カイテキオリゴ

便秘で悩む妊婦さんは多い?

妊娠してから「お腹の調子が悪い」「スッキリしない」と、悩んでいませんか?

赤ちゃんとともに「不要な物」まで抱えて込んでいる妊婦さんは、数多くいらっしゃいます。

便秘だけなく、便秘と下痢を繰り返したり、痔になったり、妊娠してから初めて経験するトラブルに、とまどっている方もいらっしゃることでしょう。

便秘を放っておくと、お腹が張って苦しいだけでなく、肌荒れや頭痛、イライラなど、体のあちこちに悪影響を及ぼします。

便秘の後にやってくる下痢では、腹痛を伴うこともあり、お腹の赤ちゃんのことも心配になりますよね?

便秘を放置しておくと、腸内環境が悪化して、おならが溜まりやすくなるだけでなく、ニオイもきつくなってしまいます。

そんな不愉快な便秘は、一日でも早く、解消したいものです!

ゆとりを持ったマタニティライフを過ごすために、本気で便秘解消に取り組みませんか?

薬に頼らず、腸内環境を改善したい妊婦さんはこちら!

妊娠中の便秘の原因は?

一般的に「女性は便秘になりやすい」と言われていますが、妊娠中の便秘には、妊婦さんならではの原因があります。

妊娠中の便秘の原因は、以下のことが考えられます。

①ホルモンバランスの変化

妊娠してから一気に増える女性ホルモンは、スムーズな出産を助けるために、筋肉や靭帯を緩める働きがあります。

この女性ホルモンの働きによって、腸の動きが鈍くなってしまい、便を排出する機能が低下してしまうのです。

腸の働きが悪くなることで、便秘を引き起こします。

②水分不足

妊娠初期に起こるつわりによって、食べ物を摂取できなくなる妊婦さんに見られる症状です。

「気分が悪くて、水さえも飲めない」「食べても吐いてしまう」という方は、脱水症状になりがちです。

体内の水分が不足することで、便が固くなり、便秘になってしまいます。

③運動不足

妊娠すると、運動量が減るのは仕方がありません。

特に、体調がすぐれない妊娠初期や、お腹が大きくなってくる妊娠後期は、日常生活においても、動く機会が減って行く傾向にあります。

運動による腸への刺激が行われないため、便秘を引き起こします。

④ストレス

妊娠は、喜びとともに、体の変化、体調の変化、体重のコントロール、胎児の成長の気がかりなど、不安やストレスを感じることも多くなります。

また、周囲から「妊婦さんは○○すべき」「○○してはいけない」など、プレッシャーを感じることもありませんか?

そんなストレスは、自律神経を乱す原因になります。

自律神経は、腸をコントロールしているので「自律神経の乱れ=腸内環境の乱れ」となり、便秘や下痢を引き起こします。

⑤大きくなるお腹

妊娠中期に入り、お腹が大きくなってくると、腸が圧迫されて来ます。

そのため、腸の働きが悪くなり、便秘になります。

⑥食べ過ぎ

妊娠すると、異常な食欲に襲われませんか?

「食べても食べてもお腹が空く!」と、おやつタイムを心待ちにしている妊婦さんもいらっしゃるでしょう。

食べ過ぎや暴飲暴食をしていると、消化に負担がかかります。

ただでさえ、妊娠中は胃腸の働きが鈍くなっているのに、食べ過ぎのせいで、消化に多くのエネルギーが奪われてしまっては、「排泄」のためのエネルギーが不足してしまい、便秘になるのです。

消化不良は、便秘だけでなく、下痢の原因にもなります。

妊娠中の便秘の原因は、こんなにもたくさんあることに、驚きませんか?

便秘だけでも辛いのに、便秘と下痢を繰り返していては、マタニティライフを楽しむことなどできませんよね?

便秘も下痢も解消し、便通を整えるためには、どうしたらいいのでしょうか?

妊娠中の便秘の特徴は?

妊娠中の便秘は、ただ「出ない」だけではなく、水分のない「硬い便」が特徴です。

妊娠中は、食欲が増し、普段よりも多くカロリーを取る必要もあって、食事の量が増加します。

しっかり食べて、便のカサは十分あるのに、腸の動きが鈍くて、排出できない…。

溜まった便のせいで、お腹がパンパンに張っている…。

これは、とっても辛い状態ですよね?

