妊娠中の腰痛の原因と対処法は?

妊娠した喜びも束の間、早い人では、まだお腹が大きくなる前から、腰に違和感を覚えたり、腰痛を感じ始めるようになります。

そして、妊娠中期~後期に入り、お腹が大きくなり始めると、重たいお腹が腰への負担となるため、「半数以上」の妊婦さんが、腰や骨盤周りに痛みを感じるようになります。

妊娠中の腰痛の原因は、大きなお腹のせいだと思われがちですが、それ以外にもいくつか原因があるのです。

今回は、「妊娠中の腰痛の原因」と「腰痛みを緩和するための対処法」についてご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中の腰の痛みの原因は?

妊婦さんの腰痛の原因は、一つではありません。

腰痛を引き起こす原因は複数ありますのでご紹介します。

◎ホルモンの影響

妊娠すると分泌されるホルモン「リラキシン」の影響によって、腰痛が生じることがあります。

リラキシンは、お産をスムーズにさせるために、筋肉や靱帯を緩める働きがあります。

そのため、骨盤周りの筋肉や靱帯が緩くなり、腰に負担がかかって痛みを発生させてしまうのです。

リラキシンの作用で、骨盤が緩くなるに従って、骨盤は少しずつ開いていきます。

そのため、骨盤が歪んでしまったり、骨盤が傾いてしまうことも、腰痛の原因となっています。

骨盤の歪みは、腰だけでなく、恥骨痛や足の付け根痛、お尻の痛み、しびれまでも引き起こすことがあります。

◎お腹が大きくなることによる姿勢の変化

妊娠中期から後期に入ってくると、お腹が大きくなり始めます。

そのため、体の重心が前方に来るので、体は全身のバランスを取ろうと、背中をのけ反るような姿勢になってしまいます。

背中を反らす姿勢は、腰に負担がかかるため、腰痛になります。

◎妊娠による体重増加

妊娠すると、体重が増加して行きます。

一般的に、出産までには10キロ前後の体重が増えると言われています。

体が重たくなることで、腰回りの筋肉へ負荷がかかり、腰痛を引き起こします。

◎筋肉の血行不良

妊娠すると運動不足になりがちです。

腰回りの血行が悪くなると、筋肉が固くなり、腰痛の原因となります。

スポンサーリンク

妊娠中の腰痛を緩和するための対処法は?

妊婦さんに腰痛はつきものですが、出産まで我慢し続けるのは辛いですよね?

妊娠中の腰痛を少しでも緩和するために、どのように対処していけばいいのでしょうか?

腰痛を緩和するために、次のことを試してみて下さい。

◎適度に体を動かす

筋肉が固くなるのを防ぐためには、適度に体を動かすことが大切です。

できる範囲で構いませんので、ストレッチやマッサージをして、筋肉をほぐすようにしましょう。

妊婦さんでもできる、腰痛対策にお勧めなヨガのポーズもあります。

(「妊娠後期の腰痛の原因と改善法は?」に関連記事を書いています。)

◎骨盤ベルトを装着する

出産に向けて緩んだ筋肉や靭帯、骨盤周りを支えるために、骨盤サポートグッズを使ってみましょう。

腹帯、ガードル、骨盤ベルトなど、いろいろな種類がありますので、お好みのサポートグッズを見つけてくださいね。

お勧めの骨盤ベルトは、トコちゃんベルトです。

多くの妊婦さんから「腰痛や恥骨痛が驚くほど改善された!」と評判のトコちゃんベルトなら、あなたの腰痛も緩和してくれるかもしれませんね!

◎体を温める

血行が悪いと、筋肉が固くなります。

冷えは腰痛が悪化する原因となりますので、お風呂で温まったり、湯たんぽや蒸しタオルで患部を温めるようにしましょう。

◎ヒールの靴はやめる

ヒールの高い靴を履いていると、バランスを取るために、腰に負担がかかります。

妊娠中は、お腹の重みでバランスが崩れやすく、転倒の危険もありますので、ぺたんこの靴やローヒールの靴を履きましょう。

◎寝具を工夫する

柔らかすぎる布団は、腰痛を悪化させます。

適度な固さのある寝具がお薦めです。

また、仰向けで寝ると、大きくなったお腹の重みで、背中を通る血管が圧迫されて血行不良になる可能性があります。

寝るときは、横向きになり、痛む側があれば、痛む方を上にして、寝るようにしてみて下さい。

寝る態勢を安定させるために、両足の間に枕やクッションを挟んだり、抱き枕を使うのも効果的です。

(「妊娠中の腰痛!眠れないほど痛いときは?」に関連記事を書いています。)

まとめ

妊娠したからと言って、すべての妊婦さんが腰痛になるわけではなく、腰痛にならない妊婦さんももちろんいらっしゃいます。

しかし、「妊婦さんの80%の方が腰痛を訴えている」と言われていることから、妊娠初期のうちから、腰痛対策を考えておくといいのではないでしょうか?

一番いいのは、妊娠前から、腰回りの筋肉を鍛えておくことだそうですよ!

お腹が大きくなってくると、腰への負担が増えていくのは当然のことなので、お腹の重みを自前の筋肉だけで支えるのが困難な方は、骨盤ベルトがお勧めです。

骨盤ベルトは、腰の筋肉の代わりとなって、腰回りを支えてくれるので、本当に腰の負担が軽くなりますよ!

私も、妊娠中から産後まで、骨盤ベルトのお世話になりました!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加