ベルタ葉酸サプリ

妊娠中の食生活に自信がありますか?

このブログへ訪問して下さったみなさん、妊娠おめでとうございます!

「思いがけず妊娠した方」「計画通りに妊娠した方」「長い不妊治療の末妊娠した方」さまざまな思いを抱えて、妊娠生活を送っていることでしょう!

「妊娠した!」という喜びも束の間、つわりで苦しんだり、体重管理に苦労したり、お腹が大きくなるにつれてあちこちが痛かったり、妊娠生活は楽しいことばかりではありません。

あまりの辛さに、自暴自棄になることもありますが「自分一人の体ではない」ということを自覚して、マタニティライフを過ごして下さいね!

妊娠中に最も気になるのが「食生活」ではないでしょうか?

妊娠中に食べたものは、胎盤を通じて赤ちゃんの栄養となり、赤ちゃんを形成していきます。

しかし、妊娠中は、つわりで嗜好が偏ったり、体が重たくて調理の時間が十分取れなかったりと、栄養バランスのいい食事を取るのは、意外に難しいのです。

中には「料理が苦手」な方や「栄養についてよくわからない」という方もいらっしゃるでしょう。

もちろん、妊娠したからと言って「特別な妊婦食」があるわけではありませんし、栄養士が考えるような「パーフェクトな献立」を考える必要もありません。

しかし、お腹に赤ちゃんがいる以上、少しだけ赤ちゃんのことを考えた食生活を送るようにしてみてはいかがですか?

お腹の赤ちゃんにとって、欠かせない栄養素の一つに「葉酸」があります。

特に「妊娠初期」は、赤ちゃんの細胞を形成するのに必要な「葉酸」を摂取することが大切です。

お腹の赤ちゃんの健やかな成長のために、しっかり「葉酸」を摂取できる食生活を送るようにしましょう!

 妊娠中の食生活の不安を解消するサプリメントはこちら!  

 

そもそも「葉酸」って何?

「葉酸」という言葉を聞いたことがありますか?

「葉酸」とは、ビタミンB群の一種です。

葉酸が不足すると、貧血、口内炎、食欲不振、下痢などの体調不良を引き起こします。

葉酸は、緑黄色野菜や果物に多く含まれています。

例えば、ほうれん草、からし菜、グリーンアスパラガス、ブロッコリー、チンゲン菜など。

果物でしたら、イチゴ、オレンジ、アボカドに多く含まれています。

その他、さつまいも、日本かぼちゃ、豆や豆製品(豆乳、納豆など)にも多く含まれます。

毎日、野菜を「たっぷり」食べていれば、葉酸が不足することはないそうです。

しかし、葉酸は熱に弱く、加熱調理をすると葉酸が半分ほど流れ出してしまったり、保存期間が長ければ長いほど、葉酸が破壊されていくという性質があります。

また、食品から葉酸を摂取した場合、体内の吸収率は50%程度とも言われています。

そう考えてみると、実は思ったほど葉酸を摂取できていない可能性もあります。

葉酸は、水溶性ビタミンなので、たくさん摂取しても尿として排出されますが、不足分は食品から補うことしかできません。

もし、野菜や果物など食品から葉酸を取るだけでは不安だという方は、栄養補助食品からも葉酸を摂取することをお勧めします。

妊娠中に「葉酸」が必要なのはなぜ?

「葉酸」が不足すると体に不調が出てくるというのは、ご紹介した通りですが「妊娠中は特に葉酸の摂取が勧められる」のはなぜでしょうか?

母子手帳にも「葉酸の必要性」が書かれており「妊娠したら葉酸が欠かせない」ことは常識となりつつあるようです。

妊娠中に葉酸が必要な理由は「葉酸が、お腹の赤ちゃんの発育に影響を与える」からです。

お腹の赤ちゃんの細胞が最も発達する妊娠初期に、ママの体に葉酸が不足すると「胎児に神経障害(神経管閉鎖障害)のリスクが増える」と言われています。

神経管閉鎖障害とは、脳や脊椎を形成する神経管が、正常に形成されないことが原因で起こる先天性異常の一種です。

もちろん「葉酸」を摂取したからといって、神経管閉鎖障害を完全に予防できるわけではありませんし、葉酸をたくさん摂取したからと言って、胎児の発育がよくなるわけでもありません。

しかし、葉酸を十分に摂取することで、胎児へのリスクを少しでも減らせるのであれば、母としてできるだけのことはしてあげたいですよね?

では、胎児への神経障害のリスクを減らすには、どれくらいの「葉酸」が必要なのでしょうか?