そんな硬い便を数日ぶりに出したら…肛門が切れて「切れ痔」となってしまいます。

切れ痔は出血と痛みを伴いますので、「また痔になるんじゃないか?」と排便そのものに抵抗を感じてしまったり、下痢になって何度もトイレに行く場合は、おしりを休ませることができず、痔が悪化してしまいます。

「おしりが痛いから便意を我慢する、そしてまた便秘になる…」という悪循環に陥ってしまいますよ。

便秘や下痢のときは、腸内環境が悪くなっているせいで、おならのニオイまで悪化し、「臭いから」とおならを我慢していると、お腹が張って苦しくなります。

さらに、おならを我慢すると、排出できなかったガスが体内へ吸収され、最終的に血液に溶け込み、胎盤を通じて赤ちゃんへも影響を与える、という意見もあります。

妊娠中の便通の乱れは、妊婦さんの体だけでなく、お腹の赤ちゃんへも悪影響を及ぼしかねないことを考えると、一日も早く、解消すべきではないでしょうか?

妊娠中の便秘を解消するには?

ご紹介したように、妊娠中の便秘の原因は、たくさんあります。

「ホルモンバランスの影響」「自律神経の乱れ」については、妊娠中は「仕方がないこと!」なので、妊婦さんができることを試して行きましょう!

便秘解消のために、妊婦さんに心がけて欲しいことは、こちらです。

○十分な水分を取る ⇒ 目安は1日2リットルです

○便意を我慢しない ⇒ 行きたくなったら「今すぐ」にトイレへ行きましょう

○決まった時間に食事を取る ⇒ 食生活にリズムを付けると排便のリズムも付きやすくなります

○食べ過ぎない ⇒ 「便を出すために食べる」というのは逆効果です。排泄のためのエネルギーを確保しましょう

○消化のいいものを食べる ⇒ 刺激物や冷たいものは消化に負担がかかり、腸の働きを低下させます

○食物繊維を取る ⇒ 水溶性:1と不溶性:2のバランスが大事です

○適度に動く ⇒ 散歩したり、歩いて買い物へ行ったり、ストレッチしたり、腸に刺激を与えましょう

簡単なようで、実践するのは意外と大変です!

できそうなことから試してみて下さいね。

薬に頼らず、腸内環境を改善したい妊婦さんはこちら!

「オリゴ糖」で便秘が改善される?

妊娠中の便秘を解消するには、水分や食物繊維を十分に取ったり、食事の時間を規則正しくするなど「食生活」を改善することが大切です。

とは言え、「食物繊維をたくさん取る」「水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく取る」「消化のいいものを食べる」と言われても、「具体的に何を食べればいいの?」と悩みませんか?

栄養士でもない限り、便秘や下痢に効果的なメニューを毎日作るのは、難しいのではないでしょうか?

「ごく普通の妊婦さん」が「普段の日常生活」で「無理なく腸内環境を整えたい」のであれば、「オリゴ糖」がお勧めです。

オリゴ糖には、善玉菌のエサとなって「腸内で善玉菌を増やす」働きがあります。

さらに、オリゴ糖には「悪玉菌を減らす」働きもあるので、腸に悪影響を及ぼす「根源を絶つ」ことができるのです!

一般的に「ヨーグルトは腸内環境を良くする」と言われますが、ヨーグルトなどの発酵食品に含まれる善玉菌(ビフィズス菌や乳酸菌)は「酸」に弱いので、胃酸によって死滅してしまい、腸まで届かない可能性があります。

そして、善玉菌には、悪玉菌を減らす作用はありません。

また、オリゴ糖は薬ではないので、「便秘による腹痛なのか」「その他の原因に因る腹痛なのか」わからない場合でも、安心して使うことができ、妊娠中は特にお勧めです。

「カイテキオリゴ」をお勧めするワケは?

妊婦さんにお勧めしたいオリゴ糖は「カイテキオリゴ」です。

「カイテキオリゴ」は高純度のオリゴ糖食品で、オリゴ糖含有率が90%以上、ほぼ100%オリゴ糖なのです!

