疲れやすい!これもつわりの症状?

妊娠してからというものの「とても疲れやすくなった」と感じている方が、たくさんいます。

「私ってこんなに疲れやすかった?」「体力がある方だと思っていたのに!」と体の変化に驚き、不安になっていることでしょう。

大丈夫です!

妊娠初期は、誰でも疲れやすくなるのです。

今回は、妊娠初期に感じる「疲れ」をどのように乗り越えたらいいのか、考えてみました。

スポンサーリンク

疲れやすいのもつわりの症状の一つ?

つわりには、「吐きつわり」「食べつわり」「眠りつわり」などいくつかあります。

(「吐きつわりの対処法は?」、「食べつわりの症状は?」、「眠りつわりの対策法は?」に関連記事を書いています。)

その中に「疲れつわり」というものは…ありません。

しかし、つわりの時期と重なって、疲れやすくなるのは事実です。

実際に、

・ちょっと動いて家事をするだけも疲れる
・家事の合間に休憩を取らないとダメ
・すぐに座りたくなる
・買い物や外出した後は、疲れて何もできなくなる

と、多くの妊婦さんが「これまでにない疲れ」を感じています。

「疲れやすい」ことはつわりではないものの、妊娠初期によく見られる症状なので、つわりと同じだと考えていいのではないでしょうか?

妊娠初期に疲れやすいのなぜ?

つわりの症状が出始める妊娠初期に疲れやすいのは、次のことが考えられます。

★ホルモンバランスの変化

妊娠すると、黄体ホルモンが増えます。

黄体ホルモンは、頭痛や、眠気、だるさを引き起こします。

また、妊娠すると平熱が上がり、しばらく微熱が続くこともあります。

「熱っぽい」「眠い」「だるい」などが重なって、疲れを感じやすくなっているのではないでしょうか?

★運動する機会が減る

妊娠初期は、ほとんどの妊婦さんがつわりを経験します。

どんなつわりの症状であれ、「つわりになってから体が軽くて元気になった!」ということはありません。

たとえつわりが軽い人でも、外出する気が起きなかったり、睡眠時間が増えたりします。

つまり、家にいて、体を休める時間が増えるということです。

そうすると、どうしても足の筋肉が落ちてしまったり、体力が低下してしまうのです。

疲れやすくなるのは、以前よりも運動量が減り、筋力が落ちていることも考えられます。

★精神的にも不安定

妊娠すると、喜びと共に、初めての出産や子育て、自分の体の変化など、気になることがたくさん出てきます。

頭でアレコレ考えても、わからないことだらけで不安ですよね?

さらに、つわりで体調が悪い人は、つわりのストレスも重なり、気分も落ち込みやすくなっています。

「気分も思い」「身体もだるい」となれば、疲れやすくなるのも仕方ありません。

スポンサーリンク

「疲れやすい」のをどう乗り越える?

疲れたときは「無理せず休む」しかありません!

怠けているわけではないのですから、堂々と休みましょう!

動けないときは、動かないでいいのです。

仕事でどうしても休めない人は、それ以外のところで休養を取るようにして下さい。

「仕事から帰宅したら、家事はしない」「食事は買ってくる」「掃除や洗濯は家族にお願いする」「休日は一日中寝ている」など、工夫するしかありません。

妊娠初期に無理をすると、流産にもつながりますし、つわりを悪化させることにもなります。

「妊娠は病気ではない」と言われますが「通常の体でもない」のです。

家族の協力、周りの協力が欠かせません!

「疲れやすい」のはいつ治まってくる?

「疲れやすい」というのは、つわりが治まってくると同時に、解消されてくると思います。

妊婦さんの中には、妊娠中期(安定期)に入ると、マタニティスポーツを始める人も出てくるくらいですから!

妊娠中期に入ると、妊娠初期のつわり症状がウソのように、体が軽く、元気になってきますよ!

ただ「お腹の中に赤ちゃんがいる」ということは変わりませんので、妊娠していないときと比べて、疲れやすいのは事実です。

「体調が悪い」「疲れたな」と思ったら、無理せず体を休めるようにして下さいね。

そして、妊娠後期になると、再び疲れやすくなってきます。

これは、お腹が大きくなって体が重たくなるだけでなく、赤ちゃんがより多くの栄養を必要とするために、ママが貧血になることがあるからです。

貧血になると、疲れやすくなります。

妊娠後期にあまりにも疲れやすく、貧血が心配な場合は、医師に相談して下さいね。

まとめ

私は、吐きつわりがひどかったので、疲労感もひどかったです。

ホルモンの影響による、微熱やだるさが続くだけでなく「食べて嘔吐」ということにもエネルギーを使い、家事など何もできませんでした。

掃除や洗濯は、主人に週末にまとめてお願いしたり、食事の用意が全くできない時期もありました。

つわりの間は、ほとんど寝たきりだったので、足の筋肉も落ちてしまい、階段を上るだけでゼーゼー言ってましたよ。

安定期に入って、スーパーに買い物へ行けるようになっても、ぶらぶらする体力がなく、主人や子供が買い物をしている間、私だけベンチで座って待っていたり、車の中で横になってたこともあります。

妊娠中は、思うように体を動かせず、もどかしい思いをすることもありますが、「動かず休め」と体が指令を出している思い、素直に従うしかありませんね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加