妊娠中の骨盤の痛み!歩けないほど痛むのは坐骨神経痛?

妊娠してから、腰回りが痛むことがありませんか?

腰だけでなく、足の付け根、恥骨、尾てい骨、お尻などの骨が痛むことがあると思います。

これらの骨はすべて「骨盤」の一部であり、妊娠したことで、骨盤が緩み、骨盤が広がることによって、痛みが生じるのです。

骨盤の痛みは、立っていても座っていても痛かったり、寝返りを打つもの大変だったり、中には「歩くこともできない!」という場合もあり、放っておくと、坐骨神経痛になってしまう可能性もあります。

出産まで、痛みと共に生活していくのは、気分も沈みがちになってしまいますよね?

今回は、妊娠中に歩けないほど痛む坐骨神経痛の原因と、骨盤痛の対処法について調べてみました。

スポンサーリンク

妊娠中に骨盤が痛むのはなぜ?

妊娠してから、骨盤周りが痛くなる妊婦さんはたくさんいます。

早い人では、妊娠初期のうちから痛みを感じ始め、お腹が大きくなる妊娠後期に入ると、ほとんどの妊婦さんが腰痛などの症状を訴えています。

みなさん、どんな痛みを感じているのでしょうか?

例えば、

○立ち上がれなかったり、腰に手を当てないと歩けない

○寝返りを打てない、支えがないと起き上がれない

○笑うとズキッと激痛が走る

○ズキズキした痛みだけでなく、ジワジワと痛む

○痛くて眠れない

○痛くて歩けない、立っているときに痛みだすと歩けなくなる

○歩くとき、足を床に着けると痛みが走る

このような痛みを感じているようです。

骨盤周りの痛みの原因は、ホルモンの影響によります。

妊娠中は「リラキシン」というホルモンの働きにより、骨盤周りの筋肉や靱帯が緩くなります。

リラキシンのおかげで、骨盤が広がりやすくなり、出産のとき、スムーズに赤ちゃんが産道を通って来れるのです。

骨盤が広がるのは自然現象ですし、「安産」のために必要なことです。

しかし、骨盤が広がるときに、歪んだ状態で広がってしまうと、骨盤痛だけでなく、様々なトラブルの原因となりますので、注意が必要です。

(「妊娠中は骨盤が広がる!?体への影響は?」に関連記事を書いています。)

リラキシンは、妊娠初期と後期に多く分泌されるので、骨盤周りの痛みは、妊娠初期から生じる場合もあります。

もともと筋力の弱い方や腰痛を持っている方、もともと骨盤が歪んでいる方は、骨盤痛も感じやすくなります。

妊娠中に骨盤が痛むのは坐骨神経痛の場合も?

なんとなく「腰が痛い」「骨盤周りが痛い」と言っても、実は腰痛ではない可能性もあります。

妊婦さんの腰の痛みでよくあるのが、「腰からお尻の辺り」「腰ではなく骨盤あたり」「お尻から太ももの裏にかけて」の痛みです。

この場合、「坐骨神経痛」の可能性があります。

妊娠中は、お腹が重たくなるにつれて、腰や骨盤に負担がかかるようになるため、骨や筋肉の位置がずれて「坐骨神経」を圧迫してしまうことが原因です。

さらに、痛みやしびれがあると、患部をかばおうとするため、姿勢が偏っていき、さらに体の筋肉や骨格が歪み、坐骨神経を圧迫させて、痛みを生じさせてしまうのです。

坐骨神経痛だけでなく、お腹が大きくなることで、足の付け根に負担がかかり、足の付け根が痛くなったり、恥骨が開くために生じる恥骨痛なども加わり、歩行さえも困難になるケースがあります。

坐骨神経痛の原因は「大きくなるお腹」なので、臨月に向けて症状が悪化して行き、根本的な解消法がない、というところが辛い点です。

スポンサーリンク

妊娠中に骨盤痛がある人とない人の違いは?

妊娠すると、ほとんどの妊婦さんは、腰痛を始め骨盤周りの痛みを感じています。

しかし、中には、まったく痛みがないという方もいらっしゃいます。

骨盤痛のある人、ない人の違いはどこにあるのでしょうか?

