が低下します。

食べ慣れたものであっても、妊娠中はうまく消化できなくなる可能性があります。

また、つわりで冷たいものばかり食べてお腹が冷えてしまったり、脂っこいものばかり食べて消化不良を起こすことも、下痢の原因と考えられます。

下痢もつわりの一種であることを示すかのように「つわりが終わったと同時に下痢が治まった」「妊娠中期に入ったら下痢しなくなった」と、つわりが終わる時期と同じタイミングで、下痢が改善していくケースがあるようです。

そして「下痢が終わったら、今度は便秘になった」と、次は便秘に悩まされるようになるケースもあります。

妊娠初期の下痢で流産する!?

「妊娠初期に下痢をすると流産に繋がる」と聞いたことがありませんか?

実は、妊娠初期の下痢と流産の因果関係はありません。

腸と子宮は近いので、下痢によってお腹が痛くなると「赤ちゃんが心配」と感じると思いますが、妊娠初期の流産は、卵自身に問題があります。

ママの下痢が、流産を引き起こすことはありませんので、安心して下さいね。

妊娠初期の下痢で気を付けたいことは?

妊娠初期の下痢はつわりの一種なので、ある意味、仕方がありません。

ただ、吐きつわりを伴う場合は、脱水になる可能性が高くなります。

温かい飲み物をこまめに飲むようにしたり、水分の多い汁物を食べるようにするなど、意識して水分を取るように心掛けて下さいね。

また、発熱やひどい腹痛、嘔吐(吐きつわりとの違いがわかりにくいですが)がある場合は、胃腸炎や感染症の場合もありますので、気になる場合は、病院へ行って下さいね。

スポンサーリンク

下痢を改善するには?

妊娠初期の下痢は、ホルモンの影響なので、下痢を根本的に治す方法はありません。

しかし、下痢の症状を少しでも和らげるために、次のことを試してみて下さい。

★体を温める

お腹が冷えると、下痢になります。

必ず、下腹部を温めるようにしましょう!

また、お腹だけでなく、全身を温めることが大切です。

そのために、首元・手首・足首を集中的に温めるといいそうです。

夏でも靴下をはいたり、腹巻を巻いたり、湯船で温まるなど、できることから試してみて下さい。

また、食べ物では「しょうが」がお勧めです。

しょうがは全身を温めてくれるので、ひとかけの生姜を食事に取り入れてみて下さい。

逆に、白砂糖や化学調味料、精製されたものは体を冷やしてしまいます。

甘いもの、インスタント食品、白いパンなどの食べ過ぎには、気を付けましょう。

★消化のいいものを食べる

消化不良になると、下痢を引き起こします。

食物繊維の多いものや、脂質の多いものは、要注意です。

おかゆやうどん、温野菜、たんぱく質なら豆腐や白身魚がお勧めです。

また、生ものではなく、加熱したもの、そして新鮮なものを食べるようにしましょう。

ただ、つわりの時期は、食べられるものが限られることもありますので、無理のない範囲で試してみて下さいね。

まとめ

私は、妊娠中はずっと便秘だったので、つわりの一種に「下痢」があることを、初めて知りました!

下痢は便秘と違って、激しい腹痛を伴ったり、トイレから離れられなくて外出できなかったりと、生活する上でも不便ですよね。

ただ、便秘のように体内に老廃物を溜めこむよりは、下痢の方がいいそうです。

お腹の赤ちゃんにとっても、便秘で子宮が圧迫される方がよくないみたいです。

普段、私が下痢の時や、お腹が冷えたときに活用しているのが「湯たんぽ」です。

お腹に抱えて寝ると、温かくて気持ちいいですよ!

つわりで、お風呂にも入れないときでも、温まることができますし、首の後ろを温めると、とても気持ちよくてお勧めです。

私は吐きつわりで苦しみましたが、下痢も辛いと思います。

上からも下からも…出すのは辛いですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加