妊娠初期の腰痛に湿布を使うのは危険!?

妊娠すると、大きくなるお腹に伴って、腰痛に悩まされる妊婦さんがたくさんいらっしゃいます。

しかし、お腹が目立つ前の「妊娠初期」のうちから腰痛を感じ始める方もいます。

腰の痛みを感じ始めると、つい「湿布」を使いたくなりますよね?

しかし、妊娠初期は胎児を形成する大切な時期です。

湿布薬は内服しないとはいえ、妊娠初期に使っても問題がないのか、気になりませんか?

湿布を使用する際、妊婦さんが気を付けるべき点について調べてみました。

スポンサーリンク

妊娠初期の腰痛の原因は?

妊娠がわかってからというものの、お腹が大きくなる以前から、腰の痛みを感じる方は多いようです。

妊娠初期の腰痛の原因は、大きくなるお腹や赤ちゃんの大きさとは関係ありませんよね?

では、妊娠初期に腰が痛くなるのは、どうしてなのでしょうか?

妊娠初期の腰痛の原因は、「ホルモン」です。

妊娠すると分泌される「リラキシン」というホルモンの影響によって、体の筋肉や靭帯が緩くなります。

体の筋肉や靭帯が緩むことで、出産時に骨盤が開きやすくなり、赤ちゃんがスムーズに出て来れるようになります。

体の筋肉や骨盤の緩みは、出産に向かう体の自然な働きなのですが、腰への負担が増大してしまう傾向にあります。

そのため、妊娠初期のうちから腰痛になってしまうのです。

また、妊娠初期の腰痛は、「つわりの一種」とも言われています。

つわりの症状には、主に、吐き気や食欲不振、頭痛などが見られますが、これらと同様に、腰痛もつわりの一つと言われています。

妊娠したことによるホルモンの影響によって生じる腰痛ならば、つわりの一種とも考えられそうですね。

いずれにせよ、妊娠が発覚したときから、体の変化は既に始まっており、腰痛という形で症状が出ることは十分に考えられるのです。

妊娠初期の腰痛に湿布を使ってもいいの?

腰痛を感じると、腰の痛みを和らげるために「湿布薬」を使う妊婦さんがいらっしゃると思います。

しかし、「飲み薬じゃないから大丈夫」と思っても、湿布は「薬」です。

妊娠中は「使用できない湿布薬」があるのも事実です。

市販の湿布薬を使う場合は、必ず外箱の注意書きを読み「妊娠中は使用しないこと」という注意書きがあるか、確認する必要があります。

使用を控えるべき湿布とは?

では、妊娠中に使用を控えるべき湿布薬とは、どんな種類のものなのでしょうか?

気を付けるべき成分は「インドメタシン」「ボルタレン」「ケトプロフェン」です。

「インドメタシン」や「ボルタレン」には、炎症、腫れ、痛み、熱を取るために、血管を収縮させる強力な作用があります。

これらの成分が配合されている湿布薬を妊婦さんが使うと、赤ちゃんの血管までも収縮させてしまう恐れがあるのです。

赤ちゃんの血管が収縮してしまうと、赤ちゃんへ栄養が行き届かなくなり、赤ちゃんの心臓が停止してしまうリスクが高まりますし、妊娠後期に使用した場合、無事に出産しても新生児のうちに死亡するケースも報告されています。

「ケトプロフェン」は、主にテープ剤に使用されており、痛みと熱を取り除く作用がある強い成分です。

「インドメタシン」同様、赤ちゃんの血管を収縮させ、赤ちゃんの心臓への危険性があるため、妊婦さんの使用は控えるべきです。

湿布類だけでなく、テープ剤や塗り薬なども含め、妊娠中に使用すると母子ともに危険なリスクが高まるものもありますので、どうしても医薬品を使用したいのであれば、医師や薬剤師に相談してから使うようにしましょう。

スポンサーリンク

妊娠初期の腰痛を緩和するには?

妊娠中の湿布薬の使用は、リスクが伴います。

できれば、薬に頼らず、腰痛を改善していきたいですよね?

では、腰痛を改善するために、日常生活の中でそのようなことに気を付けたらいいのでしょうか?

◎腰を温める

筋肉が冷えてると、腰痛がひどくなるそうです。

お風呂でよく温まるようにしましょう。

入浴できないときは、湯たんぽやカイロで温めると効果的です。

◎ストレッチ

運動不足は腰痛の原因になります。

妊娠初期は、つわりの影響もあって、運動する気にならないかもしれません。

無理する必要はありませんが、体調のいいタイミングを見計らって、体を伸ばしてみたり、腰をゆっくり回してみたりと、筋肉をほぐすようにしてみて下さい。

◎骨盤ベルト

妊娠初期から緩み始める骨盤周りを支えるために、妊娠がわかった時点から骨盤ベルトを使用することが大切です。

妊娠初期から産後まで長く使える骨盤ベルトなら、切迫早産など妊娠中のマイナートラブル改善に役立ちます。

まとめ

私も、妊娠中は腰痛に悩まされました。

妊婦さんの中には、現在も湿布薬を使っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私は湿布薬や塗り薬を使うと、皮膚がかゆくなってしまうため、もともと外用薬は使いませんでしたが、湿布薬の中に「胎児に影響が出るものがある」なんて知りませんでした。

内服するかしないか関わらず、「薬」は安易に使うべきではない、と思いました。

腰の痛みは、温めると和らぎますが、骨盤ベルトを装着するのもお勧めですよ。

痛みが改善されるので、手放せなくなります!

私は妊娠中、トコちゃんベルトのお世話になりました!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加