その答えは「筋肉の柔らかさ」だそうです。

筋肉が柔らかいと、骨盤が広がっても、大きくなるお腹に圧迫されても、筋肉が痛みを吸収してくれるので、痛みを感じることが少ないのです。

また、筋肉が柔らかいと、体のバランスも崩れにくく、血行も良くなるため、さらに痛みを吸収しやすくなるのです。

体の痛みを和らげるには、固い筋肉をほぐすことがポイントですね。

妊娠中の骨盤痛を改善するには?

妊娠中の骨盤痛や坐骨神経痛を改善するには、どうしたらいいのでしょうか?

妊婦さんが簡単にできる方法は、こちらです。

★筋肉をほぐす

先ほど述べたように、筋肉を柔らかくすることは、体の痛みを吸収してくれます。

筋肉を柔らかくするために、体を温めて血行を良くし、マッサージやストレッチなどで筋肉をほぐしてみて下さい。

ストレッチは、すぐに効果を得られるものではありません。

立ったまま、腰を左右10回ずつ、大きく回すだけでも構いませんので、毎日行うようにしましょう。

もちろん、体調が悪い時、お腹が張るときは、すぐに中止して下さいね。

妊婦さんが簡単にできるストレッチは、ヨガの「ネコのポーズ」です。

やり方は簡単です。

①両手と両ひざを床に付け、四つん這いになる

②お腹を凹ませ、背中を天井へ突き出すように、背中を丸めます。頭は両腕の間に下げます。(30秒)

③今度は、顎を上に突き出し、背中を反らせ、胸を張ります。(30秒)

「ネコのポーズ」は、血行が促進されますので、筋肉がほぐれ、冷え性改善の効果も期待できます。

★寝るときは横向き

腰の骨やお尻の筋肉が坐骨神経を圧迫すると、腰、お尻、太ももの裏などが痛くなります。

腰とお尻に負担のかからないように、「横向き」で寝るようにしましょう。

その際、「痛みがある方を上」にして寝て下さい。

抱き枕を利用したり、膝の間にクッションを挟むと、痛みが和らぎます。

★体重増加に気を付ける

赤ちゃんの大きさだけでなく、ママの体に脂肪がたくさんつくと、お腹が重たくなります。

少しでも、骨盤への負担を減らすために、体重の増えすぎには気を付けましょう。

★安静にする

動き過ぎると、骨盤周りに負担がかかってしまいます。

どうしても痛いときは、無理に動かないようにしましょう。

★骨盤ベルトで締める

骨盤ベルトを装着し、開いた骨盤を締めることで、痛みを和らげることができます。

骨盤の歪みを矯正することが出来る骨盤ベルトなら、赤ちゃんが下がり過ぎるのを防ぐことも出来、早産防止にもなります。

これらの方法を試してみても、必ずしも「痛みがゼロ」にはならないかもしれません。

痛みの原因は「大きくなるお腹」ですので、赤ちゃんがお腹にいる限り、ある意味仕方のないことなのです。

しかし、筋肉を柔軟に保ち、骨盤ベルトで骨盤矯正をしておくことは、産後の健康にもつながりますので、試してみて下さいね。

まとめ

私も、妊娠中は、股関節痛、恥骨痛、坐骨神経痛など、一通りの痛みを経験しました。

特に、坐骨神経痛でお尻が痛くなったのですが、痛みの場所が「ココ」と特定できず、「この辺が痛いけど、どこが痛いのかわからない」という状態で、もやもやしながら自分でマッサージしていたことを覚えています。

動くと痛い、横になっても痛い、歩くもの困難でしたが、骨盤ベルトをしていると、痛みが和らぎましたよ。

骨盤ベルトで痛みが完全になくなることはありませんが、腰回りが安定するので、安心感があります。

妊娠すると、体の痛み、吐き気や便秘などの胃腸障害、頭痛など、さまざまなマイナートラブルが起こります。

「どうして私だけ?」と思ってしまうかもしれませんが、トラブルなしのマタニティライフを送れる妊婦さんなんてほとんどいないと思います!

辛いときは「自分だけじゃない!」と思い、自分自身を励ましてあげて下さいね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加