妊娠中の体重増え過ぎが与える赤ちゃんへの影響は?

妊娠中は、体重コントロールについて厳しく指導されますよね?

検診のたびに、増えすぎた体重を指摘されて、しょんぼりしている妊婦さんも多いのではないでしょうか?

妊娠中はお腹も空きやすく食欲がどんどん増していく一方で、大きくなるお腹のせいで思うように体を動かせず、体重は増えていくばかり…。

毎日、体重計に乗って、ため息をついている方もいらっしゃるでしょう。

急な体重増加は、妊娠線が出来やすくなるため、皮膚の伸びをサポートする妊娠線予防クリームを必死に塗っている方もいるのではないでしょうか!?

妊婦さんにとって、責任重大な体重コントロールですが「太り過ぎ」が与える母子への影響は大きいものです。

体重増加が与える母子へのリスクを知っておくことで、体重コントロールのモチベーションが上がるかもしれませんね。

今回は「妊娠中に体重が増え過ぎると、赤ちゃんへどんな影響があるのか」についてご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中に体重が増え過ぎる母体へのリスクは?

妊娠中に体重が増えると、血圧が高くなり「妊娠高血圧症候群」になる可能性が高くなります。

また、太り過ぎると血糖値が高くなり「妊娠糖尿病」のリスクも上がります。

妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病にかかると「流産」や「早産」に繋がるだけでなく、胎盤が剥がれて「大量出血」したり、「子宮摘出」の処置をしなければならなくなることもあり、母体の健康を損なうこともあります。

また、無事に出産できたとしても、産後も高血圧が続いたり、腎臓病や糖尿病が慢性病となって、一生これらの病気と付き合って行かなければならなくなる可能性もあります。

妊娠そのものは病気ではありませんが、健康を損なう「きっかけ」になりうることを認識しておく必要があると思います。

(「妊娠中の体重増加の母体へのリスクとは?」に関連記事を書いています。)

妊娠中に体重が増えすぎると赤ちゃんへどんな影響がある?

妊娠中の体重の増えすぎは、母体へのリスクが上がるだけでなく、お腹の赤ちゃんへも影響を及ぼします。

○ママが「妊娠糖尿病」になった場合

妊娠糖尿病になった場合、母体の血糖値が高くなるため、お腹の赤ちゃんも高血糖になりやすく、太り気味になります。

お腹の赤ちゃんが、体重4キロを超える「巨大児」になると、普通分娩が難しくなり「帝王切開」の可能性が高くなります。

巨大児の場合、体は大きいものの、内臓機能が未発達な赤ちゃんがよく見られるそうです。

妊娠糖尿病になると、胎盤の機能が低下するため、赤ちゃんへ十分な酸素や栄養を送ることができなくなります。

そのため、早産、流産、未熟児、発育不全、奇形、心臓病などのリスクが増し、最悪の場合、胎児が死亡することにも繋がります。

○ママが「妊娠高血圧症候群」になった場合

妊娠高血圧症候群にかかると、母体の血液の流れが悪くなります。

そのため、胎盤を通じて酸素や栄養が胎児まで届かなくなり、早産や未熟児の原因となります。

お腹の赤ちゃんに十分な酸素が届かなくなると、赤ちゃんの脳に悪影響を及ぼしたり、妊娠糖尿病と同様に、最悪の場合胎児が死亡するケースもあります。

スポンサーリンク

妊娠中の体重増加が少な過ぎる場合のリスクは?

妊娠中の体重コントロールが厳しい日本ですが、体重を増やさないようにするあまり「妊婦さんが十分に栄養を摂取していない」という問題が起こっています。

体重増加を気にすることで、妊婦さんの栄養状態が悪くなってしまい、お腹の赤ちゃんへ十分な栄養が行きわたらないそうです。

そのため、出生体重が2500グラムを下回る「低体重児」の赤ちゃんが増加し、最近では生まれてくる赤ちゃんの「10人に1人が低体重児」だそうです。

低体重で生まれてきた赤ちゃんは「将来、心筋梗塞や心臓病などの成人病になるリスクが高い」という研究結果が報告されています。

成人病(生活習慣病)は、生活習慣によって引き起こされると言われていますが、後天的な原因は30%程度であり、そもそもの原因は「胎児期の栄養不足」だそうです。

日本人のダイエット志向のために、妊娠中ですら、しっかり食事を取らない妊婦さんが増えていることから、胎児に必要な栄養素である「葉酸」が足りていない妊婦さんがほとんどであり、葉酸をサプリメントから摂取するように勧められているほどです。

体重の増えすぎと同じくらい、「過度な食事管理」「過度なカロリーコントロール」は母子ともに危険なのです。

まとめ

体重の増え過ぎや太り過ぎは、妊娠しているかいないかに関わらず、健康によってよくありません。

特に、妊娠中は自分だけでなく、お腹の赤ちゃんの健康や発育にも影響を与えるので、体重が増えすぎないように気を付ける必要があります。

しかし、体重計の目盛りばかりを気にして「炭水化物は食べない」「サラダとこんにゃくだけ」というような食事をしていては、母体の体力が失われるばかりか、赤ちゃんの成長を妨げてしまいます。

妊娠中の太り過ぎもよくありませんが、低栄養はもっとよくありません!

赤ちゃんの成長には、栄養はもちろん、カロリーも必要です。

くれぐれも、極端な食事制限はしないようにしてくださいね。

上手に体重コントロールするのであれば「食事の量」ではなく「食事の質」を見直してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加