つわりの種類と性格は関係する!?

多くの妊婦さんは経験するつわり。

つわりにはいくつか種類があり、その程度には個人差があります。

人の性格によって、つわりの種類や程度が関係するのでしょうか?

妊娠悪阻で入院した私には、つわりと性格の関係があるとしたら、非常に興味深いことだと思います。

今回は「つわり種類や程度」と「性格」の関係について調べてみました。

スポンサーリンク

つわりの種類とは?

つわりには、いくつか種類があります。

食べつわり、吐きつわり、においつわり、眠気つわり、よだれつわりなどが挙げられます。

ほかにも、妊娠初期の症状として、頭痛、微熱、下痢、便秘、胃痛なども見られます。

(「吐きつわりの対処法は?」、「食べつわりの症状は?」、「妊娠初期の熱と頭痛はつわりの症状?」、「よだれつわりの原因と対策とは?」、「眠りつわりの対処法は?」に関連記事を書いています。

つわりの種類や程度と性格は関係する?

いくつかあるつわりの種類ですが、つわりの種類や程度と性格には、関係があるのでしょうか?

一般的な言われていることと、その理由です。

★つわりの軽い人は、楽観的でストレスを溜めこまない

⇒ つわりがひどくても「こんなもんだ」と、あまりひどく受け止めないから

★つわりの軽い人は、専業主婦より働いている人

⇒ 仕事に集中していると、つわりを感じにくいから

★つわりが重い人は、ストレスを感じやすく、考え込みやすい

⇒ つわりについて深く考え過ぎてしまい「つわりが辛い」と感じやすいから

★つわりが重い人は、神経質で不安を感じやすい

⇒ 妊娠・出産に対する不安が大きく、つわりを悪化させやすいから

★大げさに捉える人はつわりが重たい

⇒ 物事を大げさに捉える人は、つわりの症状や程度についても大げさに捉えてしまうから

などと、言われています。

あなたにも、当てはまるところがありますか?

スポンサーリンク

つわりは体質?

つわりの種類や程度は、性格ではなく「体質が影響している」との考えもあるようです。

例えば

・普段、病気にかかると吐きやすい人は、吐きつわりになりやすい
・乗り物酔いになりやすい人は、つわりがひどくなる
・冷え性や便秘がちな人は、つわりが悪化しやすい

など。

しかし、二人目、三人目の妊婦さんの場合、上の子と「つわりの症状が同じだった」という方もいますし、上の子と「つわりの症状が全く違った」という方もいますので、体質だけではなさそうですね。

つわりと性格・体質の関係!ホントのところは?

つわりと性格の関係について、本当のところはどうなのでしょうか?

実際に

・自分は楽観的でストレスを感じる性格ではないけど、臨月までつわりが続いた
・姉妹の中で、繊細な妹の方がつわりが軽く、楽観的な自分の方がつわりがひどかった
・冷え性で便秘がち、あまり健康な体ではないけどつわりが軽かった
・乗り物酔いもなく、健康優良児タイプなのに、つわりがひどかった

というように、当てはまらない方もたくさんいます。

まとめ

もし「つわり」と「性格や体質」に関係があるのなら、これはありがたいことだと思いませんか?

自分の性格や体質から「どんなつわりになるか?」「つわりの程度はひどくなるのか?」ということが予測できれば、つわりに対する心構えも違ってきますよね?

つわりをなくすことはできなくても、「自分はつわりが悪化するタイプだ」と知っておくことで、精神的に楽になると思います。

一般的に言われている「つわり」と「性格」の関係についてですが、つわりは精神的な影響もありますので、一概に否定できるものではないのかもしれません。

しかし、同じ痛みでも感じ方が違うように、同じつわりでも、辛く感じる程度に差があるのは当然です。

これは「大げさ」でも「精神的に弱い」のでも「我慢が足りない」のでもありません!

私は3回の妊娠中、3回とも妊娠悪阻で入院と点滴を受けましたが、「気の持ちよう」でつわりの苦しみを軽減できるなら、こんなに楽なことはありません。

「考え込まない」「楽観的に考える」ことで、つわりが軽くなるのなら!

また、仕事を持つことで、つわりが軽くなるなら、働く妊婦さんが増えるのではないでしょうか?

それくらい、つわりは自分ではコントロールできません。

つまり、性格や体質で、「つわりの軽い人」「つわりの重たい人」「吐きつわりの人」「食べつわりの人」と分けることはできないのだと思います。

つわりの症状で性別がわかる?」の記事でも書いたように、つわりと性格の関係は「星占い」みたいなものですかね!?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加