トコちゃんベルト

妊娠中の腰痛や恥骨痛でお困りですか?

妊娠中のみなさん!

妊娠初期、中期、後期に関わらず、腰の痛みでお困りですか?

妊婦さんの8割の方が腰痛を経験する、と言われており、妊婦さんにとって「腰痛は付き物」のようですね。

妊娠中は、腰痛だけでなく、恥骨が痛くなったり、お尻が痛くなったりと、骨盤周りの骨や筋肉が痛くなることがあります。

痛みを我慢するだけでも辛いのに、「急いでいても素早い動作ができない」「さっさと歩くこともできない」「誰かの手を借りないと寝返りも打てない」「這いつくばってトイレに行く」など生活に支障をきたすこともあります。

それほど、腰や恥骨の痛みは激しいものであり、臨月へ向かってどんどん悪化していくのですから、「これ以上腰痛がひどくなったら私の腰はどうなってしまうの?!」と不安になりますよね?

腰や恥骨の痛みをこのまま放っていくと、全身の体調不良を招いたり、お腹の赤ちゃんへ悪影響を与える可能性もあります!

腰や恥骨の痛みを少しでも減らし、快適なマタニティライフを取り戻すためにも、「妊婦さん専用の腰痛ケア」を始めませんか?

妊娠がわかったらすぐに使える骨盤ベルトはこちら!  

妊娠中の腰痛、恥骨痛の原因は?

妊娠してから腰痛や恥骨痛を訴える妊婦さんは多くいらっしゃいますが、痛みを引き起こす原因は大きく二つあります。

それは「ホルモンの影響」と「姿勢」です。

①ホルモンの影響

妊娠すると「リラキシン」というホルモンが分泌されます。

リラキシンには、全身の筋肉や靱帯を緩める作用があります。

全身の筋肉や靱帯を緩めることで、骨盤が広がりやすくなり、赤ちゃんが産道を通りやすくなるのです。

リラキシンの作用によって、骨盤を支えている筋肉が緩むことから、腰に負担がかかりやすくなるため、腰痛が引き起こされます。

「リラキシン」は、妊娠初期から分泌され始めますので、まだお腹が大きくならない妊娠初期でも、腰痛を感じる妊婦さんもいらっしゃいます。

もともと腰痛を持っていた方や、筋肉量の少ない方は、腰痛の症状が出やすいようです。

また、妊娠中期に入り、お腹が大きくなってくると、少しずつ恥骨の結合部分が開いてきます。

恥骨が広がる時に、痛みを感じることがあります。

②姿勢

お腹が大きくなってくると、全身のバランスを取るために、背中がのけ反る姿勢になります。

そのため、腰に負担がかかって、腰痛になります。

無理な姿勢のままでいると、腰回りの筋肉、靱帯などにも負担がかかり、お尻の痛み、足のしびれ、背中の痛みなど、その他の個所にも影響が出ることがあります。

妊娠中の腰痛、恥骨痛を改善するには?

大きいお腹を抱えながら生活するのは、予想以上に体へ負担がかかっています。

妊娠中の腰痛や恥骨痛を改善するために、できるだけ腰に負担のかからない生活をしましょう。

また、骨盤が広がることは仕方がないことなので「骨盤が歪んだまま広がらないように」気を付けなければなりません。

腰痛、恥骨痛を軽減する方法はこちらです。

○なるべく重たい荷物を持たないようにする

○荷物を持つときは片膝をついて両手で持ち上げる

○動作をゆっくりする、痛みがあるときは無理せず休む

○患部を温める(お風呂、カイロ、湯たんぽなど)

○適度に運動し筋肉を柔らかくする(散歩、ストレッチ、ヨガなど)

○寝るときは横向きになる(抱き枕やクッションを活用する)

○骨盤が歪むような姿勢をしないよう気を付ける(横ずわり、ぺたんこ座りはNG)

◎骨盤ベルトで腰回りを支える

◎骨盤ベルトで骨盤を正しい位置に治める

既に腰痛がある方は、腰痛を改善させるとともにこれ以上悪化させない努力を、そしてまだ腰痛が発症していない方でも、妊娠初期から腰痛ケアを始めることは、腰痛予防に繋がります。

妊娠中の骨盤の歪みが及ぼす出産への影響は?

妊娠中の腰痛や恥骨痛を軽減するために、特に重要なのが、骨盤をサポートすることです。

出産に向けて緩んでいく骨盤を支えることによって、痛みが和らいだり、無理なく歩けるようになるのです。

緩んだ骨盤を支え、歪みやすい妊娠中の骨盤を正しい位置に治めることは、腰痛の軽減だけでなく、「安産」にも繋がると言われています。

なぜなら、赤ちゃんを育てる「子宮」は、骨盤の中にあるため、骨盤が歪んでいるいると、子宮へ大きな影響を与えると考えられるからです。

例えば、骨盤が開き過ぎることによって、胃や腸などの臓器が下に下がってしまうと、子宮が圧迫される原因となります。

子宮が圧迫されると、子宮が固くなってしまい、出産のときに赤ちゃんが産道を通りにくくなるため、お産が進まなくなる可能性があります。

また、お産の最中に陣痛が弱くなり、自然分娩が出来ずに帝王切開になるリスクも高くなるのです。

このように、腰痛や恥骨痛などの痛みの原因でもある「骨盤の歪み」は、出産へも関係しています。

骨盤ケアに遅すぎることはありませんので、気付いたときから骨盤ケアを始めて行きましょう!

