眠りつわりの対処法は?

妊娠がわかってからというもの「寝ても寝ても眠たい」ということはありませんか?

これは妊娠初期のつわりの症状の一つで「眠りつわり」と言われています。

眠りつわりは、妊娠中のホルモンの影響によるものなので、睡眠不足や疲れがたまったせいで眠たいのではありません。

つまり「たくさん眠れば解消される」というわけではないのです。

眠りつわりの症状と対処法を考えてみました。

スポンサーリンク

眠りつわりの症状とは?

「眠りつわり」の症状は、文字通り「眠たくなる」症状です。

妊娠がわかってから「一日中寝ている」という方はたくさんいます。

通常の眠気ではなく、「異常なほど強い眠気」「たくさん寝ても解消されない眠気」なのです。

中には、

・座っていても、気付くと居眠りをしていた
・眠たくて、家事ができないほどだった
・20時間くらい睡眠時間をとっていた
・一日のうちで起きているのは、食事とトイレとお風呂の時間くらい

というくらい、みなさんよく眠っています!

働いている妊婦さんは、昼寝ができなくこともあって、眠気をこらえるのが辛いようです。

「うっかりすると仕事中も寝てしまうことがある」場合は、周囲の男性に理解してもらえず、悩んでしまうケースもあります。

眠りつわりの原因は?

このような、ひどい眠気を誘う「眠りつわり」は、なぜ起こるのでしょうか?

妊娠初期の強い眠気の原因は、女性ホルモンによるものです。

妊娠すると多く分泌される「プロゲステロン」という女性ホルモンが、眠気を引き起こしているのです。

「プロゲステロン」は眠気のほかにも、頭痛、ほてり、むくみ、だるさ、便秘、イライラなども引き起こすことがあります。

どの症状も、妊娠初期に悩まされるものですよね?

「プロゲステロン」は妊娠初期に多く分泌されますが、妊娠後期に入ると、徐々に減少していきます。

今はこんなに眠たくて「いくらでも眠れる!」という人でも、妊娠後期に入ってくると、今度は眠れなくなって来ますよ!

強い眠気の正体が、女性ホルモンである以上、眠気を取り除くことはできませんね。

スポンサーリンク

眠りつわりの対処法は?

眠りつわりの対処法は、とにかく「眠る!」ことです。

時間の許す限り、眠って下さい。

しかし、働いている場合や、上の子のお世話のある場合など「寝てばかりいられない」という人もいるでしょう。

そんなときの、眠気覚ましの方法をご紹介します。

★ストレッチ

伸びと同様に、からだを伸ばしたり、腕や首を回したり、ストレッチしましょう。

★耳をマッサージする

耳を引っ張ったり、マッサージすると目が覚めます。

★動く

気分転換に散歩に出たついでに、買い物を済ませてしまうといいですね。

★声を出す

誰かと話したり、歌をうたうのも目が覚めます。

★冷たい水を飲む

冷たい炭酸水だと、もっと眠気覚ましになります。

★目のまわりのツボを押す

目の周りにはたくさんのツボがありますので、やさしく指圧してみましょう。

★昼寝

眠気を我慢するより、10分でもいいので昼寝するとスッキリします。

この対処法は、あくまでも「眠気対策」です!

もし、吐きつわりや食べつわりなどもあって、体調が優れないときは、決して無理しないで下さいね。

まとめ

私も、妊娠初期の間は、ずっと眠たかったです。

私の場合は、吐きつわりも同時にあったので動くことができず、一日中、横になっていました。

2人目、3人目の妊娠中は、上の子が幼稚園に出かけてから帰ってくるまでずっと寝ていたり、テレビを見せてる間に眠ってしまったり、本当に、何もできなかったです…。

他のつわりと違って、眠りつわりは、出産まで続くことはありません!

安定期に入ってくると、だいぶ体が軽くなり、起きてられるようになります!

眠りつわりから解放されたら、また仕事や家事や子育てをがんばればいいのです!

さらに、妊娠後期になってくると、お腹が大きくて苦しくて目が覚めてしまったり、トイレの回数が増えたり、眠りが浅くなってきますので、朝まで熟睡できないことが増えてきます。

更に、出産後しばらくの間は、赤ちゃんのお世話が始まるので「一人で好きなだけ眠る」なんてことは、できなくなります!

こんなに眠れるのは、文字通り「今だけ」です。

体が睡眠を求めているのですから、体の欲求に応えてあげて下さいね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加