つわりの症状で性別がわかる?

妊娠がわかると「男のかな?女の子かな?」と性別が気になりますよね?

まわりからも「赤ちゃんの性別はどっち?」と聞かれる機会があると思います。

赤ちゃんの性別を知るには「つわりの症状から赤ちゃんの性別を推測できる」とも言われています。

本当に、つわりの症状で赤ちゃんの性別を判断できるのか、調べてみました。

スポンサーリンク

つわりの症状で性別がわかる?

つわりの症状には「食べつわり」「吐きつわり」「眠りつわり」など、いくつか種類があります。

さらに「つわりの程度が軽いor重たい」「つわりの期間が短いor長い」「つわりのときにあっさり系が好きになったorこってり系が好きになった」など、つわりの種類も程度も症状も、人によって千差万別です。

では、このつわりの症状によって、お腹の赤ちゃんの性別がわかるのでしょうか?

答えは「NO」です!

残念ながら、つわりの症状と赤ちゃんの性別は、まったく関係がありません!

現時点では、赤ちゃんの性別を判断するには、超音波検査をするしかないようです。

つわりの症状と性別の言い伝えは?

つわりの症状と赤ちゃんの性別に関連する言い伝えはいくつかあります。

・吐きつわりになると女の子、食べつわりになると男の子
・顔つきが優しくなると女の子、顔つきがきつくなると男の子
・お腹が横に広がると女の子、前に突き出ると男の子
・つわりがひどいと男の子
・お肉が食べたくなると男の子
・塩辛いものが食べたくなると男の子
・(性別にかかわらず)二人目以降はつわりが軽い

などと言われています。

つわりの種類や顔つき、食の好みなどを、赤ちゃんの性別と関連つけるのは、イメージに因るものでしょうか?

「女の子=顔つきが優しい」とか「肉食=男の子」とか…?

「つわりがひどい=男の子」は、ママと性別が異なるからという言い伝えも…?

つわりと赤ちゃんの性別については、一種の占い(?)のようなもので、信じるには無理があるような気もしますが、いつの時代も、赤ちゃんの性別は気になるものだとわかります。

お腹の形の違いについては、赤ちゃんの性別ではなく、ママの「骨盤の形」が原因だそうです

お腹が横に広がる場合は、骨盤が広い人です。

骨盤が広いと、赤ちゃんが骨盤内に収まるので、前に突き出ることがなく、お腹の大きさが目立ちにくいそうです。

逆に骨盤が狭い人の場合は、赤ちゃんが骨盤内に収まりきれず、前に突き出た形となります。

「お腹が突き出ると男の子」と言われるのは「男の子=大きい=お腹に収まらない=お腹が突き出る」という解釈だったのでしょうか?

昔からの言い伝えを紐解いていくのも、興味深いですね!

スポンサーリンク

つわりの症状と性別、ホントのところは?

つわりの症状と性別についての、実体験をいくつかご紹介します。

・つわりがひどくて妊娠中期に入っても苦しんだ→男の子
・お腹が突き出た→女の子
・体重が8キロ減るほどひどい吐きつわりだった→女の子
・とんかつばかり食べたくなった→男の子
・顔がきつくなった→男の子
・二人目の方がつわりがひどかった
・前回とつわりの症状が全く違ったが、同性が産まれてきた
・1人目/食べつわり→女の子、2人目/吐きつわり→男の子
・1人目/つわりなし→男の子、2人目/つわりあり→女の子
・1人目/妊娠中でピタッと治まった→女の子、2人目/つわりが長く続いた→男の子

つわりの症状も程度も、個人差が大きいですし、赤ちゃんの性別が同じ場合でも一人と二人目で違ったり、ママの体質や環境によって大きく異なるようですね。

つわりの症状と赤ちゃんの性別は、言い伝え通りになった人もいれば、まったく当てはまらない人もいます。

(「つわりの種類と性格は関係する!?」に関連記事を書いています。)

まとめ

私は、3回ともつわりがひどく、3回とも吐きつわりでした。

そして3人とも女の子でした。

つわりの期間も、だいたい同じでしたが、2人目と3人目は吐きつわりに加えて、よだれつわりが加わりました。

1人目と2人目でつわりの症状が異なったり、性別によってつわりの程度が異なるなんて、不思議ですよね!

つわりの原因が明らかにされていないうちは、つわりで性別を判断することも難しいのでしょう。

赤ちゃんの性別については、超音波検査でも間違うことがあります。

赤ちゃんが産まれてくるまで、真実はわかりません。

赤ちゃんが産まれてくるのを楽しみ待っているのがよさそうでね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加