妊娠がわかったらすぐに使える骨盤ベルトはこちら!  

トコちゃんベルトをお勧めする理由は?

妊娠中の腰痛、恥骨痛、骨盤の歪みを改善するには、「骨盤ベルト」の力を借りることが効果的です。

骨盤ベルトには、さまざまなタイプのものがありますが、中でも妊婦さんの「痛み」と「安産」のために作られた「トコちゃんベルト」がお勧めです!

トコちゃんベルトは、「骨盤(後ろ側)を締めるタイプ」のものと「恥骨(前側)を締めるタイプ」のものがあり、症状によって使い分けることができます。

妊娠中から使える骨盤ベルトは、たくさん売られていますが、トコちゃんベルトの評価の高さはピカイチです!

例えば、

○トコちゃんベルトを付けた直後から痛みが軽減された

○トコちゃんベルトを使った翌日から腰痛が治った

○トコちゃんベルトのない生活はできない

○トコちゃんベルトをつけていると、お腹が張る回数が減った

など、トコちゃんベルトを使用したおかげで「腰痛や恥骨痛に効果があった」という妊婦さんが大勢いらっしゃいます。

ただし、トコちゃんベルトは、「慣れるまでは装着方法が難しい」という意見もあります。

正しく装着できていない場合、骨盤周りに痛みを感じたり、お腹が張る原因にもなりかねません。

トコちゃんベルトの付け方の「コツ」を掴むまでは、装着を面倒に感じてしまう方もいらっしゃるようですが、慣れてくれば簡単に装着することができます。

正しく装着すれば、着実に効果を実感できるのが、トコちゃんベルトです!

腰痛や恥骨痛のない方でも、妊娠中のぐらぐらな骨盤を支えておくと、かなり安定感がありますので、安心したマタニティライフを送ることが出来ますよ。

トコちゃんベルトのおかげで、骨盤が正しい位置に固定され、子宮の状態も良くなれば、赤ちゃんにとっても居心地のいいお腹となることでしょう!

トコちゃんベルトは早産を予防する?

トコちゃんベルトは、腰痛や恥骨痛を軽減するだけではありません!

トコちゃんベルトを正しく使うことは、「早産」の予防にもなるのです。

出産に向けて骨盤が緩んでくると、胃や腸などの内臓が下がってくると同時に、子宮も下がってしまいます。

そのため、赤ちゃんが出てくる「子宮頚管」が短くなってしまい、「切迫早産」に繋がると言われています。

「切迫早産と骨盤の緩みには100%関係がある」と発表されているほどです。

骨盤の緩みによる切迫早産を予防するには、下がっている子宮を「持ち上げる」ことが大切です。

骨盤高位の状態になり、下がっている子宮を正常な位置に持ち上げた状態でトコちゃんベルトを装着し、骨盤を固定します。

このように、トコちゃんベルトで「内臓と骨盤を正しい位置で支える」ことで、子宮頚管が短くならず、早産を予防できるというわけです。

トコちゃんベルトの選び方は?

トコちゃんベルトは2種類ありますので、症状によって選んで下さい。

○恥骨が痛い場合 ⇒ トコちゃんベルト1(後ろから前に締めるタイプ)

○腰や尾てい骨が痛い場合 ⇒ トコちゃんベルト2(前から後ろに締めるタイプ)

トコちゃんベルトはサイズも豊富です。

ご自身の体のサイズにあったトコちゃんベルトを選ぶことが、腰痛ケア&骨盤ケアには重要です。

装着方法、サイズなど、トコちゃんベルトについて知りたいことがあれば「トコちゃんベルトアドバイザー」の方が相談に乗ってくれますので、気になる不安を解消してから、購入して下さいね。

トコちゃんベルトで腰痛や恥骨痛が改善されたら?

あなたは今、腰痛や恥骨痛のせいで、楽しいマタニティライフが送れていないのではないでしょうか?

「痛くて歩けない」「痛くて寝返りがうてない」「立つもの座るのも辛い」という日々では、気分も沈みがちになってしまいます。

もしあなたがトコちゃんベルトを使ったら、毎日の辛い腰痛や恥骨痛が軽減され、痛みから解放されるかもしれません!

思うように体を動かせるようになるかもしれません!

トコちゃんベルトは腰痛を軽減してくれるだけでなく、赤ちゃんにとって心地よい子宮を作り、早産の予防にも繋がるのです。

トコちゃんベルトは、ママと赤ちゃんが、健康で快適な10カ月を過ごすために、力を貸してくれることでしょう!

妊娠がわかったらすぐに使える骨盤ベルトはこちら!  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加