妊娠中の痩せ&体重減少は危険?

妊娠すると「太り過ぎてはいけない」「体重が増えすぎてはいけない」と注意されますよね?

そのため、妊婦さんの体重管理は、ある意味「任務」となっています。

しかし、行き過ぎた体重管理や、ダイエット志向によって、「痩せ過ぎな妊婦さん」が増えているのも事実です。

妊娠中は、人によっては体重が減っていく時期もありますが、基本的には、体重は増加していくものです。

妊娠中に太りすぎると赤ちゃんへ悪影響を与えるのと同様に、妊娠中に痩せすぎることも、赤ちゃんへ悪影響があるのです。

今回は「妊娠中の体重減少のリスク」について紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中に体重が減少するのはどんなとき?

妊娠すると「ママの体重が徐々に増えていく」のは、当たり前のことです。

妊娠中は、出産に備えて、体に脂肪や水分を溜めこむようになりますし、赤ちゃんの成長とともに、母体の体重が増えていくのは当然です。

その一方で、妊娠中でも、体重が減少してしまう妊婦さんもいます。

例えば

○つわりで食欲が落ちた

○お腹が大きくなって、胃が圧迫されて食欲が落ちた

○妊娠してから胸やけがひどくなった

など、妊娠初期は「つわり」の影響を受けて食べられなくなったり、妊娠中期~後期にかけては「大きくなるお腹」が原因で、食欲が落ちてしまい、体重が減少することがよくあります。

このような体重減少はよく見られることであり、2~3キロの体重減少なら、特に赤ちゃんへの影響はないそうです。

つわりや大きくなるお腹によって、食欲が低下したり胃の不快感が生じて食べられないときは、一回の食事量を減らし、食事の回数を増やしてみて下さい。

妊婦さんのもともとの体重にもよりますが、一般的には出産までに「10キロ前後の体重増加」が好ましいとされています。

(「妊娠中の体重増加は何キロまでいいの?」に関連記事を書いています。)

スポンサーリンク

妊娠中に痩せ過ぎるのは危険?

妊娠中に太りすぎるのは危険と言われていますが、同様に「痩せ過ぎも危険」だということが、報告されています。

産院や助産師から、体重について指摘されるあまり、過度な食事制限を行う妊婦さんが増えています。

その結果、「日本は妊婦さんの栄養状態が悪い国」という問題が起こっているのです。

母体の栄養状態が悪いと、赤ちゃんへ十分な栄養が届かないため、赤ちゃんの栄養状態も悪くなります。

特に、もともと痩せていた妊婦さんが、妊娠中の体重増加が7キロ未満だった場合、低体重児が生まれる確率が高くなります。

現代では、20年前に比べて、低体重児の赤ちゃんが増加しており、「10人に1人が未熟児で産まれてくる」という現状があります。

低体重児というのは、「母体からの栄養摂取がうまく行われなかった」ことが原因なので、虚弱体質だったり、知能や運動能力に問題が生じることさえあります。

低体重児の赤ちゃんが、生後「低血糖」を起こした場合は、脳に障害が起こる可能性があり、「低体温」の症状が見られたときは、母乳の飲みが悪くなるので、栄養の摂取がうまく行かなくなる可能性が否定できません。

このように、赤ちゃんを低体重で産むことは、赤ちゃんへさまざまなリスクを与えかねないのです。

さらに、赤ちゃんへのリスクは、出生直後だけではありません。

低体重児で生まれた赤ちゃんや、胎児の時期に十分な栄養をもらえなかった赤ちゃんは、「将来、生活習慣病(高血圧、心臓病、糖尿病など)にかかるリスクが高くなる」と言われています。

2500グラム未満で生まれた赤ちゃんが、将来「妊娠糖尿病になるリスク」は、2500グラム以上で生まれた赤ちゃんと比べると、「6倍にも上がる」との報告もあります。

赤ちゃんの健やかな将来を考えたとき、胎児のうちから赤ちゃんへしっかりと栄養を届ける必要があります。

そのために、妊婦さんはしっかり食べて栄養を補給しなければなりません。

適度な体重増加を目指すために、体重を増やし過ぎないようにすることは大切ですが、体重計の目盛りばかり気にして、食べる量を減らしたり、食事制限によって体重を減らそうとするのは、あなただけでなく、赤ちゃんにとって「よくないこと」だと思います。

まとめ

現代は、飽食の時代なので、食べたいものはほとんど手に入りますし、いつでもどこでも好きな時に食べることができます。

そのため、食べたいものを我慢するのは、とても難しいことですよね?

どうしても、好きなもの、食べたいものを選んでしまいます。

そのため、スナック菓子やファーストフードばかり食べ「カロリーは足りているのに、栄養が足りていない」という妊婦さんが増えているそうです。

私自身も妊娠する前は、朝食抜きが当たり前、朝食を食べても菓子パン(菓子パンは食事ではなく、お菓子です!)だったり、毎晩外食で野菜が足りていなかったりして、とても偏った食生活を送っていました。

しかし、妊娠してからは、「子供を育てる」という責任があるので、食生活を見直したり、どんな食生活をすればいいのかを考えたり、いろいろ情報収集しました。

妊娠したときから、長い子育てが始まっています。

将来に渡って、母子ともに健康であるために、「バランスのいい食生活」は基本です。

これまで、栄養を気にせず、好きなものを好きなだけ食べてきた方は、妊娠をきっかけに、「バランスのいい食事とは何か?」について、考えてみるといいと思います!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加