厚生労働省では「妊婦に必要な葉酸の摂取量は、0.4mg/日」を推奨しています。

成人の摂取量が0.2mg/日なので、妊娠中は「成人の約2倍の量」の葉酸が必要になります。

妊娠5か月くらいまでは胎児へより多くの葉酸が必要ですが、妊娠初期はつわりの時期と重なって、毎日十分な葉酸を、食事から摂取するのは難しい場合もあります。

また、先程ご紹介したように、葉酸を食品から摂取した場合の体内吸収率は50%程度ですが、サプリメントから摂取した場合は、体内吸収率が「85%」と高くなります。

胎児へ十分な葉酸を送り届けるためには、バランスのいい食生活を送るのはもちろんのこと、合わせてサプリメントなどの栄養補助食品を利用すると効果的です。

 妊娠中の食生活の不安を解消するサプリメントはこちら!  

 

「ベルタ葉酸サプリ」をお勧めする理由は?

お腹の赤ちゃんの成長にとって「葉酸」が大切なのはおわかりいただけたと思います。

現在では、「葉酸の必要性」が広く認知され始めているので、様々な種類の「葉酸サプリメント」が出回っています。

「葉酸サプリメント」は街の薬局やスーパー、ドラッグストアでも売られています。

実際に手に取ってみた方や、「どれを選べばいいのかわからない」と悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。

気を付けなければならないのは、市販されている「安価な葉酸サプリメント」は、「石油で作られた合成成分の葉酸」だったり「添加物」が多く含まれているものが多数ある、ということです。

「安いから」「売れているから」「有名なメーカーだから」という理由だけで、安易に「葉酸サプリメント」を選ぶのは危険なことなのです。

信頼できるものから怪しい(?)ものまで、数ある「葉酸サプリメント」ですが、その中で、私がお勧めするのは「ベルタ葉酸サプリ」です。

その理由はこちらです。

★厚生労働省が推奨する「葉酸0.4mg」がしっかり摂れる!

妊娠中に必要な葉酸が、しっかり摂取できます。

つわりで食べられないときや、野菜が不足しがちなときでも、しっかり葉酸を摂ることができます。

★安全第一の無添加

ママが口にするものは、お腹の赤ちゃんへ届くものです。

余計な添加物は体内に取り込みたくないですよね?

サプリメントには添加物が含まれているものが多数ありますが、「ベルタ葉酸サプリ」は無添加となっています。

また、多くの葉酸サプリメントが、安全性の基準を「自社基準」しかクリアしていないのに対して、ベルタ葉酸サプリは、「国産基準(GMP基準)」をクリアしています!

安心・安全に関しては、お墨付きです!

★放射線濃度検査済み

これからの時代、添加物に加え、食品の放射能汚染も気にしなければならなくなりました。

気がかりなことが増えて面倒に感じるかもしれませんが、ママにも赤ちゃんにも大切なことです。

「ベルタ葉酸サプリ」は放射線濃度検査を実施しています。

もちろん、セシウムは「検出なし」なので、安心して飲むことができます。

★美容にもいい

「ベルタ葉酸サプリ」は葉酸だけでなく、ヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲンなど、ママの美容にもいい成分が含まれています。

肌が敏感になりやすい妊娠中だからこそ、美容にいい成分をしっかり摂ることは、美しさをキープすることに繋がります。

★現役ママのサポートがある

出産・授乳・育児の先輩である「ベルタ葉酸サプリ」の社員の方が、相談に乗ってくれます。

困ったときや不安なときに「直接相談できる」「実体験に基づいたアドバイスをしてもらえる」というのは、とても心強いことだと思います!

こんなサポートを望むのであれば「ベルタ葉酸サプリ」をぜひどうぞ!

★配達が早い

注文したら「少しでも早く欲しい!」「一日でも早く試してみたい!」と思いますよね?

「ベルタ葉酸サプリ」は「17時まで注文すれば当日中に発送」してくれます!

さらに「定期便」や「まとめ買い」の場合は、お得なお値段になりますので、ぜひチェックしてみて下さいね。

「ベルタ葉酸サプリ」をママと赤ちゃんの健康に役立てよう!

妊娠した時から、子育ては始まっています!

お腹の赤ちゃんの健やかな発育をサポートするために「ベルタ葉酸サプリ」を役立てて下さいね。

妊娠中の食生活は、思うように行かないこともあります。

そんなとき「ベルタ葉酸サプリ」は妊娠中の気になる栄養バランスをサポートしてくれるので、食生活へのストレスが軽くなるかもしれません。

ママのストレスを減らすことも、赤ちゃんの健やかな発育に繋がるんですよ!

マタニティライフは長いようであっという間です!

赤ちゃんのために、今しかできないことをやっておきましょう!

 妊娠中の食生活の不安を解消するサプリメントはこちら!  

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加