妊娠中の体重増加の母体へのリスクとは?

妊娠してから「食欲が増した!」という方は多いと思います。

妊娠初期は、つわりの影響もあって、体重の変動が大きくなるのは仕方ありません。

つわりが治まって、食欲のコントロールができるようになったら、体重のコントロールも始めていきましょう!

妊娠中は体重が増えるのは当たり前とは言え、体重が増えすぎるのはよくありません。

今回は「妊娠中に体重が増加し過ぎた場合の母体へのリスク」についてご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中の体重増加の目安とは?

妊娠中は体重が増えるのは当たり前ですが、急激な体重増加や太り過ぎはよくありません。

妊娠してから出産までに増える体重の目安はこちらです。

・赤ちゃんの平均的な出生体重 ⇒ 約3キロ
・胎盤 ⇒ 約0.5キロ
・羊水 ⇒ 約0.5キロ
・母体の血液や水分 ⇒ 約2キロ

<合計 ⇒ 約6キロ>

つまり、臨月の母体の体重は、必然的に「約6キロ」は増加しているのが一般的であり、ホルモンバランスの影響で妊娠中は脂肪が付きやすくなるため、それらを見込んで「約8キロ」くらいは増加すると言われています。

妊娠中の体重増加は、8キロ前後であれば、適正だと考えられます。

妊娠中の体重増加が母体に及ぼすリスクは?

妊娠前の体重の大きさによって、妊娠中に増えてもいい体重には個人差がありますが、妊娠中に増えるべき体重の目安は「約8キロ」です。

もともと痩せていた方であっても、大幅な体重増加は、母体によってよくありません。

妊娠中に太りすぎると、母体にどんな影響を与えるのでしょうか?

○妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)

高血圧、たんぱく尿のどれか一つでも症状が見られたら「妊娠高血圧症候群」です。

妊娠高血圧症候群は、妊婦の20人に1人が発症すると言われていますが、原因ははっきりわかっていません。

妊娠高血圧症候群が悪化すると、母体は痙攣を起こしてショック状態に陥ったり、分娩前に胎盤が剥がれて大量出血を起こす可能性があります。

この場合、妊娠週数に関わらず、緊急帝王切開で胎児を取り出したり、子宮を摘出しなければならなくなることもあり、場合によっては、母子ともに命に関わるケースもあります。

また、無事に出産したとしても、産後、高血圧や腎臓病が慢性病になってしまう可能性もあります。

妊娠中の体重増加よって血圧が上がると、妊娠高血圧症候群のリスクが上がることに繋がります。

<妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)になりやすい人>

・35歳以上の高齢出産の人
・太り気味の人
・糖尿病や腎臓病の人
・妊娠高血圧症候群になったことがある人
・多胎妊娠の人
・妊娠前から血圧が高めな人
・痩せすぎの人

○妊娠糖尿病

妊娠糖尿病は、妊娠によるホルモンバランスの影響により発症するため、妊娠前は、糖尿病とは無縁だった方でも、妊娠糖尿病になると言われています。

症状が軽ければ、産後、血糖値が正常に戻るのですが、産後も血糖値が戻らない場合は、そのまま糖尿病へと移行してしまうこともあります。

妊娠糖尿病になった場合、早産、妊娠高血圧症候群、羊水過多症、尿路感染症、胎盤早期剥離などのリスクが高まります。

また、妊娠前から血糖値が高かった場合は、流産しやすく、生まれてきた赤ちゃんが先天奇形を合併している可能性もあります。

<妊娠糖尿病になりやすい人>

・35歳以上の高齢出産の人
・太り気味の人
・家族に糖尿病がある人
・先天奇形や巨大児の出産歴がある人
・流産や早産歴がある人

○難産

妊娠中の体重増加の目安である「8キロ」をオーバーした場合、それらは母体についた脂肪と考えられます。

体重が増えすぎると、産道にも余計な脂肪が付き、赤ちゃんが下がりにくく、赤ちゃんは産道を通りにくくなります。

また、子宮収縮が弱くなる「微弱陣痛」によって、出産の時間が長引いてしまい、難産になる可能性が高くなります。

難産の場合は、産後の母体の回復も遅くなります。

○腰痛・膝痛

妊娠中は、出産に備えて骨盤まわりの筋肉や靱帯が緩みますので、腰痛になりやすい状態です。

そこへ、体重増加が加わると、腰や膝に大きな負担がかかります。

「痛くて歩くこともできない」なんてことにならないよう、気を付けましょう。

スポンサーリンク

まとめ

妊娠高血圧症や妊娠糖尿病は、原因もわかっておらず、どんなに食生活などに注意していても、発症してしまうこともあります。

女性ホルモンの影響や、体質なども影響するので、完全に予防することはできませんが、母体へのリスクを考えると、できる限りの予防対策はしておきたいですよね。

妊娠高血圧症や妊娠糖尿病を防ぐために、妊婦さんができることは「体重コントロール=食生活」しかありません。

「妊婦への体重制限がこんなに厳しいのは日本だけ」「海外では妊娠中に増える体重に制限はない」と言われてはいますが、体重が増え過ぎることが、胎児の成長や母の安全な出産を妨害するのであれば、できる限りの努力をしておくべきではないでしょうか。

幸い、私は妊娠高血圧症にも妊娠糖尿病にもなりませんでしたが、体重は増え過ぎないように努力しましたよ。

体重が増えすぎると、健康へのリスクが高まるだけでなく、妊娠線が出来やすくなりますので、お腹の皮膚を保湿して柔らかくするクリームを塗っておくことも必要になってくるでしょう。

妊娠中も産後も、健康で美しく過ごすために、太り過ぎには気を付けましょうね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加