市販されているオリゴ糖シロップは、オリゴ糖の含有率が30~50%程度なので、妊娠中の頑固な便秘にはあまり効果が期待できないかもしれませんが、「カイテキオリゴ」なら、その効果が実感できそうですよ!

「カイテキオリゴ」は、北海道産のてん菜から作られています。

無添加なので、赤ちゃんの便秘にも使えるほど、安全性に優れています!

また、腸内にある善玉菌には、数多くの種類があり、その種類によって「相性のいいオリゴ糖」と「相性の悪いオリゴ糖」があるそうなのですが、「相性の悪いオリゴ糖」をいくら摂取しても、善玉菌は増えて行かないそうです。

つまり、オリゴ糖の種類によっては「オリゴ糖をムダに摂取している」ことになってしまうのです。

その点、「カイテキオリゴ」は、オリゴ糖の配合を独自で開発し「どのタイプの善玉菌とも相性のいいオリゴ糖」で作られているため、食べれば食べるほど、善玉菌を増やすことができるのです!

「カイテキオリゴ」は妊婦さんにぴったり?!

「カイテキオリゴ」は、ほんのり甘く、パウダー状なので、砂糖の代わりに使うことが出来ます。

日常生活の中に、簡単に取り入れることができるので、とっても手軽ですよ!

○妊娠中のティータイムに!

育児雑誌を眺めながらのティータイムに、「カイテキオリゴ」を使ってみませんか?

ほんのり甘い飲み物でリラックスすれば、便意が起きるかもしれません!

○妊娠中の栄養が気になるときに!

妊娠中の食生活は大切です。

とは言え、たまにはスーパーのお総菜やお弁当を食べる日もあるでしょう。

そんな野菜不足を感じた日は、飲み物やスープに「カイテキオリゴ」を入れてみませんか?

○妊娠中の食欲旺盛な時期に!

妊娠中は、食欲が増えますよね?

毎日の食事作りに、「カイテキオリゴ」を使えば、食べれば食べるほど「たっぷり出せる」かもしれません!

○妊娠中の運動不足に!

妊娠中は、運動不足になりやすく、便秘が改善されない原因となります。

無理な運動ができなくても、「カイテキオリゴ」を摂取すれば、便通の改善に期待できるでしょう!

「カイテキオリゴ」は妊婦さんの時間を邪魔しない?

「カイテキオリゴ」は、配達の際に、「ポスパケット」を利用できます。

「ポスパケット」とは、郵便局の配達サービスの一つで、ポストに投函してくれるサービスです。(※ポストや荷物の大きさによって、できない場合もあります)

とにかく眠い妊娠中は、昼寝している方もいらっしゃるでしょう。

DVDを見ながら、マタニティヨガに挑戦している方もいらっしゃるかもしれません。

生まれてくる赤ちゃんのために、ベビー用品を手作りしている方もいると思います。

そんな、マタニティライフを充実している最中に「ピンポーン」と鳴らされて、困った経験はありませんか?

「カイテキオリゴ」は、ポストに投函して貰えるので、わざわざ玄関先まで出る必要がなく、妊婦さんの大切な時間を邪魔されることがありません!

これは、嬉しいことですよね?

宅配便を利用する場合は、日にちや時間の指定ができるので、ご家族が揃う休日や、あなたの都合のいい時間に、荷物を受け取ることができます!

「カイテキオリゴ」で気持ちが軽くなる?

「カイテキオリゴ」で、便秘や下痢が改善されたら、気分もすっきり、イライラすることが減るかもしれません!

コロコロの硬い便が改善されれば、もちろん痔だってよくなります!

腸内環境が整えば、おならの回数も、おならのにおいも、軽減されるでしょう。

下痢がなくなれば、急に襲ってくる腹痛に悩まされることもなく、外出先でトイレに駆け込むこともなくなります。

さらに、肌の状態が良くなったり、頭痛や肩こりから解放されれば、快適なマタニティライフを送ることができるでしょう!

あなたも、日本一売れているオリゴ糖「カイテキオリゴ」で、「お腹」の悩みを改善し、腸も気持ちもスッキリ軽くしませんか?

薬に頼らず、腸内環境を改善したい妊婦さんはこちら!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加